こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

一般家庭用アンプでのパイプオルガンの重低音再生

お世話になります。
当方は自宅にて、ソニー製の家庭用アンプでパイプオルガンの楽曲の重低音のバリバリという音質を再生したいと考えているのですが、無理な相談でしょうか?
当方は予算が無いので、適当にバッハなどのキリスト教音楽で十分なので、それをユーチューブから重低音を強調して視聴したいのですが、その場合、既述の家庭用アンプにてバリバリと俗に表現してしまう重低音の再生は可能でしょうか?
すみませんが、教えてください。
当方が達成させたい目標は、家庭用アンプ経由でパイプオルガンの重低音のバリバリ(俗称)を再生したいということです。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2018-11-10 17:56:32

QNo.9556469

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.5

こんにちは
youtubeを音源とする時点でアウトです(;_;)
youtubeでCD音源並の動画に出会ったことがありません(T_T)
たぶん、かなりの帯域制限やデータの詳細度(ビットレート)が低いんだと思います。
それとお手持ちのアンプのパワーでは、重低音再生はまず無理で、パワーアンプを内蔵したサブウーファーが必要になると思います(^^;

>さらにはもっとすごい低音があります。
>二階の屋根の上からの長大ホーンを通して出てきた低音は、もはや音でなく風>だったのです。本当にフワーッと風が吹いてきましたから。

音楽評論家の高城重躬さん(故人)を思い出します(^_;)
オー塩評論家長岡鉄男さんと共に好きな方でしたm(__)m

投稿日時 - 2018-11-13 01:43:54

ANo.4

サン・サーンスの「オルガン付き」という曲のすさまじい低音は、
普通のスピーカーのウーファーではコンクリートの部屋で大音量で鳴らせばあるいは出るかもしれませんが、普通の民家で普通の音量では絶対出ないでしょう。

私は普通の民家の普通の音量で、オンキヨーのスーパーウーファーSL1を使って聞いたことがあります。
バリバリではなくブォーンという感じじゃないですかね。

あの圧倒的な低音は、ハービー・ハンコックのライブに行って、シンバルで耳の鼓膜が鳴り、バスドラムで横隔膜が震えたのと同じような異次元的な体験でした。

さらにはもっとすごい低音があります。
二階の屋根の上からの長大ホーンを通して出てきた低音は、もはや音でなく風だったのです。本当にフワーッと風が吹いてきましたから。

投稿日時 - 2018-11-11 23:51:44

ANo.3

これなどは如何でしょう
「パイプオルガンの16Hzもほぼ再生可能」、フォステクスから10万円のサブウーファ
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/738624.html

投稿日時 - 2018-11-10 19:42:25

ANo.2

アンプだけでなくスピーカーの能力も重要です。

パイプオルガンの最低音は8~16Hzのようです。
人間の可聴域は20Hzぐらいのようです。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/3/3c/Frequentiae-J001.png 
http://www.jas-audio.or.jp/columns/post1659
20Hz未満の重低音は聞こえなくても体で振動を感じるのでしょう。

ステレオでは仕様で周波数特性をみると分かります。
SONY 
STR-DH190 周波数特性10Hz-100KHz +0.5/-2dB
https://www.sony.jp/audio/products/STR-DH190/spec.html
ご利用のアンプも説明書で確認して下さい。
仮に周波数特性 10Hz-100kHならばほぼパイプオルガンの重低音を再現する能力があるといえるでしょう。

ただし、
一般的ステレオのスピーカーの再生周波数帯域は 53-50,000Hz 程度のようです。
https://www.sony.jp/audio/products/SS-CS5/spec.html
1台85万円のスピーカーでも 28-60,000Hz です。
https://www.sony.jp/audio/products/SS-AR1/spec.html
サブウーハー(低音用スピーカー)で 20-200Hz です。
https://www.sony.jp/audio/products/SA-NA9ESPE/spec.html
他社でも
http://kakaku.com/kaden/speaker/ranking_2044/
http://kakaku.com/kaden/woofer/ranking_V009/
人間の可聴域 20HZ 未満の低域を再現する必要な無いと判断しているのでしょうか?
自宅で一般的ステレオで重低音の音楽を音量を上げて聴くと家が振動し
「音声公害だ。」「近所迷惑だ。」と家族に怒られます。
そんなことを考慮しているのでしょうか?

イヤフォン ヘッドフォンの周波数帯域が広いようです。
総合的音質は分かりませんが
千円程度のものでも  5-24,000Hz です。
https://www.sony.jp/headphone/products/MDR-EX150/spec.html
約4万円のだと  4 Hz - 40,000 Hz
https://www.sony.jp/headphone/products/WH-1000XM3/spec.html

投稿日時 - 2018-11-10 19:22:14

ANo.1

アンプよりもむしろスピーカーの方がネックになります。
そして、youtubeの音楽は大抵、最低限のビットレートに落とされますので、音質は期待できません。

投稿日時 - 2018-11-10 19:11:39

お礼

ご回答ありがとうございました。勉強になりました。

投稿日時 - 2018-11-15 00:01:05

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-