こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

CIAは日本を監視対象とそていると思いますが、日本

CIAは日本を監視対象とそていると思いますが、日本は東アジア部に監視されているのでしょうか?それとも日本は太平洋部に監視されていますか?

CIA日本支部は某大学の旧校舎の地下に施設があると言われています。理由はなぜか某大学の旧校舎がいつまで経っても解体されないことと閉鎖されているのに外国人の出入りがあることが理由だそうです。

私はCIAがずっと同じ施設に何十年も拠点を移動させないのはおかしいと思ったのですがどう思いますか?

日本は東アジア部署と太平洋部署のどちらが担当しているのか教えてください。

投稿日時 - 2018-06-05 22:04:49

QNo.9505485

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

CIAと言うよりもアメリカが、と言うことに関して言えば日本でもおおっぴらに諜報活動をしていると思います。諜報活動の実態がどうなっているか具体的には知る由もないですが、組織的にはCIAよりもアメリカ軍に属するNSA(国家安全保障局)がかなり大々的に日本国内で情報収集活動をしていることは公然の秘密です。
アメリカの情報機関にはNSAとCIA(それにアメリカ国内に関してはFBI)があるのですが、CIAは過去の失態などから組織的な信任を失っているところがあり、今はNSAが中心的な役割を果たしていると言われています。例のエドワード・スノーデンがリークした情報の出どころ。
少し突っ込んだ話をするとアメリカにはFISA (Foreign Intelligence Surveillance Act)と言う法律があります。アメリカをテロや安全を脅かす活動から守るために外国人の通信は傍受しても良いと言うもの。この法律に則ってNSAはアメリカ国内だけでなく世界各地で情報収集活動をかなり大規模に行っています。実はこの法律を橋頭堡にしてアメリカ市民に対する情報収集活動もやっている(法律違反ですが)ことも公然に秘密。とりあえず日本の話しなのでこれはとりあえずおいておきますが、在日米軍の三沢基地内にはエシュロンと言う凄まじい能力を持った通信傍受施設があると言われています。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%AD%E3%83%B3
スノーデンのリークによって明らかになったNSAの世界での情報活動プリズムの中核をなす施設でこれも世界中にあるようですが、アメリカは公式には存在を認めていません。エシュロンは日本国内を飛ぶ電波や有線の通信網を流れる信号を片っ端から傍受してそれを解読し蓄積・分析をしてると言われています。また、NSAがドイツのメルケル首相をはじめとして世界の首脳の会話を傍受していたこともスノーデンによってリークされています。
https://www.gizmodo.jp/2013/10/35_nsa.html
CIAに関して言うと、CIAはこのNSAが集めた情報にアクセスするルートを持っているそうです。そしてこれもウィキリークスにリークされたのですが、エシュロンが集めた2チャンネルを飛び交う情報から絵文字を抜き出して絵文字の辞書らしきものが作られていたと言う話もあります。目的がわからず、何かの実験だと言う話もありますが。
https://wikileaks.org/ciav7p1/cms/page_17760284.html
こう言う状況なので、NSA、CIAが日本国内でもかなり大掛かりに情報収集活動をしていることは間違いないです。CIAの役割は主にこうした情報を収集分析することなのですが、対人によるスパイ活動も当然あります。ただ、実態はボーン・アイデンティやジェイムズ・ボンドの様に派手に敵の拠点に侵入して情報を盗んだり戦ったりと言うものではなく(戦ったり過酷な状況から逃げる訓練はあるらしいですが)、いわば営業マンのように情報収集元の人物に接してお金を渡したりしながら情報を買い取ったりと言うものなのだそうです。これを日本でやっているのがバレたとしたらCIAのずいぶんとおそまつな話なのですが、佐藤優氏によれば日本はスパイ防止法すら無いスパイ天国でCIAに関わらず世界の情報局員が暗躍していないと考えるほうが不自然と思います。
ただ、そういったCIAの役割や現在の通信・暗号化技術から言って仮に大学の地下にかつて施設があったと言うのが事実だったとしても、いまだに役割や機能が変わらずあり続ける必要は無いし荒唐無稽と思います。同じ場所からある通信がずっと送受信されていたらばれますよ。
最後のご質問に関してですが、戦後の日本でのCIAのような活動は現在ではNSAに引き継がれているので、その意味では大規模な情報収集の拠点は在日米軍とそれを統括する太平洋軍に属していると考えるのが自然だと思います。

投稿日時 - 2018-06-06 06:25:31

お礼

みなさんありがとうございます

青森県にある傍受システム施設で通信を監視してます。あと日本の官庁のネットワークシステムは国産ではなくアメリカのシスコシステムズの暗号システムが使われていてアメリカ政府は復号に苦労しません。日本の全国民の住まいの移転先も全て日本の住基ネットと同じ内容のシステムが

投稿日時 - 2018-06-06 19:13:41

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.4

太平洋部じゃないですか?

校舎を拠点にしてるというのは眉唾物でありデマっぽいけど。

そんなことしなくても日本ではCIAは逮捕できません。
なぜなら今だに自民党を使い占領下にあるから。

彼らアメリカのスパイは成田や羽田から入ってきません。
横田基地を経由し入ってきます。
それに校舎を利用しなくとも、六本木にある星条旗新聞社がアジトですし、六本木周辺には他の施設や宿泊施設もあるのですから。

それに秘密のアジトを作らなくても、日本にはスパイを捕まえる法律はないのですよ。
そんな法律作れば、CIA様を逮捕しないといけない。
そうしないために法律を作らないのです。
なので日本はスパイ天国と言われる所以です。

安倍政権が共謀罪とかを強行採決しましたが、それは反安倍国民を監視するためです。

CIA工作員の多さと世界で最多の核監査の回数でもアメリカが日本を監視してることがわかります。
その上で重要な政治案件、わかりやすいとこでいうと戦争法案もアメリカの指示のもとでなされてるのですよ。
安倍・自民党は日本人の生命・財産をアメリカに売り渡すために存在してる売国政党ですよ。

投稿日時 - 2018-06-05 22:34:30

ANo.3

>CIAは日本を監視対象とそていると思います

当然、戦勝国は敗戦国を監視しています。
在日米軍が存在する目的は、日本の再軍備(軍国主義)を抑制する為といわれていますしね。
また、戦中戦後は「岸信介」が米国に協力していた事も有名です。
戦後は、自民党・民社党に資金援助を行っています。

>日本は太平洋部に監視されていますか?

東アジア部じゃないですか。
※太平洋部って?
日本国内には、戦後日本支局が存在します。
日本支局では、反ソ連・反鳩山(ポンコツ鳩山由紀夫元首相の父親)活動で「日本の共産化を防止」したようです。
※戦後は、共産主義・社会主義活動家が活発に活動中。

>CIA日本支部は某大学の旧校舎の地下に施設があると言われています

根拠の無い都市伝説ですね。
旧い校舎が残っていて解体しないのは、費用の問題です。
左派系勢力が強い京都大学でも、幽霊屋敷と揶揄されている旧い校舎が多く残っていますよ。

>日本は東アジア部署と太平洋部署のどちらが担当しているのか教えてください。

ですから、太平洋部って?

投稿日時 - 2018-06-05 22:28:33

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-