こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

世界史上の植民地支配の謝罪と賠償の問題について

世界の現代史の中で、過去の植民地支配に対して謝罪と賠償を行った国は存在するのでしょうか??

日本は韓国との間で1965年の日韓条約において経済協力を、その後談話などで謝罪の表明をしており、また北朝鮮に対して2002年の日朝平壌宣言にて、謝罪の表明と経済協力の宣言をしています。

これは実質的には日本の朝鮮半島への植民地支配に対する賠償の意味を持つ措置であるわけですが、
一方で、欧米諸国は多数の植民地支配の歴史を持っていますが、旧植民地の独立後に謝罪と賠償を行った例は日本以外にあるのでしょうか??

日本国内の右派からの批判で、歴史上、そのような謝罪賠償を行った植民地宗主国は存在しない、という意見があるのですが、それは事実であるのか、調べています。

世界史の問題でもあるので、詳しい方教えていただければ幸いです。

投稿日時 - 2018-12-23 08:54:31

QNo.9570521

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

第二次世界大戦時にドイツの占領下にあった国は、ドイツと何か揉めると「昔ナチスに支配されてさー」と蒸し返しますよ。
そういう国がサッカーでドイツと試合をするときは、だいたい「君たちの父や祖父がドイツにどのような目に遭ったか思い出すんだ!」ってハッパがかけられるみたいです。

2009年のギリシャ危機があったときは、緊縮財政にするようにドイツがあーだこーだと文句をつけ続けたので、とうとうギリシャの首相がブチ切れて「ナチス時代に占領された賠償を請求する!」といい出したこともありました。

イギリスは、ちゃんと賠償と謝罪をしたほうがいいと思うくらいエグいことを沢山やっています。第二次世界大戦中は、イギリス国民のために本来はインド国内消費用の小麦を大量にインドからイギリスに送ったので、インドでは深刻な飢饉が発生して多くのインド人が亡くなりました。いったい何人のインド人が亡くなったのか、イギリス政府はあえて調査をしなかったので分かっていませんが、数千万人単位になるのではないかといわれています。

投稿日時 - 2018-12-24 16:45:20

ANo.4

イタリアが2008年にリビアへの植民地支配に対する謝罪と賠償を行っています。Webで「イタリア リビア 賠償」で調べれば結構上がってきますが、立場によりいろいろな解釈がされるので、史実を中心に書いている論文だけリンクを上げておきます。https://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:jtD5W7fCd_kJ:https://nagoya.repo.nii.ac.jp/index.php%3Faction%3Dpages_view_main%26active_action%3Drepository_action_common_download%26item_id%3D19212%26item_no%3D1%26attribute_id%3D17%26file_no%3D1%26page_id%3D28%26block_id%3D27+&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=us

イタリアは1943にムッソリーニが失脚し、それまでのファシズム政権から反転して連合国に加担するようになりましたが、戦後処理の中では連合国側にはなれず敗戦国的な扱いをされています。その後アメリカの支援などで復興しましたが、国内外でファシズム政権が台頭し戦争を引き起こしたことに対する反省と分析が不十分と言う批判が残り、2008年に戦前から30年間支配したリビアに対して謝罪をし、賠償の支払いを決定しています。
ただ、欧米で植民地をもっていた国の処置としては異例ではあると思います。一方で旧植民国でかつての支配国に対して賠償を求める声はイギリスに対するインドも含めてずっと存在します。オランダはインドネシアの独立に際して、逆に賠償を要求しましたが逆にインドネシアの独立戦争時のオランダ軍による虐殺に対して賠償を求め、国際司法裁判所からもオランダに賠償命令が出されています。
回答はここまで。以下余談。

