こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

光(電磁波)の発生と伝搬の具体的な機構について

光(電磁波)の発生と伝搬の機構を具体的に教えてください。
一応私的な考えを述べておきます。物理法則に明確に反する点がありましたらご指摘ください。
知りたいのは具体的な機構ですので、数学的抽象的概念は不要です。
間違いの指摘につきましては、素電子の存在という仮定を受け入れた上でお願いします。仮定を受け入れられない方は回答をご遠慮ください。
素電子については過去の質問
https://okwave.jp/qa/q9565848.html
https://okwave.jp/qa/q9560257.html
を参考にしてください。


空間は素電子プラズマで満たされている。素電子プラズマは、光を伝搬させ、物質を生み出し、重力と質量を発生させる。

(1) 電子の赤道周囲は電場になっており、電場を形成する素電子の自転軸は電子を中心に放射状に並んでいる。

(2) 電子が紙面奥に動くと、その影響で素電子の自転軸が90度回転して同心円上に並び、電場aは電磁場になり、その場に取り残される。

(3) 素電子の自転軸が更に180度回転してa の磁場が反転する。電磁場aは陰電素を画面奥から手前に吸い込む。電磁場aに吸い込まれた陰電素は、電気斥力で反対方向に分かれて電流b,cになる。電流cは電場dを生成する。

(4) 電磁場aは電流b,cにエネルギーを奪われ、電磁気力が減衰して崩壊する。b,cは磁気力で閉じて環電流になる。dは電磁場になる。

(5) dの磁場が反転する。電磁場dは環電流cを減衰させつつ電流eを生成する。電流eは電場fを生成する。

(6) b,cは流れが止まり、磁気張力で収縮する。電磁場dは電流c,eにエネルギーを奪われ、電磁気力が減衰して崩壊する。eは環電流にfは電磁場になる。

(7) b,cは電気斥力で破裂崩壊する。fの磁場が反転する。電磁場fは環電流eを減衰させつつ電流gを生成する。電流gは電場hを生成する。

光の構成要素は電場と磁場ではなく環電流と電磁場であり、光電効果は、電子が、電磁場によって移動させられる現象である。

投稿日時 - 2018-12-15 14:14:39

QNo.9567951

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

回答でなくて申し訳ないけど
宇宙空間を人工衛星や探査機が計算通りの軌道を飛行できるのですが、素電子にぶつからないのでしょうか?
物体は電子を含む原子からできているから影響を受けるでしょう?

投稿日時 - 2018-12-16 11:51:15

補足

>回答でなくて申し訳ないけど

「おかしなところがあったら指摘してください」とも質問しているので、立派に回答です。

投稿日時 - 2018-12-19 16:58:58

お礼

とても良い疑問です(上から目線ですみません)。次の次の質問で私見を述べますのでお待ちください。図なしではご理解いただけないと思うので。

>素電子にぶつからないのでしょうか?
物体は電子を含む原子からできているから影響を受けるでしょう?

その影響こそが重力であり質量です。

>宇宙空間を人工衛星や探査機が計算通りの軌道を飛行できるのですが

影響が織り込み済みだからです。

ところでなぜ同じ疑問をヒッグス粒子あるいはヒッグス場に対して抱かないのでしょうか。

投稿日時 - 2018-12-17 13:39:07

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.4

>いいえ。知りたいのは具体的な機構です。
電磁気学に基づく話で十分であるのなら、マクスウェル方程式からの導出を考えるしかありません。それでは不十分であるのなら何に基づく説明が必要なのかはっきりさせてください。


>電子よりも小さい荷電粒子と考えていただければそれで十分です。
いいえ不十分です。
「光の媒質」という表現をされていたと思うのですが、
電子(や他の荷電粒子)は「光の媒質」ではなく、素電子だけが「光の媒質」であるのなら、素電子は単なる荷電粒子ではなく何か特別な性質を持つはずです。
それを明らかにしないと「素電子」を説明したことにはなりません。
(それとも「光の媒質」を想定しているというのは私の勘違いでしょうか?)

