こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

創価学会員の不幸の原因は「ニセ本尊」のせいですか?

ある現役創価学会員(精神科医)の人の話を聞いて、創価学会員の不幸は、
主に「ニセ本尊」を拝んでいるせいだと思うのですが、創価学会員はそれを知らないのでしょうか?

その現役創価学会員(精神科医)の人の話を紹介します。

【熱心な創価学会員ほど「うつ病性障害」になり、そして熱心な創価学会員ほど治らず、悪性の経過を示します。

私が創価学会を心の中で退会したのは必然でした。私だけでなく、創価学会員の精神科医は、表には出さなくとも、心の中では創価学会を退会しています。

創価学会員の子供は、高い確率で非行化しています。

同時に、高い確率で 「パニック障害」 、「社会恐怖(対人恐怖)」 、「強迫性障害」、 「パーソナリティ障害」、 「境界例」 などの精神障害に罹患しています。

東京の創価学会本部には、毎週数回、精神科医が行きます。創価学会本部職員およびその家族に、精神障害が多発しているからです。

創価学会本部に精神科クリニックがあるのと同じですが、薬は処方せず、カウンセリングだけを行います。

薬を処方するならば、クリニック開設の手続きをしなければなりません。

それは創価学会の体面上、行えないのです。
.....................................................................

「うつ病性障害が治らずに苦しんでいる婦人部」
彼女の一族は全員、熱烈な創価学会員で、彼女は県の女子部のトップにまでなった強信者です。
彼女は、うつ病性障害でも重度の部類でした。
しかし、本人は「信心が足りないから病気が治らないのだ!自分の信心が試されているのだ!」と頑固でした。
自殺願望も強く表れていました。重度のうつ病性障害は地獄の苦しみです。
彼女も創価学会の犠牲者の一人と言えるでしょう。
.........................................................................................

戸田会長の時代に言われていた「この信仰で病気を治す」は、池田大作の時代になってから次第に不可能になりました。

創価学会の信仰を熱心にすればするほど不幸になるようになってきたのです。

その一つが、うつ病性障害などの精神障害の異常多発です。

うつ病性障害などの精神障害の多発は、副会長クラスには昭和50年頃からありましたが、それが一気に増えたのは、「創価学会製ニセ本尊」が配布されてからです。

「創価学会の精神障害などの異常多発について」
表面的には、選挙運動、新聞啓蒙などの心理的圧迫のためという意見が多いのですが、そういう安易な意見では済まされない異常多発であることに気付いてください。
活動をする大人だけの多発ではありません。むしろ、子弟に異常多発しています。

児童相談所の多くを創価学会員の子弟が占めていることを知っている人は少ないでしょう。
しかし、日本全国の児童相談所、心理研究所の「75%以上」を、創価学会員の子弟が占めているのです。

創価学会員の精神障害は、昭和40年代中頃から始まっていました。しかし、「創価学会製ニセ本尊」に換えてから、発症が爆発的に多くなりました。
特に「うつ病性障害」が激増しています。
これは統計は取られていませんが、会員に異常多発するようになったことは、大幹部、精神科医の間では次第に認識されるようになっています。
そしてインターネットの普及によって、一般会員にも認識されつつあります。
現在のインターネットの普及がなかったら、末端の会員は知らなかったであろうと思います。

精神障害に苦しむ学生部員も異常に多く、大学中退する部員も多くいます。そして、新入会した学生部員よりも、学会2世3世の学生部員がほとんどです。

私も含め、創価学会員の精神科医のほとんどは、「創価学会の信仰は捨てるべき」だと思っています。

私の場合、今まで自分が主治医であったが自殺してしまった患者の全てが創価学会員です。

ある県の青年部長は「パニック障害」で倒れ、創価学会会館勤務を辞めて、実家に還り、今も実家で療養中です。

また、精神障害だけでなく、他の病気で悩む創価学会員の子弟も極めて多過ぎることに気付いているのは、医師のみではないと思います。

創価学会員の精神障害の多発は、精神科医の間で注目されています。

しかし、創価学会は政治権力を持ち、弁護士を数百名も揃えているなどの理由から、その事実は、精神医学学術専門雑誌には決して掲載されることはありません。

創価学会員の一部の人間には、オウム真理教と同じような暴走行為を起こしかねない極めて危険な反社会的な狂信者がおります。

これは大きな社会問題でありますが、今まで創価学会の言論封殺により、マスコミが取り上げることができなかった問題です。

私は以前、これと似た論文を、ある精神医学学術専門雑誌に投稿しましたが、すぐに返却されてきました。
「創価学会に関する論文は恐ろしくて載せることはできない」ということでした。

創価学会の言論統制は、極めて厳しいものであることを、この時、痛感しました。
...............................................................................

