こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本女子サッカーの問題点

最近動画でなでしこジャパンのゲームを見て思ったのですが、フィジカルな差はどうしょうもないけれど、余りにパスがゆるいので縦パスはほとんど通らない。
走力がない。動き始めがかなり遅い。視野が狭すぎると感じました。まだなでしこジャパンは技術があるので見ていられますし、U17ではフィジカルの差がなく技術もまずまずで結果がでていますが、U20は得点差以上の差を感じました。外国の強豪チームは転んでもパスが通るのに、日本は転ぶとファール以外ではほとんどボールを奪われていました。まあきれいなサッカーといえばそうなのですが。なにか対処法はあるのでしょうか?
皆様はどのようなお考えでしょうか?暇なときにでも聞かせていただければ幸いです。

投稿日時 - 2018-07-25 23:07:08

QNo.9521866

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

日本の女子選手のフィジカルの弱さと、1対1の弱さを
選手とコーチは自覚する必要があります。

自覚できていれば、欧米の強豪国と同じ4-4-2という
システムは使わないでしょう。
一人三役をこなしていた沢選手は、もう居ません。
ゆえに日本女子はトリプルボランチを採用するべきだと思います。

4-3-2-1の守備型フォーメーションが、強豪国に適した
日本のシステムだと思っています。
相手が日本より弱いチームであれば、センターボランチを上へ移動し、
4-2-3-1にすれば問題なく戦えると考えています。

沢選手は居なくても、ボランチとゲームメイクの両方出来る選手が
日本にも2~3人居ます。

投稿日時 - 2018-07-26 09:34:42

お礼

成る程。中盤でボールが繋がらないですよね。ボランチの重要性は感じますね。日本的なボランチとはアンカーと言っても良いのでしょうか?長谷川 唯が攻撃的とは思うけれど孤立することが多いですね。彼女のアイデアはたまにおっと感じます。ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-07-26 11:44:48

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

シュートのボールコントロール・・・枠に入るボール
スピード・・・縦パスが通っても追いつかれる

投稿日時 - 2018-07-26 10:05:40

お礼

シュートの早さの差はマジにやばいですね。特にミドルからのシュートは。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-07-26 11:22:53

ANo.1

最近、なでしこジャパンが一時期世界をとっていたのは、なでしこジャパンが凄かったからではなく、澤穂希さんが不世出の大天才だったからではないかと思っています。
全盛期の澤さんは、守備の要であり、攻撃の起点であり、とてつもなく広い視野から縦横無尽にパスを出し、切れ味抜群のドリブルができて、シュートの決定力も神がかっていました。

女子サッカー界のマラドーナ。それが澤穂希という人だったのではないかなと思います。でも多くの選手がそれを自分たちの実力と勘違いしていたのではないかなと思いますね。
今の日本の女子サッカー界について詳細は知りませんが、世界的プレイヤーが日本の女子サッカーリーグでプレーしているということもないでしょうし、海外リーグでレギュラーをやっている日本人選手もほとんどいないんじゃないでしょうか。

蛇足:
澤穂希と落合博満の共通点。それは「サッカー(野球)が上手すぎて先輩から競技を続けるのが嫌になるほどいじめられた」という経験を持っていることです。

投稿日時 - 2018-07-26 00:20:46

お礼

まさに同意見です。司令塔として際立っていましたね。最近の日本の戦術はほとんど読まれている気がします。それだけ単調という事でしょうか。
澤さんがいじめられていたというのは初めて知りました。
そういう天才が現れてくれると良いのですが・・・

投稿日時 - 2018-07-26 00:54:43

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-