こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

陽子の構造

陽子の構造について私見を述べますのでおかしなところがあったらご指摘ください。

反対方向に自転しながら横並びで同方向に進むときと、縦並びで同方向に自転するとき、同電荷間には電気斥力と磁気引力が働き、異電荷間には電気引力と磁気斥力が働く。

図1電子(陽電子)は陰電素(陽電素)からなるトーラス状の環電流である。
電子と陽電子の対生成・対消滅については過去の質問https://okwave.jp/qa/q9570281.html
を参照してください。
レプトンは、浮き輪の中に自転車のタイヤチューブを入れた様な構造をしている(図2)。ここでは、電子と陽電子からなる二重トーラス状の構造を持つ粒子をレプトンと呼び、電子とニュートリノはレプトンから除外する。ニュートリノは、ガンマ線よりも波長の短い電磁波であり、その構造については過去の質問https://okwave.jp/qa/q9567951.html
を参照してください。

図3レプトンは、陽子型と反陽子型の、最小レプトン・ミュー粒子・陽子・タウ粒子の八種類だが、二重トーラスという構造上の制約のため、最小レプトンより小さいレプトンは存在しないが、タウ粒子より大きいレプトンは存在する可能性がある。

陽子は、約900個の陽電子と、それより1個少ない電子でできている。陽子が持つ電荷と質量についてはそれで説明がつく。実際に、陽子が、多数の粒子で構成されていることを示す観測結果も存在する。
パウリが、何か思いついて誰かに電話したところ、相手に「それだと大量の陽電子ができてしまいますね」と指摘されて「(その大量の陽電子は)陽子の中にでも閉じ込められているのだろう」と答えたとか。

投稿日時 - 2019-01-04 17:01:13

QNo.9574329

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

全部おかしい。
物理学とは実際の実験観測から矛盾なく理論は構築されますが、頭の中で勝手に想像していることは議論の対象にもなりません。
哲学分野で投稿してください。

投稿日時 - 2019-01-06 08:37:48

お礼

>全部おかしい

回答No.2さんの様に具体的科学的に指摘してください。

>物理学とは実際の実験観測から矛盾なく理論は構築されますが

「多数の粒子で構成されている」「プラス1の電荷を持つ」「質量は電子の約1800倍」「反陽子と接触すると対消滅する」「電子と比較して磁場が弱い」といった陽子の観測結果をこの私見は矛盾なくシンプルに説明できます。Simple is Best!

>頭の中で勝手に想像していることは議論の対象にもなりません

観測事実に基づいて考えています。

「電磁気力の発生」「電磁誘導」「光の発生と伝搬」「対生成と対消滅」「重力と質量の発生」「陽子の構造」これらを具体的に説明するか、私見におかしなところがあったら「具体的科学的に」指摘してくださいという質問に対して、あなたはまだ一度も回答できていません。その現実ぐらいはそろそろ理解してください。

私は、質問文を、隅から隅までしっかり読んで回答しています。返信コメントにも最後まで責任を持って対応します。ポイント稼ぎが目的なのか、質問文も添付画像もろくに読みもしないでいい加減に回答するというのはいかがなものかと思います。

投稿日時 - 2019-01-06 17:04:32

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

約900個の陽電子と、それより1個少ない電子でできている』
900個の陽電子と899個の電子が出会うと 899個が対消滅して1個の陽電子が残る。

投稿日時 - 2019-01-06 12:21:01

お礼

回答をお寄せいただきありがとうございます。
nagata2017さんの過去の回答には共感できるところが多々あります。

>900個の陽電子と899個の電子が出会うと 899個が対消滅して1個の陽電子が残る

陽子以外の、レプトンやハドロンが生成後まもなく崩壊する理由がまさにそれです。陽子だけが、約900個の陽電子でできた自転車のタイヤチューブ状の核と、それより1個少ない電子でできた浮き輪状の殻との間に働く磁気斥力が、自身を安定に保つのに十分なほど強いということなのです。

ではどのようにして電子と陽電子による二重トーラスという構造が形成されるのか、陽子の生成については次の質問で私見を述べます。

投稿日時 - 2019-01-06 17:38:08

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-