こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「表面波マグニチュード (Ms) では7.25から

「表面波マグニチュード (Ms) では7.25から飽和しはじめ8で飽和となる」

なぜマグニチュードはM8で飽和するのですか?

M8より大きい地震が起こらないのはなぜ?

なぜそう言える?

投稿日時 - 2018-12-01 13:22:53

QNo.9563483

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 M8 より大きな地震が起きないわけではありません。
 事実、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)のマグニチュードは 9.0 または 9.1 です。
 地震のマグニチュードの算出方法はいくつかあり、表面波マグニチュードも、その一つです。
 東北地方太平洋沖地震のマグニチュードの 9.0 , 9.1 というのは、モーメントマグニチュードというもので、この地震の気象庁発表のマグニチュードはもう一つ 8.4 というのもあり、これは気象庁マグニチュードというものです。
 なぜ、いろいろなマグニチュードがあるかというと、地震の真のエネルギーを直接測定する方法がないからです。
 地震について知ることができるデータは、地震計の波形だけです。
 この波形からエネルギーを算定するわけですが、もう一つ問題があり、地震計の種類により地震動の周期に対する感度が違うのです。万能の地震計はありません。
 こういう状況ですので、マグニチュードの算定方法もいくつかあるのです。
 その一つの算定方法である表面波マグニチュードの特徴として、M8 付近で飽和するということが起きるのです。
 現在では、世界的に主に先のモーメントマグニチュードを使用しているようです。
 この方法は、飽和の問題が少ないというのがその理由だそうです。

投稿日時 - 2018-12-01 19:34:34

お礼

みんなありがとうございました

投稿日時 - 2018-12-01 19:43:04

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-