国際的には、日本は韓国に日韓基本条約・請求権協定に基づいて賠償金を払ったと一般的に捉えられていると思います。ただ話はかなり複雑で、そもそも日韓基本条約は、日本の朝鮮半島の支配が合法的なものだったのか侵略だったのかで合意しないまま、将来の関係を鑑みて締結されたもので、条文には日本が支払うお金が賠償金とも補償金とはされておらず、特に無償援助3億ドルの支出は「独立祝い金」みたいなものだと当時の椎名外相が答弁しています。
https://toyokeizai.net/articles/-/247496?page=3
つまり日本の公式の立場では賠償金は払っていません。でも韓国政府は一応それによって解決した請求権協定は重んじているようです。ところが徴用工の問題は、その請求権協定で個人の請求権が消滅したかどうかで、この判断はどこの国でも結構微妙です。日本の民間企業や個人は莫大な資産を朝鮮半島に残したまま日本に引き上げました。この日本人の民間資産の韓国への請求権は本当に消滅しているのかと言うと、日本政府の立場はサンフランシスコ平和条約(日本人の韓国での資産は一旦アメリカに接収されている)でも日韓請求権協定でも消滅していることになっていますが、政府と独立した司法の判断となると、国に国民の請求権まで代表する権利があるのかと言う本質的な判断があるはずです。日本人が韓国の裁判所に資産の賠償請求訴訟を起こしても棄却されると思います。一方、日本政府に勝手に請求権を消滅させたことを持って訴訟を起こすことも可能と思いますが、おそらく日本の裁判所は政府の立場にたって棄却すると思います。大空襲やシベリア抑留などの被害に対して被害者・遺族が国を相手取ってアメリカと請求権問題を解消してしまったことに対して起こした裁判でも棄却されていますから。この判断には、国際条約と国内法のどちらを優先すべきかと言う国や事例によって判断の異なる内容もあり、日本では司法が政府の立場を支持したと言うのに過ぎません。それに対して韓国の大法院の裁判は、一方的に元徴用工や遺族の側にたったわけではないのですが、判決の根拠の中に日本の半島支配が非合法なものなので(これは大韓民国憲法の前文にも従ったものと思われる)、日韓請求権協定でカバーできていない部分があると言うような、大変厄介なもの。更には、元徴用工たちが今度は韓国政府を訴える訴訟を起こしましたが、これも上に書いたように日本国民が国を相手取って起こした裁判と性質は似ていて、日本では最高裁上告棄却されていますが、未だに補償を求める声はあります。
ネトウヨの方々は、韓国が法治国家で無いなどと言って非難するのですが、私からすると逆に韓国の裁判所が日本の裁判所と違って政府の見解を考慮せず独立性が高いから、徴用工判決のようなことが起こるように見えます。
いずれにしても、大変付き合いにくい国であることに変わりはなく、韓国政府には超法規的措置でも発動して解決してほしいものです。おそらく、日本の政府は上のような事情を理解した上で、韓国政府に詰め寄っていると言うことは、理屈はともかくなんとかしろよと言うことのように思います。
日本では韓国が一方的におかしい、悪いと言う声がほとんどですが、実際に起こっていることは、日本に取っては日本政府と日本人の戦争被害者との間の補償問題にも絡み、また日韓関係上はとても厄介な問題。一方で韓国政府も、国際条約・協定と国民の請求権、国内法との間の厄介な問題が起こったと思っていると思います。

投稿日時 - 2018-12-23 16:17:24

ANo.3

>世界の現代史の中で、過去の植民地支配に対して謝罪と賠償を行った国は存在するのでしょうか??

私は歴史(中でも世界史)が大好きですが、少なくとも今まで読んだ歴史書、日本を除くマスコミ報道では見たことも聞いたこともありません。あったら後学のために教えて欲しいくらいです。
ちなみに日韓併合は字義的に植民地化ではありません。国と国との合意の上の合併統合です。辞書で「植民地」を引けば、たとえば大辞林 第三版では「(1) ある国からの植民によって形成された地域。(2) 特定国の経済的・軍事的侵略によって、政治的・経済的に従属させられた地域。」と書かれていますが、どれも併合時の朝鮮地域の実態とはまったく違います。

投稿日時 - 2018-12-23 11:51:06

ANo.2

今の国家のどこまでの範囲がいつまで所有権があったのか、今もあるのか、どうやって奪ったのか、何故返したかで答えがコロコロ変わります。
ちょっとした国際紛争で境界線はどんどん変わっちゃいます。
アメリカが大型殺戮兵器で脅し、日本に軍隊を駐留させて好き勝手な統治を行った時代があり、今でも軍隊が我が物顔でのさばっています。

だから、賠償は「永遠に尽きない結果論の出来損ない」なのだと、爺は思料するのです。
流れに浮かぶ泡沫は…ちょっと黄色い俺の小便。

投稿日時 - 2018-12-23 09:42:44

イギリス、オランダ、ポルトガル、フランスどこも
賠償していません。

朝鮮の件は、全世界に、ゆすりとたかり国と言われていますので根拠のないことでも色々といますよね。ただ、自分の国がしたベトナム戦争の大量虐殺、大量拉致監禁暴行の事実は今までベトナム政府が隠していましたが未だに最近訴えられても””知らない、取り合わないで 賠償しない””と、対応してます。
暴行の痕跡としては、””ライライハン””と言われる子供が約1万から3万ぐらいいるのではないかと言われており事実のようです。
追加で、この時韓国軍””前大統領の朴父””が、慰安婦を連れて行っています。
この慰安婦が第2次世界大戦のとき日本兵の慰安婦をしたと言っていると噂がります。(終戦ごろ5歳から10歳の人が慰安婦として日本国民に拉致されたと言っている)この年齢以外の人が、いまの説明の””日本国民に””のいい方は、戦争終結まで朝鮮人は日本国民だったので朝鮮人が拉致しても、日本国民には変わりない。ここがやっかいですね。すいません雑談も入りましたが、以下のURLを
ご覧ください。聞きたいことを皆さんも質問して色々な回答が出ていますし世界の対応も書いてます。参考にしてください。

これを読む限りはしてないのでしょうね。
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=95795

以下””イギリスは植民地支配の賠償をしたのか””の
内容で、私も分からないのですが
””日本の植民地支配はイギリスのせいだと言い張る韓国人のウリナラ理論に困惑するイギリス人””内容までありますね。

スゴイ量がありますので、””イギリスは植民地支配の賠償をしたのか””で検索してみてください。

投稿日時 - 2018-12-23 09:38:46

あなたにオススメの質問