こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

東食国保と食品健保って何が違うのですか?

東京食品販売国民健康保険組合

東京都食品健康保険組合

の違いってなんなのでしょうか?

健保と国保の違いでしょうか?
そもそもよくわかりません。

なるべく分かりやすくご回答いただければ助かります。

投稿日時 - 2018-12-24 21:30:50

QNo.9571079

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

早い話が、健康保険(健保)と国保(国民健康保険)という違いです。
ですから、お考えになっているとおりでいいんですよ。

◯◯組合、となっているとき、その組合のことを「保険者」といいます。
その組合に加入している人は、その保険者に対して、保険料を納めます。
国民健康保険組合ならば、国民健康保険料を納めます。
また、健康保険組合ならば、健康保険料を納めます。

国民健康保険というのは、健康保険(協会けんぽとか組合健保のことです。会社に雇われている従業員とその家族が入るものです。)とは違います。
国民健康保険は、健康保険に入っていない人・入ることができない人(例えば、自営業者の人など。)が入ります。
普通は市区町村が「保険者」なのですが、同業の自営業者の人たち(医師や土建業の人たちなど)が「組合」(まとめて事務処理を行なえるようにした機関)を作ることができるので、そういった人たちが組合を作って「保険者」になると、「国民健康保険組合」になります。

健康保険は、上で書いたとおり、会社(厳密には「法人」といいます)に雇われている従業員とその家族が入ります。
「保険者」には、大きく分けて「協会けんぽ」と「組合健保」があります。
協会けんぽというのは、元々は、国(政府)がやっていたもので、社会保険庁が民営化されて日本年金機構になったときに、同じく民営化(全国健康保険協会)されたものです。全国健康保険協会が保険者なので、協会けんぽです。
組合健保は、それぞれの会社が上で書いたことと同様に「組合」を作って、健康保険の事務処理をしている機関です。もちろん、やはり、保険者です。

要するに、国民健康保険料を扱っている保険者が、◯◯国民健康保険組合。
健康保険料を扱っている保険者が、◯◯健康保険組合。
保険者、というのは、国民健康保険料や健康保険料を納める場所。
そして、◯◯組合は、そういった保険料に関する事務をまとめてやっている所。
そんなイメージになります。

で、国民健康保険は、自営業者など(=会社には雇われていない)が対象。
一方、健康保険は、会社で雇われている人が対象。

ということは?

東京食品販売国民健康保険組合に入れる人は、ひとりひとりが自営業者である、ということになりますね。
お店は会社ではなくて、早い話が、個人商店だというわけです。
一方、東京都食品健康保険組合に入れる人は、ひとりひとりが会社員。
食品製造・販売業の会社に雇われている人で、もちろん、個人商店でもない、というわけです。
 

投稿日時 - 2018-12-27 09:19:54

お礼

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-04-28 00:07:35

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

 
東京食品販売国民健康保険組合
http://www.toshoku-kokuho.or.jp/01_gaiyou/index.html

東京都食品健康保険組合
http://www.tosyoku.org/about/

健康保険組合とは会社や事業所が設立し健康保険事業を行う組織。
例えばトヨタならトヨタ自動車健康保険組合、JRならジェイアールグループ健康保険組合の様にあります。

国保(国民健康保険)は個人事業主や無職の人の為に国が行う健康保険事業です。
 

投稿日時 - 2018-12-24 22:10:16

お礼

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-04-28 00:07:41

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-