こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

古市氏の発言について

ロシアワールドカップで日本代表がコロンビアに勝ったことで、大騒ぎに
なりました。新聞もテレビもそのことを大々的に報じています。
が、古市氏はそんなメディアを批判して「すぐ手のひらを反す、嫌な
習性」とか言ったらしいです。
確かに、ワールドカップが始まる前には、監督が選手を掌握しきれるのか。
とか、ワールドカップ初心者の監督で務まるのか。とか言われていました。
しかし、コロンビアに勝った時点でそれらが払拭されたのも事実。
いつまでも過去の不安に執りつかれていては、先に進めませんね。

例を上げれば、津波に流された街を、津波が来る前の都市計画のままで
再建させるとかはあり得ません。
また、原発は安全だ。と言っていたマスコミが手のひらを返して、原発は
危険だ。に変わった責任を取れ。とかも変な話です。

あくまでもマスコミは二次的要素が大部分だと思うのです。
それを、手の平返しとか言っていたら、ワールドカップ優勝国が前評判の
高いチームだと決めつけて原稿を書いているようなものです。
そんな危ないことは、どこの新聞社もやりません。
現に、アルゼンチンの予選突破は難しい状態になりました。

この古市氏の発言に対してどう思われますか。

投稿日時 - 2018-06-22 12:53:15

QNo.9510865

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

古市氏はもともとストレートにものをいう人です、そういう人なので、それはそれ、ということでいいのでは。
やばいことやストレートに言ってしまうと、もう次のお呼びがかからなくなるので、ワイドショーなどのコメンテーターは気を使ってしゃべってますが、この方は何がダメなのか、それでだめなら俺を出さなきゃいいだろ、というスタンスで、言い方の問題はあるにしても的を得ているので、お呼びがかかるのだと思いますよ。
そもそも日本が勝ったのは試合開始早々の一発レッドのおかげと、怪我のロドリゲスが万全でなかったことです。これがなかったら予想とおりの結果になってた可能性は高く、番狂わせで大きく取り上げられるのは無理もなく、これが手の平返しに見えなくもないでしょう。

投稿日時 - 2018-06-22 16:09:03

お礼

回答ありがとうございます。
その通りです。コロンビアのDFの腕がなぜとっさにでたのか?。
そこに勝負の分かれ目があったように感じます。
しかし、それは日本チームが立ち上がりの数分で攻め立ててきた
のが、DFの戸惑いと焦りを誘ったのだと思います。
「精神的な攻め」というのが効力を発揮したのでしょう。
それを実現させたのが、大迫、香川の連携でした。
勝負とはそういうものです。そしてそれがなかったら?というのも
意味がありません。全て起こったことが現実であり、タラレバは
架空の話に成り下がります。そこまで考えなければ勝負の世界で
生きていくことは出来ません。

投稿日時 - 2018-06-22 18:40:30

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.4

「すぐ手のひらを反す、嫌な習性」

「だけど、それがマスコミというもの」

という捕らえ方でいいんじゃない?

投稿日時 - 2018-06-22 19:29:00

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-06-26 08:59:23

ANo.3

まあ、どこにでも皮肉屋はいるものです。それを売りにしている。マスコミってのは程度が低いですね。

投稿日時 - 2018-06-22 18:46:14

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-06-26 09:00:12

ANo.1

発言内容そのものは「そうですね。おっしゃるとおりです」と思いますが、氏は社会学者としてより、炎上芸人として活動しているように見えます。炎上すればするほど広告費か何かでも入ってきて、それで味をしめちゃったんですかね。
なんでもかんでも突っかかって炎上したがっているようにしか見えないですね。

投稿日時 - 2018-06-22 14:24:21

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-06-26 09:01:00

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-