こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

ミクロメーターの計算の仕方

2、3、の考え方がわかりません。
細かく教えていただきたいです!

投稿日時 - 2018-05-14 18:09:19

QNo.9498414

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

先ず、(1)では(ア)を選択したかと思いますが、『ミクロメーターa』は『対物ミクロメーター』と呼ばれ、『ミクロメーターb』は『接眼ミクロメーター』と呼ばれます。
そして、『ミクロメーターb(接眼ミクロメーター)』は、接眼レンズの中に入れるものなので、倍率を変えても常に同じ大きさに見えます。

(2)
『ミクロメーターa』の1目盛りは、1/100(mm)=10(μm)
図から、『ミクロメーターa』の5×3=15目盛り分と、『ミクロメーターb』の52-32=20目盛り分が等しいので、『ミクロメーターb』の1目盛りは、10×15÷20=7.5(μm)
この生物の卵細胞の直径は、対物レンズの倍率を変えた後の『ミクロメーターb』の1目盛りの長さが7.5x(μm)になり、この38目盛り分であるから、答えは7.5x×38=285x(μm)になります。
なお、『ミクロメーター』で検索すると、色々な動画などが出てきますが、計算式の順序が誤っているので、敢えて添付しませんでした。
因みに、この問題では、「『ミクロメーターb』の1目盛りは、10×15÷20=7.5(μm)」とするのが正しく、これを「『ミクロメーターb』の1目盛りは、15×10÷20=7.5(μm)」とすると、計算式の順序は誤りです。

(3)
『ミクロメーターb』が、倍率を変えても常に同じ大きさに見えることから、例えばx=2とすると、倍率を変える前に10目盛り分の長さに見えたものが、倍率を変えると5目盛り分の長さにしか見えなくなる、つまり5/10=1/2倍に見えることになります。
よって、答えは1/x倍になります。
ただし、問題文中に「何倍にしたと推測できるか」とあり、断定できないようなニュアンスであることが気になります。

投稿日時 - 2018-05-15 21:01:48

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-