こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

被保険者資格

高校を卒業して働いていない甥っ子がおります。
H10年生まれで今年二十歳です。収入もありません。
親の扶養には入れるのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2018-08-28 13:51:19

QNo.9531707

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(7)

ANo.7

>親の扶養には入れるのでしょうか?

親が勤め人で、その勤め先が加入している保管組合の規定によります。

親が鞘皆保険の被保険者なら
高卒後、就職していないのならそのまま継続して扶養加入しているのでは。

投稿日時 - 2018-08-29 09:36:58

ANo.6

奇妙な質問と感じます。
何故に、高校卒業後に無保険なのでしょう?
無職・無収入の子を、扶養に入れない親がいるでしょうか?
高校までの保険証をそのまま使うに違いないと思うのですが・・・

と考えると、
質問者さんが、何か勘違い・思い込みをしてる気がします。
特に、その甥っ子の親が、サラリーマンじゃなければ、「扶養」なんてありません。親が国民健康保険(国保)の保険証なら、子も国保しかありません。

投稿日時 - 2018-08-29 08:06:08

ANo.5

> 親の扶養には入れるのでしょうか?

健康保険の扶養に入れるか否かということですね。
親の健康保険が、親の勤務先の社会保険(厚生年金・健康保険などが一体なった保険)ならば、年収額などによっては、健康保険組合の事務局の判断によります。
勤務先の健康保険の受付担当者に、聞いてみましょう。勤務先の健康保険の受付担当者は、たいてい、健康保険組合の運営事務局とは別でしょう。
でも、扶養に入れるとどうかの様子くらいは分かるでしょう。

● 現在の収入が無ければ(無職であれば)、扶養の申請によってすぐ入れる健康保険組合もあります。
● 去年1年間(去年の1月~12月)の収入額によってすぐ入れる健康保険組合もあります。(健康保険組合によっては、すぐ扶養に入れるか判断のためにに、去年1年間の「公的な証明書」の提出を求められることもある)
● 今年1年間(今年の1月~12月)の収入額が確定する来年の3月ころに、「公的な課税証明書」の提出によって扶養の判断をする健康保険組合もあります。扶養に入れるまでの間は、別の健康保険(たいてい、国保)に入ることが必要です。

★ 健康保険組合によっては、毎年、または、必要に応じて2年~数年ごとに、扶養家族の「公的な証明書」の提出を定期的に求められることもあります。
「公的な証明書」の提出によって、扶養家族の収入額が超過をしていると判断された場合は、健康保険組合から何らかのペナルティがあります。

【参考】
「公的な証明書」とは、自治体が発行する「課税証明書」「所得証明書」などがあるが、健康保険組合から提出を求められている場合は、どの証明書かを確認すること。
https://www.google.co.jp/search?ei=LeKEW6LqNoeC-QbZ16HQDQ&q=%E8%AA%B2%E7%A8%8E%E8%A8%BC%E6%98%8E%E6%9B%B8%E3%80%80%E6%89%80%E5%BE%97%E8%A8%BC%E6%98%8E%E6%9B%B8&oq=%E8%AA%B2%E7%A8%8E%E8%A8%BC%E6%98%8E%E6%9B%B8%E3%80%80%E6%89%80%E5%BE%97%E8%A8%BC%E6%98%8E%E6%9B%B8&gs_l=psy-ab.3..0l3.841281.854287.0.855752.21.18.3.0.0.0.236.2629.0j16j1.17.0....0...1.1j4.64.psy-

-------------------------

親の健康保険が、国民健康保険(国保)の場合は、国保には扶養の制度がありません。
つまり、国保は、扶養家族の人数分の保険料がかかります。

そして、家族の国保保険料の納付通知は、世帯主あてに来て、保険料納付の責任は世帯主となります。

--------------------------

それから、健康保険の質問に対して、趣旨の違う回答ですみません。

20歳ならば、20際の誕生月には国民基礎年金(国民年金)の加入手続きも来るはずですし、その手続きによって年金番号も決まります。
国民年金は、健康保険とはリンクしませんし、就職するにも年金番号が必ず必要になりますし、また、個人ごとの年金記録によって将来の年金受給額が決まります。

国民年金の保険料が納付出来ないならば、「全額免除」「一部納付」「納付猶予
/学生納付特例」などを申請しましょう。
http://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/menjo/20150428.html

ただし、「全額免除」「一部納付」「納付猶予/学生納付特例」が認められると、将来の国民基礎年金(国民年金)の受給額額に反映しないなどの影響が出出ます。
国民基礎年金(国民年金)の受給額額の半分は、税金からです。
消費税などの税金を納付しているのに、税金分も貰えないということになります。
半額の税金分とは、前記の、日本年金機構のサイトの〇✖表の「年金額への反映」欄の「※2、※3」及び「✖」印を参照のこと。
〇印の※2、※3は、税金分は受給が出来るが、全額にはならない。
「✖」印は、税金分も受給出来ない。

将来の国民基礎年金(国民年金)の受給額額を回復したいなら、「全額免除」「一部納付」「納付猶予/学生納付特例」ごとに決められた期限内に国民年金保険料を納付すると、年金受給額が回復します。
つまり、「全額免除」「一部納付」「納付猶予/学生納付特例」は、保険料の納付期限が先送りされただけです。
もし、先送りされた期限内に保険料納付しないと、保険料受給額は、もう、一生回復しません。

決して、「未納」の「✖」印にはしないことです。
未納のままだと、数年以内に、「特別催告状」という文書で、差し押さえの怖い文言が記載の文書が来ます。
http://www.nenkinbox.com/minou
過去質問にも、差し押さえが来たという内容で、よく確認すると、「特別催告状」ということ。
さの場合は、とにかく、年金事務所などへ行って(電話ではダメ。必ず窓口へ行くこと)、保険料の納付方法を相談するようにと回答したことがあります。

投稿日時 - 2018-08-28 16:16:53

ANo.4

親が社会保険で子の収入が月108333円以下なら、健康保険は扶養に入れます。
ただし年金は不可です。厚生年金のいわゆる扶養は配偶者だけです。
子は独自に国民年金へ加入しなければなりません。同時に減免申請すれば収入に応じて減額されます。
これらは加入と申請が必須です。自動的に減免にはなりません。

投稿日時 - 2018-08-28 15:46:43

ANo.3

高校を卒業して働いていないのであれば今まで通りの扶養家族で
いけますよ。働いて自分で給与をもらいその会社の健康保険に
加入するか、自分で国民健康保険を支払わない限り何歳でも
親の扶養にはなれますよ。

投稿日時 - 2018-08-28 15:00:23

ANo.2

扶養に入れる事は出来ます。(親が社会保険の場合、但し同居している事)国保ですと扶養という概念がないので、収入に応じた保険料が必要です。

投稿日時 - 2018-08-28 14:10:50

お礼

回答ありがとうございます。
親が社会保険で同居ですので、被扶養者資格があるということですね。

投稿日時 - 2018-08-28 14:20:16

ANo.1

役所にて課税証明書を発行して貰って下さい。
その場で0円で確定申告をすれば発行されます。

投稿日時 - 2018-08-28 13:56:12

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-