こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

未償却残高について

親が亡くなり、準確定申告をしなければなりません。
収入は家の一部を賃貸にした収入のみなので自分で準確定申告をしようと思っていますが、
去年親が提出した確定申告を参考にやろうと思っていたところ
青色申告決算書(不動産所得用)の「減価償却費の計算」
の下記「未償却残高」で滞ってしまいました。

減価償却費の計算
名称:塀?(手書きでよく分かりません)
取得年月:H5年10月
イ・取得価額(償却保証額):(5,005,700)円
ロ・償却の基礎になる金額:4,505,130円
償却方法:旧定額
耐用年数:38年
ハ・償却又は改定償却率:0.027
ニ・本年中の償却期間:12/12
ホ・本年分の普通償却費:121,638円
ヘ・割増償却費:0
ト・本年分の償却費合計:121,638円
チ・貸付割合:40%
リ・本年分の必要経費算入額:48,655円
ヌ・未償却残高:18,489円

未償却残高 =「取得価額」-「前年末までの償却費の累積額」
とあったので、H5年から去年29年の25年で計算すると
取得価額 5,005,700 - 前年末までの償却費の累積額 3,040,950(償却費121,638x25年)
=1,964,750
となり、ヌ未償却残高:18,489円とまったく合いません。前年の記入間違いでしょうか?
どこから桁のかなり違う18,489円がでてきたのか、分からないことだらけです。
こういった場合、あらたに計算し直しなおすにはどうすればいいのか、
どう準確定申告で記入すればいいのか教えてください。

投稿日時 - 2018-07-24 20:28:58

QNo.9521517

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

ANo.1

平成29年分の決算書の未償却残高が 18,489円になっている
ということで、よろしいでしょうか。

考えられる理由は、
(1)単純に記載誤り
(2)最初のころ、耐用年数をもっと短い期間で償却していたが、ある年に税務署で指導され耐用年数を今の38年に直した。
のどちらかだと思います。
確認方法は、ご自宅に残っている決算書の写しを遡っていって、みつかるかどうか、というところです。
まずは、現在残っている控を確認してみてください。
毎年順調に未償却残高が引き継がれて、その結果、18,489円になっているとしたら、私なら残念ですが、18,489円の残高から償却すると思います。

投稿日時 - 2018-07-25 23:49:16

お礼

ご返事遅れて申し訳ありません。
同居しておらず、これまで全く関わってなかったので、去年のもの以外過去の申告書の控えも見つけられず確認すらできません。
桁が違いすぎ、相続税申告にも関わってくるので、もう税務署に相談する以外ないのでしょうか…。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-08-01 14:05:59

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-