私はこの動画を見て「本当なんだ」と思いました。

体験談
http://www.youtube.com/watch?v=EFiKHkDGZ1Q

続き
https://www.youtube.com/watch?v=bE4nTg4UuTU

投稿日時 - 2018-12-21 02:08:14

QNo.9569836

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

元学会員です。「若脳乱者頭破七部」御本尊の右肩に記されている文であり、正法を信仰する者として、最も恐るべき厳罰の姿であろうかと思います。近年、学会は「大御本尊を信仰の対象としない」との決議を行いました。学会員一人一人が今、正法に帰依する、その時期に来ていると私は思います。

投稿日時 - 2018-12-21 08:04:57

お礼

私も「元」学会員で、「現」日蓮正宗です。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-12-21 18:16:35

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

>【勝手に作製した本尊に題目を唱え、・・省略

うちの地区では幹部でも言っていないと思うし、聞き覚えが無いですね。
そういう意味じゃ、邪教になってしまったのかもしれません。
そう言えば、母世代の人達の一部がそういう話をしていたかも?

退会すると、厄介な問題が起こるので在席したままです。
で、罰(ばち)当たりな話をすると、エホバの証人の学習をしたりしています。
たまに「会衆になりませんか?」と誘われていますが、「喫煙」を理由に断っています。
聖書をもう少し勉強したいが、それには会衆にならなければなりません。

と、まあ、こんなヤツもいたりするもんです。((๑✧ꈊ✧๑))

投稿日時 - 2018-12-22 12:53:41

お礼

せっかく創価学会の間違いに気づいているのに、外道のエホバの証人に行こうとするのですか?

ぜひ、こちらを参考にしてください。

創価学会について
https://mixi.jp/view_community.pl?id=5347911


エホバの証人について
https://mixi.jp/view_community.pl?id=6130335

投稿日時 - 2018-12-24 00:47:22

ANo.4

いいえ 私は無宗教 無神論者でございます。
宗教 占い 超能力などは まとめて全部ゴミ箱に放り込んでしまいます。
祖父は僧侶だったけど 父が坊主になるのが嫌で家をとびだしたそうです。
そしてその子は無神論者になっているということに。
そういえば 日蓮正宗だったと思います。正のない日蓮宗かな。
子供の頃は 仏壇だか神棚なのか 天井に近いところに祭壇があって ご飯と水をそなえて「なんまんだー」と言ってたと思う。
ほうれんげきょうではなく なんまんだーだから 南無阿弥陀仏のほうかな。

投稿日時 - 2018-12-21 21:53:41

ANo.3

長くなりましたが、私はこう思っています。


>「創価学会製ニセ本尊」

これについては無関係と思われます。

私自身、2世ですが、問題なのは『教義の進め方』だと言えます。
私の母親は熱心に信仰していましたが、現在77才です。
地区部長などに何度も相談するが、その度に「信心が足らないからだ」と言われ母親も呆れています。
私の場合、17才で交通事故に遭い、右腕が完全麻痺という状態で現在53才です。
2012年12月に電気メーカーを早期退職しましたが、今までにした転職申し込みは600件以上であり、これは全て不採用です。
雇ってくれたのはわずかに5社です。
この間に普通2種免許・フォークリフト運転技能講習の資格を取得しました。
今は、10月から障害児・障害者のデイサービスの送迎ドライバーをしています。
収入も1ヶ月55,000円~80,000円と少ないため、今、2件目の仕事に応募したばかりで、Wワークをする予定です。

私は過去に文化班大学校を卒業し、今は会館任務に付くこともありますが、辞めようとも考えています。
理由は、この6年で壮年部に事情を話しても誰も手助けしてくれない。
ようやく手助けがあっても支持議員でも決定打が無い。
会館任務の班長(?)に相談しても決定的な何かは無い。
それでいて、任務だけは言ってくる。

で、多くの会員がうすうす気付いていると思いますが、教義をいくら勉強しても勤行を鬼のように上げても、幸せにはなれません。
それは、《基本構想》に間違いがあるからです。
教義は迷った時の知恵にはなりますが、生活の糧にはなりません。

