こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

アメリカ赤十字と米軍の関係について

アメリカの赤十字は過去、米軍と一緒に行動し、戦場にも行きました。また海外の米軍基地に赤十字の支部が、現在でも置いてある....そうです。アメリカ赤十字のホームページを見ると、1905年にアメリカ議会によって認められたため、そのような活動を行っているとありますが、「なぜ議会が認めたのか」、その背景がよく分かりません。また具体的にどこの米軍基地に赤十字の支部があるのでしょうか?日本国内の米軍基地、例えば沖縄の基地にもあるのでしょうか?人道的活動を行う赤十字と軍隊が一緒というのは、どうもイメージが湧かないのですが.....
そのあたりの事情をご存知の方がいらっしゃったら、教えてください。

投稿日時 - 2001-06-26 11:00:18

QNo.95688

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

xp7

 赤十字の起源について調べれば分かることですが、戦場救護を出発点として活動を平時にも広げてきました。その為、日本を含め世界各国で赤十字・赤新月社以外では軍(自衛隊も国際的には軍として扱われるためこれに含まれる)の衛生部隊も赤十字、赤新月を用いていいことになっています。外国でも病院船は海軍所属ですし、日本は戦争・軍アレルギーが凄まじい為に反戦・反自衛隊運動が日赤にまで及ばないようにとの配慮から一緒に活動することが少ないと思われます。ですから軍(自衛隊)と赤十字社があまり接点を持っていない日本は極めて特異的な状況にあるといえます。在日米軍基地内でも支部までかは分かりませんが遠距離連絡などアメリカ赤十字社が行っているサービスは届いているようです。また、広くは知られていませんが韓国・北朝鮮間での離散家族再会や(交戦国など)国交の無い国への連絡など戦場やそれに限りなく近い場所での活動にもかかわっています。

参考URL:http://www.jrc.or.jp/about/index.html

投稿日時 - 2010-11-04 18:06:15

ANo.1

というか、戦争中、負傷した兵士を救護するために赤十字が生まれたのですが。

つまり、軍と表裏一体と考えていいのではないでしょうか。

投稿日時 - 2001-06-26 18:37:38

補足

負傷した兵士の救護のためにアメリカ赤十字が活動するのなら、まだなんとなく分かりますが、この他に、家族の死亡や子供の誕生などの緊急メッセージなどの伝達サービスも、軍隊に代わって、赤十字が行っています。(from アメリカ赤十字のホームページ)その意味では「米軍とアメリカ赤十字は表裏一体」と考えてよいのでしょうが、なぜアメリカ赤十字は軍隊とそこまで密着しているのでしょうか?自衛隊と日本赤十字が、例えば災害救助などにおいて、一緒に活動しているなんて、これまで一度も聞いたことはないのですが....。もしよろしければ、赤十字関係の方から是非ご意見をお聞きしたいのですが。

投稿日時 - 2001-06-27 09:43:41

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-