>これは大まかに現象を捉えるモデルの話です。
どういう前提で考える必要があるかについて大まかな説明すらないから説明が必要だと言っています。
(1)-(7)のような結論だけ書くというのは説明にはなりません。

>以下は、前回の質問への回答者であるkanemoto_sさんへのコメントとして考えていたことですとお断りした上で。
kanemoto_sさんの回答を逐一把握している訳ではないので、何も言いようがない部分ばかりですが、最後の一点だけ。

>相変わらず「そう決めて」いるだけで説明になっていません。
これは自然科学である以上は仕方がありません。
「機構は何か」と追及して答えを見つけたとしても、「その機構を引き起こす機構は何か」と別の疑問が生じるだけなので。どこかで線を引いて、「そう考えたら自然を説明できるからそうなんだ」と受け入れるしかありません。
(それ以上先に踏み込んで追究する事が無意味であるという意味ではありませんのであしからず)

>仮説は必ず何らかの「一般的な物理学で登場しない概念」という仮定を伴います。その否定は仮説(真偽はともかくとして、何らかの現象や法則性を説明するのに役立つ命題)の存在意義の否定と同義です。
独自の概念を登場させるなと言っているのではありません。
登場させるなら説明が必要で、その説明には(別の)独自の概念を使ってはいけないと言っているだけです。


>前回の質問の電磁誘導の機構に至っては複雑ですらありません。
具体的な内容まで読んでませんし、そもそも「素電子」の正体について分かってはいませんが、
一般論として言えば『「素電子」という新たな粒子が登場し、これの挙動を考える必要がある』というだけで、十分に複雑になっています。科学の文脈で受け入れられるにはこれを覆すメリットが必要になります。

投稿日時 - 2018-12-22 13:20:45

お礼

今回前回前々回の質問で子供でもわかるように説明したつもりでしたが…

「わからない」の一点張りでは対応しようがありません。降参です。

投稿日時 - 2018-12-22 15:39:43

ANo.3

ネットをみわたすと、竜巻だったり、トーラスだったり、モノポールとか、いろんな仮定を考えているひとがたくさんいます。素電子プラズマもそのひとつでしょう。都合のよい仮定は、エーテル、空間も同じです。ひも、なんかわけのわからなさではナンバーワンです。
もう少し、科学の歴史をたどってみてはどうでしょう? 17世紀の天文学、デカルト、フック、ニュートン、ケプラー、キャベンディッシュ、カント、ヘーゲルなどを読み返すことをお勧めします。人間が一人で考えることの出来る範囲はたいしたことはありません。過去の研究者が何を考えていたのか? それを知ることは非常に重要です。
http://zao.jp/index.php?blog=12&p=418&more=1&c=1&tb=1&pb=1
現代物理学には4つ(本当は5つ)の間違いがあります。これに気づくのが最初のステップに成るはずです。

投稿日時 - 2018-12-18 17:35:44

お礼

>ひも、なんかわけのわからなさではナンバーワンです。

同感です。


「軌道上の電子を反発する力は、原子核の中にある中性子が持っている。中性子は陽子+電子だからだ。静的原子模型が量子力学を乗り越える理論に成るはず。
水素は、3個の陽子がくっつくプロトン化水素が多い。
陽子に直接電子がくっついたものが中性子」

今後の質問で私見を述べますが、これに近い考えを持っています。

投稿日時 - 2018-12-19 16:53:39

ANo.2

>光(電磁波)の発生と伝搬の機構を具体的に教えてください。
マクスウェルの方程式から電磁波の発生・伝播がどう導出されるのかの説明を知りたいという事ですか。
(仮にそうであればまずは電磁気学の教科書をお読みになるのがよいかとおもいます)

>一応私的な考えを述べておきます。
独自の概念を使って考えるのは構いませんが、
その概念を他人と共有するには、その性質などどういうものであるのか共有できる情報を書くことが必須です。

過去の質問には「素電子」について
>空間の電磁気的性質のおおもとの荷電粒子=光の媒質の構成要素
と書かれていますが、「空間の電磁気的性質のおおもと」とか「光の媒質」のような一般的な物理学で登場しない概念を使った説明では何の説明にもなりません。

具体的に何を書くべきかはケースバイケースですが、新しい「粒子」を想定するのなら
・古典論での位置と速度、量子論での波動関数のような「素電子」の状態を指定するための変数
・「素電子」が従う運動方程式
・電子などの他の電荷との相互作用の仕方(運動方程式にどう入ってくるのかetc.)
みたいな情報が必要です。
(1)-(7)の「素電子」の挙動を導出する際の前提にした事柄だと思ってもらえれば良いでしょう。