そして、あなたも見てきたと思いますが、幹部になればなるほど、タイトなスケジュールでイベントがあります。
ほぼ毎月何かがあり、四半期ごとに何かがあり、半年ごとに何かがあり、毎年何かがある。
しかも、青年部になれば、それは毎月何かがあります。
例えば、新聞週間であったり、折伏月間であったり、選挙時期ではフレンドへの展開で毎日報告が求められます。
今でこそ、優しくはなりましたが、ひどいと大阪から東京の知人を訪ねて車で数名が移動してフレンド依頼をします。
年中繁忙期なのだから、気付いたらおかしくなっていると思います。

この状態で、折伏・新聞、自分の勤務と任務を行わなければならない。
これじゃあ、正しい教義は身に付きません。
つまり、上役から言われた内容を鵜呑みにしなければならない、追い込み状態・詰め込み状態になります。
それに耐えられた者だけが、地区部長などのポストを獲得出来ます。

実質、私の所属する班でも5名中2名は、会館任務に就いてはいませんし、出てきません。
今は、かろうじて私を含む3名が稼働して会館を守っていますが、私ももう嫌になっています。
自分達の要件だけは行わせて、私の就労については手助けはほとんど無い。

結局、生活は自力でなんとかしなければならず、教義ではメシは食えない。
そこには、幸せや金品を得る、普通に生活するといった、ものは存在しない。
精神的に壊れた人達は、そこのギャップに気付いてながら対策が取れなかった、または手遅れになったのでしょう。
なので回復にはかなりの時間が必要ですね。

私でさえ、活動しなくなったのに用があれば呼び出すのが創価学会とも言えるでしょう。
教義は逃げ込む場所ではなく、利用するものです。
余力で任務をこなすのは良いが、全力でやるべきものではありません。

投稿日時 - 2018-12-21 20:21:35

お礼

お返事ありがとうございます。
でも、そんな不幸が続いても、そんなに学会幹部に不満があっても、脱会しないなんて、すいませんが、ちょっと不思議に思います。

私は戸田会長時代の指導を知って、学会を脱会して日蓮正宗に帰依しました。
また、現証が本当に、その通りなので驚くと同時に、とても喜びを感じています。
それに戸田会長一家が全員、日蓮正宗信徒で創価学会の人は一人もいないと知って納得しました。

戸田会長の指導はこういうものです。

【勝手に作製した本尊に題目を唱え、どれが大聖人の教えにかなった本尊であるか、全く知ることができない。
ゆえに、仏法を求める人は、ただ「南無妙法蓮華経はありがたい」と言って「一番大切な信仰の対象たる本尊」を知ろうとせず、邪宗邪義により、ついに「地獄」に落ちていくのが、現在の「南無妙法蓮華経」を唱えている宗教である。

題目を唱えれば「対象」は何でもよいということは絶対にない。それは仏説に反対するがゆえに、大聖人に弓を引いていることになる。

大聖人のご生命たる御本尊が根本である。それが違っていて、どうして題目だけでよいといえようか。
本尊を誤れば、たとえ題目を唱えようとも、無間地獄、疑いないのである。

正しい御本尊なき題目は無益であり、「地獄へ行く直道」をつくっているのである。三大秘法の御本尊に対し、三大秘法の題目を唱えたてまつるは、日蓮正宗のみである。

一切をささげて南無したてまつる本尊であるから、相伝により、代々の御法主が、おしたためされるものであり、「三大秘法抄」、「観心本尊抄」等の御文に照らして拝察するならば、勝手な本尊を拝むことが大きな誤りであることが、はっきりわかるのである。
これは、「不相伝」なるがゆえに、仏法の深義に迷うのであって、「不相伝家は、みな、本尊に迷う」ということができる。

御本尊をマネた付属のないものは、「偽札(にせさつ)本尊」という。
信仰してもよくならないと「信仰が足りないからだ」と無知な信徒のせいにする。
それを対象として、どんなに拝んだところで幸福はなく、かえって悪道におちいるのである。】

投稿日時 - 2018-12-22 00:08:42

ANo.2

ニセ本尊のことよりも 退会するほうがいいと思います。
そうすれば すっきりと解放されます。

投稿日時 - 2018-12-21 11:08:39

お礼

もしかして日蓮正宗の方ですか?

投稿日時 - 2018-12-21 16:37:39

あなたにオススメの質問