こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

重力と質量の発生機構を具体的に教えてください

重力と質量の発生機構を具体的に教えてください。

私見を述べますのでおかしなところがあったらご指摘ください。

素電子につきましては過去の質問
https://okwave.jp/qa/q9560257.html
https://okwave.jp/qa/q9565848.html
https://okwave.jp/qa/q9567951.html
https://okwave.jp/qa/q9570281.html
を参照してください。

図1 弾性体の上に物体を置くと、物体の重みで、弾性体は引き伸ばされたり圧縮されたりして変形し、元に戻ろうとして物体に抗力を及ぼす。

図2 物体が2個の場合、物体同士の間と外側で抗力の大きさに差が生じ、物体同士は近づく=物体間には引力が働く。

図3 空間は、弾性体である素電子プラズマで満たされている。物体は、素電子プラズマを斥けて存在しているので、素電子プラズマから抗力を受ける。抗力は、物体同士の間で小さく、外側で大きい。この抗力差により、物体間には引力=重力が働く。

図4 素電子プラズマは、重力だけでなく、質量・慣性も生み出す。

(1) 物体を押すと、素電子プラズマによる抗力は、押した側で小さく、反対側で大きくなり、この抗力差が「動かしにくさ」を生む。

(2) 抗力の大きい方から小さい方へ抗力の流れが生じ、物体は、移動する抗力のカプセルに運ばれて等速度運動する。

(3) 運動する物体を止めようとしても、抗力は流れ続け、止めた側で小さく、反対側で大きくなり、この抗力差が「止めにくさ」を生む。

投稿日時 - 2018-12-29 13:34:04

QNo.9572500

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

何だか難しい考え方を見出された様ですが
これを素電子無しで数式で空間の性質として簡単にまとめたのが弦理論だと思いますよ。

投稿日時 - 2018-12-29 13:52:42

お礼

>何だか難しい考え方を見出された様ですが

…?

>これを素電子無しで数式で空間の性質として簡単にまとめたのが弦理論だと思いますよ。

…?

逆なのでは…
考え方が難しい?だけで弦理論と同じことを言っている、特に間違いは見当たらないということですね。


重力の発生原因は時空のゆがみ?重力子の交換?弦理論で説明できる?どれが正しいのかどれも正しいのか、整合性があるのかないのか。これなら素電子プラズマでもいいのでは。


過去のご回答における

>宇宙空間を人工衛星や探査機が計算通りの軌道を飛行できるのですが、素電子にぶつからないのでしょうか?
物体は電子を含む原子からできているから影響を受けるでしょう?

という疑問は解消されましたでしょうか。

投稿日時 - 2018-12-29 14:45:26

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.4

>「銀河では外側の星と内側の星の公転速度が同じ」

まさにその通りなんですよ。
ダークマターという見えない力が働かなければこうはならない。
しかし、ダークマターでなかったとしても人類はなにかの力を見落としている
その力で銀河の中心で回っているわけだから。

それこそが研究課題なわけですね。

投稿日時 - 2018-12-31 19:56:21

お礼

>人類はなにかの力を見落としている
>それこそが研究課題なわけですね

その通りだと思います。

投稿日時 - 2019-01-02 15:24:50

ANo.3

物体は電子を含む原子からできているから影響を受ける、という疑問は何の解決の手がかりも見つけることができません。
素電子が正しい根拠は見つかりあせんし、神様は最も簡単な方法で宇宙法則を満たされるはずであり私はSimple is Bestを選択します。
相対性理論が提出されたときもほとんどの学者は面倒な理屈を考えて否定しようとしましたが、結局理論体系としてあらゆる現象を説明する上で相対性理論が全てを満たしており圧倒的に率直な考え方であることが認められたことを思い出します。

投稿日時 - 2018-12-29 17:07:49

補足

もしもあなたが「その時代に生きていたら、ほとんどの学者が否定している時、自分だけは、理論体系としてあらゆる現象を説明する上で相対性理論が全てを満たしており圧倒的に率直な考え方であることを認めていただろう」と言うなら「大勢の科学者が何百年考えてもわからなかったことが自分にはわかる」と言う者を否定する資格はありません。近親憎悪、同族嫌悪ということであれば仕方ありませんが。