投稿日時 - 2018-12-18 01:49:28

補足

>一般的な物理学で登場しない概念を使った説明では何の説明にもなりません。

仮説は必ず何らかの「一般的な物理学で登場しない概念」という仮定を伴います。その否定は仮説(真偽はともかくとして、何らかの現象や法則性を説明するのに役立つ命題)の存在意義の否定と同義です。


>新しい「粒子」を想定するのなら

未知の粒子は想定しましたが「都合のいい未知の力」は想定していません。それをしているのは従来の理論の方です。
ここでは電磁気力しか扱っておらず「プラス同士マイナス同士は斥け合い、プラスとマイナスは引き合う」程度のことがわかっていれば理解できる内容になっています。複雑に見えても「磁石のN極とS極は引き合う」に毛が生えたぐらいのものであり子供でもわかります。前回の質問の電磁誘導の機構に至っては複雑ですらありません。


>・古典論での位置と速度、量子論での波動関数のような「素電子」の状態を指定するための変数
・「素電子」が従う運動方程式
・電子などの他の電荷との相互作用の仕方(運動方程式にどう入ってくるのかetc.)
みたいな情報が必要です。
(1)-(7)の「素電子」の挙動を導出する際の前提にした事柄だと思ってもらえれば良いでしょう。

例えば機械の性能を説明する際には様々な数値が必要ですが、機構の説明にそれは必要ではありません。


前回前々回と共通して質問しているのは「具体的な機構」「私見に、物理法則に反するところがあったらそれを指摘してほしい」の二点ですが、どなたからも回答を頂けていないというのが現状です。a,bという質問にcについて答えられても…「質問者の一方的な主張はサイト規約上問題ある行為であって、主張に対する見解は控えて、その他の質問者様の疑問に回答しているだけです」というkanemoto_sさんの言は今にして思えば負け惜しみだったのか…

投稿日時 - 2018-12-21 14:36:01

お礼

eatern27b様、その節はお世話になりました。

>マクスウェルの方程式から電磁波の発生・伝播がどう導出されるのかの説明を知りたいという事ですか。

いいえ。知りたいのは具体的な機構です。


>概念を他人と共有するには、その性質などどういうものであるのか共有できる情報を書くことが必須です。

電子よりも小さい荷電粒子と考えていただければそれで十分です。


>―みたいな情報が必要です。

これは大まかに現象を捉えるモデルの話です。高校などで電磁誘導や、原子分子の構造などを学ぶ際にそこまで要求されないのでは。


以下は、前回の質問への回答者であるkanemoto_sさんへのコメントとして考えていたことですとお断りした上で。

>故に電子の持つ機構を考察するのであれば結論として角運動量のみを持った自転構造のない機構を考える必要があります。

私は「大勢の科学者が何百年考えてもわからないことがあなたにわかるはずがない」などとは決して言わないので考えてみてはどうでしょう。間違いなく一生を棒に振ることになるでしょうが。「純粋な角運動量」とか「角運動量のみを持った自転構造のない機構」などというものは存在しません。それがわかっているから誰も考えないのでは。

現実に存在しないものをあると信じ込むのは妄想であり罪には問えませんが、ないことがわかっていて人々を騙しているならそれは詐欺です。

「存在しないものが出てくる方法」「存在しないものの上に理論を構築すること」これらは明らかに間違っています。

マジックなら何でもいいですが、例えば「日本の会場にいたマジシャンが、ハワイに瞬間移動して、無作為に選ばれた観客との会話が成立している」というマジックがあったとして「マジシャンは実際に瞬間移動した」と「瞬間移動はあり得ない。トリックがあるはずだ」ではどちらが正しいか。観測結果をそのまま受け入れるというのは前者の考え方です。

種明かしされたら普通はすぐに「ああ、そういう仕掛けだったのか」となるものです。種明かしされてもわからないというのは相当な…

「間違いを出発点にして間違いに間違いを重ねる」という間違いの結果が「機構を一つも説明できない」という現実です。

「ヒッグス機構」も機構とは名ばかりで、朝日新聞その他における説明はひどいものです。サイエンスゼロでは「粒子はヒッグス場と相互作用することで質量を獲得する」と言っていましたが、相変わらず「そう決めて」いるだけで説明になっていません。

投稿日時 - 2018-12-19 18:34:43

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-