こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

JR埼京線・赤羽線の新宿駅止まりについて。

渋谷駅・恵比寿駅・大崎駅も乗降が多いのに、意図的に新宿駅止まりにするのは、新宿駅での着席保証からでしょうか?

渋谷・大崎方面は、湘南新宿ラインを待たなきゃならず本数が少ないです。

投稿日時 - 2018-12-23 19:37:03

QNo.9570666

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

「現状、埼京線で大宮方面に容易に折り返し可能な駅」は
新宿しかありません。配線の問題で赤羽や大崎は「大宮方
に折り返す」のが難しく、池袋は「車庫直結」の始発着が
中心です。

さらに言えば、埼京線の渋谷駅は「渋谷のはずれ」で便利
が悪いというイメージが定着しており、山手線では渋谷の
次に乗降が多い品川に直結してない・・・という問題も
あって、「埼京線電車は新宿を過ぎると空く」んです。

なので、「輸送力の調整は新宿でしかできない」のが原因
で、着席云々は「結果として出てきた」以上のものでは
ありません。

埼京線を横須賀線方面に持って行くことができれば、もっと
本数は増やせると思うんですけどね。そっち方向は横須賀線
電車で詰まっているので、埼京線は持っていけない・・・と
いう「制限」もあったりしますし。

投稿日時 - 2018-12-23 21:28:24

お礼

2年後の相鉄のJR東日本への乗り入れにより、様変わりしそうです。

投稿日時 - 2018-12-24 15:28:40

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

湘南新宿ラインが増発となった2004年10月より前は、埼京線電車は「池袋」で折り返しする電車が多く存在していました(上下線で隣り合ったホームだった)が、埼京線直通の湘南新宿ラインを増発するにあたり、池袋駅の埼京線電車の停車ホームが変更(上下線でホームが離れた)となったことから、池袋折り返しが容易に設定できなくなってしまったこともあって、折り返しできる新宿まで「延長」したという経緯があります。

着席保証ではなく「赤羽方面への折り返しに強い新宿駅」での折り返しが多いと考えてください。
新宿より先は湘南新宿ラインや横須賀線、山手線があるために「埼京線上で輸送密度的に本数が必要である赤羽~池袋」を確保するために新宿止まりが多数設定されているのです。
あと、決して渋谷・大崎方面は「本数が少ない」わけではありません。埼京線を通る電車が少なく感じるのかもしれませんが、先述した通り「乗換を行うことを前提とすれば」本数がかなり多くなります。

投稿日時 - 2018-12-23 21:13:10

お礼

ただ、埼京線と山手線の新宿駅でのホームが離れ過ぎていてとても不便です。

投稿日時 - 2018-12-24 15:27:32

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-