こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

北朝鮮・韓国,北朝鮮・米国首脳会談日本にメリット無

結局,北朝鮮と韓国の首脳会談を経て行われた北朝鮮とアメリカの首脳会談ですが,朝鮮民族にメリットがあっただけで,日本には,一切,メリット無かったですよね‥‥?結局,反日で固まっただけのように感じるのですが‥‥‥‥拉致問題なども無理そうですし,皆様は,どう思われますか‥‥?

投稿日時 - 2018-06-17 16:30:07

QNo.9509272

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(6)

ANo.6

 日本も核武装する以外、ない。

他は、すべて損、完全な非核化なんて、不可能。

投稿日時 - 2018-06-18 02:33:50

お礼

ご回答下さり ありがとうございます m(__)m 。

投稿日時 - 2018-06-28 21:05:40

ANo.5

ここにいろいろな人が似たような質問&回答してますけど・・・

皆さん、本当は判って言ってますよね?
韓国と北朝鮮、あるいは米国と北朝鮮という他国の首脳同士が会談して、なんで日本にメリットがあるかどうかの話になるんですか?

日本が、自国民に対する拉致問題を解決したいと考えるとき、他国の首脳同士の会談でそれが解決するとか考えるのって普通のことですか?
日本国民の拉致問題は、日本と北朝鮮の間で首脳会談なりの交渉をして解決するのが本筋だと思うのですが。

日本は憲法で国際問題の解決に軍事力を使うことを禁じられていますから、それ以外の方法、例えば話し合いとか、日本の得意な経済力を利用した方法を使って解決を目指すしかないでしょう。
米朝首脳会談でトランプ大統領は、北朝鮮と米国の間の問題についてある程度の手ごたえを得たのでしょう。
また、北朝鮮を国際的な会談の場に引きずり出すことにも成功しました。
後は、日本が北朝鮮との間で解決したい問題があるのなら、日本が北朝鮮と首脳会談なりして、軍事力以外の金の力を使っても良いから解決するよう自己努力しろと、そう言うことだと思うのですが。

トランプ大統領が、非核化に必要な資金は韓国と日本が出せと言ったそうです。
米国は、一番得意な軍事力で北朝鮮に言うことを聞かせました。
アメリカがすべて非核化の資金を負担するとすると、日本が口をはさむ余地がなくなってしまうから、日本は一番得意な資金力で北朝鮮に言うことを聞かせたらどうかと、日本にも手段方法を残してくれたのではないかと思います。

投稿日時 - 2018-06-17 21:30:26

お礼

ご回答下さり ありがとうございます m(__)m 。

投稿日時 - 2018-06-28 21:06:43

ANo.4

話し合った内容、調印した内容が100%でてくることはないと思います。
安倍さんが繰り返し依頼した拉致も話題に出したでしょう。

阿部さんを揶揄する声もありますが、
トランプさんの当選前からアメリカに飛んで会談したのは日本だけですよ。

投稿日時 - 2018-06-17 17:46:22

お礼

ご回答下さり ありがとうございます m(__)m 。

投稿日時 - 2018-06-28 21:07:34

ANo.3

トランプ氏は、自分の人気を上げたいための策を、自由奔放に
実施しています。
安倍総理もあきれているでしょう。
トランプ氏が大統領に就任直後に、いち早くご機嫌伺いに行きましたが、
トランプ氏は「日本は金づる」としか思っていないでしょう。

非核化の費用は、日本と韓国などという、勝手なことを言っていますので、
日本は、拉致問題が解決しないとお金を出さなければいい話です。
そうすると、おそらく、北は非核化しないと必死に言いまくるでしょう。
トランプ氏もこまって、北や中国に圧力をかけるかもしれませんが、
北は、「日本、韓国は格下」と思っているので、前には進みません。

非核化できないのは日本の対応にあるなどと言って口実を付け、
結局、非核化は実現しないと思います。

経済制裁が効き始めている今がチャンスですが、既に中国はこれを
緩和する方向です。ロシアも動くでしょう。

トランプ氏の言うとおり、1年後に「私は間違っていました」と
平然と言うかもしれませんね。

投稿日時 - 2018-06-17 17:11:05

お礼

ご回答下さり ありがとうございます m(__)m 。

投稿日時 - 2018-06-28 21:08:22

ANo.2

米国トランプ氏も”金・・・委員長”手の上で”遊ばれてるだけの事忌々しいだけ。
経済支援?韓国&日本&・・・一体スケープゴート何故ならなければいけないの

投稿日時 - 2018-06-17 17:01:44

お礼

ご回答下さり ありがとうございます m(__)m 。

投稿日時 - 2018-06-28 21:09:16

ANo.1

確かに合意内容があいまいで、今後非核化がどのように進むのか具体性に欠ける面がありますが、日本にメリットが一切なかったとまでは言えないと考えます。

逆に、去年の対立の構図がエスカレートし、武力が行使される事態や、そこまではいかないものの一触即発の状態が続いている事態を想定すれば、少なくともそれよりはずっとましです。北朝鮮との交渉ではこれまでに何度も、一たん取り決めた合意が実行されない事態がありましたが、拉致問題の解決などを考えた場合「もう交渉は一切しない」というわけにはいきません。

北朝鮮をめぐっては、アメリカ、ロシア、中国、韓国、日本それぞれ歴史的な立場も民族的な事情も地政学的な利害も皆異なります。日本としては、個別の問題ごとに味方を増やしてできるだけ自らの利益となるように図るほかありません。

これからどのように非核化を具体的に進展させるのか、そのために北朝鮮にどのようなインセンティブを与えるのか(与えないのか)など検討すべきことは山ほどあり、日本の出番も必ずやってきます。

投稿日時 - 2018-06-17 16:59:48

お礼

ご回答下さり ありがとうございます m(__)m 。

投稿日時 - 2018-06-28 21:10:41

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-