こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

大好きな先輩が後輩にとられそう

こんばんわ。前回は質問に答えていただきありがとうございました。

今夏は、私が大好きな先輩と仲が良い後輩に大好きな先輩を取られそうについてです。

大好きな先輩
・女
・三年生
・後輩とは小学校からの付き合い。
・後輩が入部する前から、周りの人に後輩を自慢していた。

後輩
・女
・一年生
・大好きな先輩と仲が良い


私は、とある先輩のことが大好きです。最近、大好きな先輩と仲良くなりはじめました。
今日、新入部員の楽器が決まりました。
大好きな先輩のパートには、先輩と仲が良い後輩が入ることになりました。
その後輩に先輩はもの凄くデレデレです。

私は、先輩を後輩にとられると思うと胸が苦しくなって、寂しくて悲しいです。
私のことなんか、名前すら呼んでくれなくなるのでは、話しかけてもらえなくなるのでは。不安でいっぱいです。
どうすれば、先輩が取られて悲しい。辛い。という感情を消せますか?また、後輩を僻まずにすみますか?
後輩、もの凄く良い子なんですよ。礼儀正しくて、優しくて・・・。

もう嫌です.。先輩を取られたくないです。先輩の一番の後輩になりたいです。
気持ち悪いですよね。こんな後輩。

長文&乱文失礼しました。
.

投稿日時 - 2018-05-10 21:53:01

QNo.9497160

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

貴方目線では取られそう、だけれど。
貴方以外の人たち(先輩や後輩)は・・・
別にお互いの存在を取り合いたい!
お互い「だけ」を差別化して、
お互いを特別同士として括り合いたい!
そんな欲や気負いは無い。
とてもシンプルな波長を分かち合えている。
だから二人の関係はちょっと特別。
貴方には個別のテーマ性がある。
⇒先輩の「一番」になる事。
その分、
対先輩との距離感を競ってしまう。
誰も争いなんてしていないんだけど。
貴方は個人的に競っている。
いかに先輩の身近(一番呼べる位置)、
そこに自分を置いておける(置いて貰える)か?
貴方はそれを必死に考えている。
その結果、
先輩と個人的に仲が良い、
後輩と先輩を結ぶ親しさの距離感が気になってしまう。
貴方は先輩に対して、
個人的な親しさを有している。
その親しさには優劣は存在しない。
しないんだけれど・・・
「一番」になりたいというテーマがある分、
貴方は本来比べるものでさえない、
個人的な親しささえ他者と競ってしまう。
必死に競っている時点で、既に負けている。
理由は、
必死さが無い同士の方が波長が合うから。
貴方は片思い&必死さを掲げる側。
その時点で、
先輩との優しい波長って生まれない。
どうしても貴方の方が力感が強くなり、
他者より「も」仲良くなる事にこだわってしまうから。
先輩もその後輩も、
別にお互いだけで満たし合おうなんて思っていない。
お互いに大切な存在だけれど、
それは誰よりも~とか、誰以上~とか、
そういう秤では捉え合っていない。
あくまでこの親しさはこの親しさ。
対貴方に感じる親しさはまた別(それはそれ)
比べるものじゃない。
そう考えている。
先輩も後輩もね?
だからこそ、
二人が分かち合う波長はとても優しい。
デレデレしているように見えても、
決して排他的では無い。
貴方は、
先輩の事が「大」好きなんだよ。
ただの好きじゃない。
適量オーバーのはみ出しまくった多量の好き。
その分、
余計な事を沢山考えてしまう。
例えば後輩と自分を競争相手として括り、
対先輩への距離感問題で重く扱ってしまう。
大好きの「大」がある分、
他者との比較や排他性(自分が一番に!)
それが強くなるあまり、
先輩との間に本来なら存在する筈の、
優しくて穏やかな親しさを感じられずにいる。
勝手に悩み、
勝手に取られそうだと騒ぎ・・・
少し幼いよね?
そう言われてハッとする貴方がいるのか?
こうして書き込んでみたからこそ、
落ち着いて目の前の世界に向き合い直してみる事。
誰も貴方を悩ませてはいない。
誰も貴方を排除しようとはしていない。
誰も貴方を比較級で捉えて、
貴方よりも上か下かなんて考えていない。
ゆっくりと深呼吸を。
貴方は貴方として、
好きな先輩と分かち合う親しさを大切に。
貴方と先輩の間でしか成り立たない世界もある。
でも、
貴方が好きになる位なんだから、
後輩が先輩を好きになっても全然おかしくない。
後輩は後輩なりに、
自分の歴史や距離感を活かしながら、
これからも先輩と仲良くしていくつもり。
その目線、眼中の中に貴方はいない。
別に貴方と争っている訳じゃないから。
後輩は、
先輩の「一番」の席なんて望んでいない。
そんな言葉のアヤに囚われるよりも、
実際にお互いが心地良く分かち合える事。
その方が遥かに大事だと思っているから。
誰かよりも先んじるとか、
誰かよりも勝る事に囚われてはいない。
その身軽さでありシンプルさが、
実際に先輩と絡んだ時の柔らかさでもあり、
自然な笑顔や波長の理由でもある。
その部分が貴方との一番の違いでもある。
心配しなくても、
貴方の場所(貴方と分かち合ってきた親しさ)、
それは無くなる事は無いよ。
上書きするものでは無いんだから。
それを信じて、
貴方は貴方のペースで、
貴方は貴方として先輩との仲を大切に。
改めて、
優しい気持ちで向き合い直せる心のゆとりを。
成熟しながら先輩を慕っていけるように。
忘れずにね☆

投稿日時 - 2018-05-11 17:43:03

ANo.2

気持ち悪い。
もうとられてるんじゃない?
元々あなたのものじゃないけど。

投稿日時 - 2018-05-11 15:35:24

ANo.1

>先輩の一番の後輩になりたいです。

すでに立ち位置が違うかも。
貴方が一番の後輩を目指している間に、後輩は恋人への階段を登っている。
(かもしれない)

>先輩を取られそう
元から先輩は貴方のものではなく、後輩のものだったのでは?

>・後輩が入部する前から、周りの人に後輩を自慢していた。
とあるし。

若い子の恋は応援したい。
けど、世の恋は叶わない数のほうが多い。
諦めの心が必要かもしれない。
覚悟はしておくことです。

投稿日時 - 2018-05-11 09:20:04

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-