こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

一式戦 隼 落下タンク取り付け位置

旧日本陸軍戦闘機「隼」の落下タンク取り付け位置は、どうなっていたのでしょうか?
ディアゴスティーニ第二次世界大戦傑作機コレクション72のダイキャストモデルは飛行第59戦隊機で、主脚の内側に落下タンクを取り付けますが、かなり前に作ったプラモデル(単排気管なので3型?)では主脚の外側になっています。
型によって異なっているかもしれませんが、ご存知の方は教えてください。

投稿日時 - 2019-01-06 15:03:20

QNo.9575030

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

2型後期から落下タンクが「統一型落下槽」というタイプに替わり、脚の外側に移動したとのこと。
https://www.weblio.jp/wkpja/content/%E4%B8%80%E5%BC%8F%E6%88%A6%E9%97%98%E6%A9%9F_%E8%AB%B8%E5%85%83

「統一型」の意味は落下槽と爆弾の懸吊架を兼用するようになったのが「統一型」で、落下槽専用懸吊架適合タイプが「専用型」と称されたとの事。

投稿日時 - 2019-01-06 22:26:39

お礼

ご回答ありがとうございました。よくわかりました。

投稿日時 - 2019-01-07 07:53:52

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-