(神という語句が出たので)イエスは「『自分がその時代に生きていたら預言者を殺したりはしなかっただろう』と言う者こそ預言者を殺すのだ」と言いました。イエスを殺したのもまさにそういう者たちでした。

投稿日時 - 2019-01-02 15:58:24

お礼

これまで質問をしてきて思うことは「皆さん感情的に否定するという非科学的なことをしているなあ」ということです。「物理法則に反するところがあったらご指摘ください」と言っているのにまだどなたもそれをしていません。感情的に否定の為の否定をするのではなく、科学的に否定してください。

>素電子が正しい根拠は見つかりませんし

根拠は過去の質問で示しています。見つけられませんでしたか。


>神様は最も簡単な方法で宇宙法則を満たされるはずであり私はSimple is Bestを選択します

これが最もシンプルな考えだと思います。主観は人それぞれですが。


>相対性理論が提出されたときもほとんどの学者は面倒な理屈を考えて否定しようとしましたが、結局理論体系としてあらゆる現象を説明する上で相対性理論が全てを満たしており圧倒的に率直な考え方であることが認められたことを思い出します

自分が何を言っているかわかっていますか。その時代に生きていたらあなたは間違いなく相対性理論を「ほとんどの学者」同様「面倒な理屈を考えて否定しようと」したでしょうね。

そして未来のあなたがこう言います。
「素電子理論が提出されたときもほとんどの学者は面倒な理屈を考えて否定しようとしましたが、結局理論体系としてあらゆる現象を説明する上で素電子理論が全てを満たしており圧倒的に率直な考え方であることが認められたことを思い出します」


>これを素電子無しで数式で空間の性質として簡単にまとめたのが弦理論だと思いますよ

素電子プラズマが物体に及ぼす抗力によって重力と質量が生じるという統一的な説明はオリジナルであり、私はこれまで新聞、書籍、ネット等で見たことはないのですが、tetsumyiさんは、弦理論で同様に説明されているのを見たということですか。

投稿日時 - 2018-12-31 16:23:26

ANo.2

重力と質量の発生機構についてはまだわかっていません。
素粒子の中で質量を担当する素粒子が見つかっていないのです。

あと、引力について
地球が太陽の周りを回っているのは引力で説明ができているのですが、
太陽系が銀河系の中心の周りを回ってることが説明できていません。
引力だけで太陽系が銀河系の周りを回ろうとすれば超超巨大な星が必要で、
そんな星があるのか、引力ではなく何かの力が働いているのかがわかりません。

ダークマターやダークエネルギーという名前をつけて数学上合うようにして
説明する学者もいますが、目に見えないものに力だけがあるとか
目に見えるものは宇宙全体の一部に過ぎないと言ったり確立されていませんね。

あなたの理論があっているか間違っているか、私にはわかりません。
世界中の物理学者が答えを出し切れていないのですから。

なので、あなたには「サイエンス誌」への投稿をお勧めします。
英語表記はもちろんですが、実際に物がないと説得力は欠けます。
いくつか実例を作って「モノ」があることを確かめ、
検証可能なものであればあなたにはノーベル物理学賞が与えられます。

「仮説」はいくらでもあります。でも再現できなかったり、
観測できなかったりすると信用が揺らぎます。

投稿日時 - 2018-12-29 14:07:24

補足

うろ覚えですが「銀河では外側の星と内側の星の公転速度が同じ」という観測結果からダークマターが提唱されたらしいですが、この問題は、中心の質量がどれだけ大きくても解決しないのではないでしょうか。まさか専門家がそんな見落としはしないと思いますが、圧倒的大部分の質量が中心に集中している太陽系と、そうではない銀河系を単純比較していたりはしないのでしょうか。外側の星は中心だけでなく銀河全体の重力の影響を受け、内側の星は外側の星の重力の影響も受けるわけで、それで公転速度が同じになるのではないでしょうか。
太陽系では、惑星の公転は、太陽と惑星ほぼ一対一で考えられますが、銀河ではネット状の重力を考えるべきなのではないでしょうか。

投稿日時 - 2018-12-31 16:57:55

お礼

>あなたの理論があっているか間違っているか、私にはわかりません。

今はそれで十分です。興味をお持ちいただけたということでしたら、過去の質問とこれからの質問をお読みいただけたらと思います。

投稿日時 - 2018-12-29 14:59:50

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-