こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

高速バスは蟻みたいなもんですか

最近は特急と高速バスが鍔迫り合いを繰り広げている
路線も多いと聞きます。調べてみると高速バストップの
ウィラートラベルで売上数百億円規模、一方JR各社は
数兆円の規模です。

正直鯨とメダカのようです。その気になれば軽く買収してしまう
くらいの違いですよね。どうして競合してるのでしょうか。
それとも小さな地場の会社が多く存在してるんでしょうか。

投稿日時 - 2018-06-03 00:07:24

QNo.9504538

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

どうして競合しているのか
JRも国鉄の時代からバスはありました。
市内路線などには参入しませんから 郊外の路線です。
つまり長距離バスですね。
私も中学から国鉄バスで1時間の通学をしていました。
民営バスは 国鉄路線が幹線路線とすると 支線というか 
国鉄が本州を縦断する路線に力を入れて 横断するほうは不便という場合
広島から島根という路線などに長距離バスを運行していました。

そんな時代から高速道路が張り巡らされて 鉄道と駅という巨大資本を投下しなくても営業できる形として 民営の長距離バスが生まれた。
鉄道というインフラに替わるものを 税金を使って 高速道路を作った。
それにより バス車両という小資本だけで営業できることになったのです。

投下資本が少なければ 安価で商売できるということです。
それでJRと競合できるのです。

投稿日時 - 2018-06-03 12:55:51

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.2

確かに路線バス自由化で、競合が多くなったかも知れません。
でも鯨だけだと、鯨は絶滅してしまいますよ。メダカあっての鯨です。

投稿日時 - 2018-06-03 09:56:42

その高速バスのおかげで、JR各社は急行列車の廃止や、寝台列車の廃止に追い込まれてますね。
JRの半額以下で移動できると言うコスト面で優位に立ちました。
移動時間と定時制、安全面では鉄道が圧勝なのですが、価格面で高速バスに敗れてるの明白ですよね?

バス会社は、人件費と車両の維持管理費、車庫や営業所・本社等の維持管理費で済みますが、鉄道会社はその数が膨大になるだけでなく、線路や架線、信号システムなどの維持管理にも費用が掛かるので、売上が多くても経費支出が多くなり、『利益』に影響する

投稿日時 - 2018-06-03 00:42:00

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-