こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

デルタ航空の持込手荷物について

ホノルル空港から日本へデルタ航空(エコノミー)を利用します。
持込手荷物は貴重品を入れた大きめのリュックなのですが、サイトの手荷物のページを見ると、【バッグ一点と、身の回りの物(小さい手荷物)一点無料】とあります。
だとしたら、リュックを身に着けた状態で、チェックイン以前に購入した大きなお土産袋を下げた場合、アウトなのでしょうか?

また、手荷物の個数制限がある割には、【個数制限のかからない物】の項目に、免税購入品とあります。
これはどういう意味でしょうか?
文字通り、保安検査などを終えたあとのショップでは買い物をしてどんなに荷物が増えてもOKという意味なのでしょうか?

【受託手荷物】
●スーツケース
●大きな布袋に入れたお土産
【持込手荷物】
●リュックサック
●お土産袋多数 これはセーフでしょうか?

投稿日時 - 2018-10-16 12:40:56

QNo.9548157

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

機内持ち込み用のブリーフケース、貴重品の入った小さめのリュック、プラスおい土産の入った袋一つくらいだった通常お咎め無しだけど、あまりに荷物が大きかったり多かったりしたら出発ゲートの航空会社職員がやってきてなんとかするように言われると思います。判断は機内で荷物が収まりきらないか他の乗客に迷惑がかかるかで、常識的な判断で決めると思いますが、もし揉めるようだと持ち込み手荷物一つプラス小さな袋と言う原則に立ち返るでしょう。その場合超過の荷物をまとめて、出発ゲートで受託手荷物に変更することになると思います。だから心配であれば貴重品だけリュックから取り出せるようポーチかなんかも持っていると良いと思います。その時に追加料金を取られるかどうかはわかりません。業務の都合上、いちいち追加料金を取らないような気がします。

免税品と書かれていますが、アメリカの場合免税品は必ず出発ゲートでパスポートと航空券のチェックを終えてから機内に乗り込む直前で受け取ります。なぜなら出発フロアが国内線と国際線で別れていないので、確実に免税扱いにするためには後戻りできないポイントで渡すしか無い。となると免税品であればなおさら機内に持ち込んだ上で上部の荷物入れか前の座席の下に収まらない時になって初めて乗務員が飛んでくることになります。免税品じゃなくてもお土産一袋くらいだったら超過しても咎められることはまず無いです。一度だけ中国系のおばちゃんが3-4袋持ち込もうとしてもめているのを見たことはあります。

投稿日時 - 2018-10-27 09:00:01

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.4

>リュックを身に着けた状態で、チェックイン以前に購入した大きなお土産袋を下げた場合、アウトなのでしょうか?

 アウト。
ただし、リュックの上から服を着こんで隠す手もある。やってみるか?
どこかのテレビに出られるかもしれないよ。

>免税購入品とあります。これはどういう意味でしょうか?文字通り、保安検査などを終えたあとのショップでは買い物をしてどんなに荷物が増えてもOKという意味なのでしょうか?

 そうです。どんどんお金を使ってください。それに見合うサービスやフォローは致します。

投稿日時 - 2018-10-18 09:13:32

ANo.3

>チェックイン以前に購入した大きなお土産袋を下げた場合、アウトなのでしょうか?

機内持ち込みのできる旅行バッグは規定サイズ内のもの1点ですが、男性もあり得ますが女性は別にハンドバッグなどをもう1点持ち込めます。またそのサイズについてははっきりした制限がないようで、パンパンに詰めた10L程度のデイパックでもOKになる場合があります。シンガポール航空よりデルタの方がその辺寛容です。2個目がちょっと大きすぎるかなと思ったら、そして預け入れ荷物もあるなら、チェッキングカウンターで聞いてみればいいでしょう。

いかにもお土産に見える箱型でゴツゴツしていると蹴られる恐れがありますが、ハンドバッグの延長上のシェイプで小さなボストンバッグやショルダーバッグのような型ならまず問題ないはずです。米国 TSA の規制に引っ掛からないものならそのバッグに何でも詰められます。私は男なので化粧品は持ちませんが、その2番目のバッグにお土産として空港の土産店では絶対売っていないだろう袋入りの日本では珍しいドライフルーツやお菓子などを目いっぱい詰めていきます。

https://www.tsa.gov/travel/travel-tips/travel-checklist

投稿日時 - 2018-10-17 07:34:25

ANo.2

機内持込の出来るものは、規程のサイズのバックと、ハンドバックやポーチなどと言うことです。

免税品といわれるのは、空港のセキュリティエリア内で購入したものです。
(そうしないと、空港のセキュリティエリアで何も買えなくなるでしょう?)

ただ、多くなると、預け荷物にまわされます。
当然預け荷物で重量などの超過になれば、超過料金をとうじょうぐちでとられます。

このへんは、現地での判断などが優先されますので、これで大丈夫だったと誰かが書いても、現非スタッフがダメと言えばだめでしかありません。
まぁ、セキュリティエリア内ででのおみやげ袋も、1つか2つが限度でしょうね。絶対とはいえませんが。

投稿日時 - 2018-10-16 13:53:07

ANo.1

 
・チェックイン以前に購入した大きなお土産袋
アウトです、制限は荷物の内容でなく荷物の数です

・免税購入品とあります。
チェックイン、保安検査通過後の空港内で買った荷物です。
 

投稿日時 - 2018-10-16 12:47:54

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-