こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

今は空母の時代ではない?

今は空母の時代ではない?

日本は空母というか海軍を強化して空軍に負けた。

それなのに空母に力を入れようとしている。中国も空母作りに躍起だ。

もう海軍強化で敗戦した第二次世界大戦の記憶が軍部にはないのか?

アメリカは空中空母を開発している。

要するに航空機が空中給油して長距離を繋いで行く空中リレー方式の戦闘方法でアメリカはグレムリン計画と言っている。

日本も中国もなぜ空中輸送ではなく海上輸送という負け戦になるのが分かっている時代遅れの戦術を優先するのでしょうか?

戦艦大和ですら沈没したのに。ミサイルの時代に空母?

沈没されたら無駄金になるだけでは?

投稿日時 - 2018-05-28 21:29:20

QNo.9502939

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 湾岸戦争からリビア戦争までは空母を使って往復爆撃を繰り返していましたが、今では米国もロシアも巡航ミサイルで空爆する方式に変えています。命中精度が上がったので、巡航ミサイルを使った方が効率が良いからでしょうね。

 日本は巡航ミサイルが保有出来ないので空母という選択しか無いと考えている人達がいるのでしょうが、空母は守らなければならない艦船で、守る能力がない状況では、あっという間に沈められて終わりでしょうね。役に立たない物ばかり持ちたがる馬鹿が治っていない証拠でしょう。

 その一方で潜水艦にSLBM(潜水艦発射ミサイル)が搭載されていないでしょう。時代錯誤も良いところです。第二次世界大戦の考え方を今も引き摺っているので、周辺国からの笑い者になっているのが実態なのです。

 今のように、巡航ミサイルやロボット兵器のような精密誘導兵器で攻撃する時代に、前近代的な武器しか保有していない日本が対応出来るわけがないわけで、空母を持ったとしても、戦艦大和のように何も守れずに終わるだけでしょうね。

投稿日時 - 2018-05-28 22:23:51

お礼

みなさん有難う御座います

投稿日時 - 2018-05-29 17:39:03

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(10)

ANo.10

戦争で、いきなりミサイルでやりあうことは皆無です。
空母1隻=ちょっとした空軍基地を持つようなものなので、初動・局所的な攻撃には有効ですし、抑止としても意味があります。

投稿日時 - 2018-05-29 09:08:18

ANo.9

空中給油だけの燃料補給だけでは、戦いは継続できないでしょう?ミサイル、弾薬、爆弾の補給はどうするの?
現代では、空を制する必要があるが武器兵装が補給できない戦闘機じゃ始まらんでしょう。無人で小型の爆撃機、戦闘機を大量に乗せた小型の空母ならありと思うけどね。(グレムリン計画って違うよ、https://wired.jp/2016/04/15/tiny-drones-swarm-motherships/

戦艦大和は護衛する艦がなかったし、大鑑巨砲の時代はすでに終わっていたから。大和や武蔵はムダ金だったといえるかもしれない。

遠くの他国を攻める為には、浮かぶ航空基地である大型空母は必要でしょう。故に中国は他国を攻めることができるよアピールがしたいということでしょう。(中国はまともな空母がないから、南シナ海の西沙諸島で基地化しているのでしょう。そりゃ空母が欲しいでしょう。アメリカに対抗するには空母が必要ってこと)

アメリカは沈没されたら無駄金にならないように、空母の周りを護衛するため駆逐艦で囲み、早期警戒機を飛ばし、さらにその周りを潜水艦で警戒。

 

投稿日時 - 2018-05-29 08:51:17

ANo.8

こんにちは。

日本は、昭和17年のミッドウェー海戦で主力空母4隻を撃沈されてから機動力を失ない敗戦が濃厚になったようです。

既に、ミッドウェー海戦があった太平洋戦争の時には戦艦による海戦の時代ではなくなってましたが、近年でも中東湾岸戦争のように米軍の空母が活躍してますから敵地の近くに戦闘機を載せて乗り込める空母の機動力は必要と思います。

投稿日時 - 2018-05-29 02:30:03

ANo.7

どうでしょうね?

地球の裏側まで行くのに、空中給油機(もしくはドローン空中母艦)随伴させて行けば確かに可能ですが、「24時間のうちに何回攻撃できる?」ってな話になると、燃料以外にミサイルや爆弾も補充しなければなりませんし、そうなると空母っていう選択肢が一番現実かなとは思います。まあ、この当たりは物量戦にすると、時間差で攻撃できるので解決するでしょうが、日本の場合、その物量戦もできませんから火薬庫としても機能する船は何かと持っておきたい心情があるのでしょうね。

他、今でも一部を除く戦車などの重量ある兵器は、どの国でも海上輸送しか手段がないのですので、護衛諸々その観点でも海の兵力を高めたいと思う海自のお上はいるかもしれませんね。(ほとんど海自のロマンとも思ったりしますけども・・・)まあ、あと50年もすれば、機械VS機械、3Dプリンタで現地で兵器作るような時代になってくるでしょうから、どんどんミニマム化、高速移動型になっていくとは思われるので、たしかに今の海上兵器は時代遅れと言えばそうなりますか・・・ね?

投稿日時 - 2018-05-28 23:11:45

ANo.6

今は空母の時代ではない?
これから先はUFOの時代だ。

投稿日時 - 2018-05-28 22:26:44

必要だから

投稿日時 - 2018-05-28 22:15:20

ANo.3

空中給油と言いますが、戦闘機に給油する、その航空機は、空母から発艦するのではないですか?。だからこそ、米海軍も、有事が起こりそうな地域に、空母を派遣しているだと思います。また、ミサイルは脅威ですが、空母は単独で行動しているのではなく、必ず、対ミサイルに優れた何隻かの艦艇を随伴しているので、ミサイル攻撃に対しても、十分な防御力があると思います。

投稿日時 - 2018-05-28 22:00:58

ANo.2

i-q

中国の場合は見栄が重要なのでは、中国自国内の色々な派閥に対してなど?
(戦力<見栄)

日本は予算と空中給油自体が、空中でかなりの燃料を
無駄にしてるそうなので、リレー方式だと
石油を輸入に頼る日本では、真似しづらいのではと思いますm(__)m

投稿日時 - 2018-05-28 21:59:53

ANo.1

はいはい、そうですか。
では、その話の根拠は何処にありますか?

投稿日時 - 2018-05-28 21:42:40

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-