こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

ムンジェインはハメルンの笛吹き男?

先日の金正恩の非核宣言は、日本人から見ると怪しいとしか思えません。
アメリカと北朝鮮との話し合いまでは何も本格的には決まらないのに、韓国ではもうすでに平和になったかのような雰囲気をかもしだそうとしています。
その先の南北統一という事まで決まったかのようなはしゃぎよう。

ムンジェインの行動は日米から見ると、スト破り、裏切り者に近いです。
まるで金正恩に歩調を合わせて世界をだまそうとしているように見えます。
それでも韓国の人々はうっとりと酔ったようになって文バンザイと讃えています。
でもその行く先はどうなんですか?統一は本当にバラ色なんですか?

私は韓国籍の友人が居るのでとても心配です。
ムンジェインは嘘っぽい笑顔で平和統一の笛を吹き、国民を踊らせ、暗い森に連れて行こうとしているのではないですか?

投稿日時 - 2018-05-08 19:02:27

QNo.9496463

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

元々ムンジェイン氏は、反日的というかあまり日本はお好きではない政治家でした。それは昨日今日に始まった話ではなく、政治家としてのキャリアが始まったときからそんな感じでした。またご両親が北朝鮮出身というせいもあって親北朝鮮であるのも昨日今日の話ではありません。
ですからムン政権が発足した時点で対日関係の改善は求められないだろうなという感じでしたし、実際に就任後の彼の一連の発言と行動は我々からすれば反日的に映るものでありました。

ただ、ここにきての南北デタントの流れの中で、先日韓国民が釜山だかどこかで反日の労働者像を設置しようとしたのを警官隊が阻止したニュースを見ておっ?となりました。以前の反日的な態度だったらああやって力づくでも阻止するということはしなかっただろうからです(実際あの頃は慰安婦像設置を止めようともしなかった)。
この先のことを考えたら、いくら南北朝鮮が接近しようと対日関係が悪いままでは良くないと政治的判断をしているのではないかと思われます。

また朝鮮戦争の完全終戦を模索する流れの中で、中国の王毅外相が来日しました。王毅外相は駐日大使の経験もあり、通訳なしで要人と会話するくらい日本語が堪能なんですよ。つまり王毅外相は潜在的には親日の立場であると考えるべきなのです。
その王毅外相は訪日した際に、日中両首脳の相互訪問を提案しました。つまり冷え切っていた日中関係にも改善の兆しが出てきたということです。朝鮮半島の非核化を目指すなら、日米中韓の関係が円滑なほうがいいに決まっているからです。

なんてこたない、結局そのほうが日本にとってもいい方向になっているということです。もし質問者さんが北朝鮮あるいは中国との戦争を心底願っているなら質問者さんにとっては悪い方向でしょうけどね。

投稿日時 - 2018-05-08 20:09:02

補足

ありがとうございます。
長々と書いていただきましたが、要点がよくわかりません。
>その行く先はどうなんですか?統一は本当にバラ色なんですか?
に対する答えはどうなんでしょう?

投稿日時 - 2018-05-13 01:29:16

お礼

あれから一ヶ月とたたないうちに情勢が変わって、笛吹き男どころかただのピエロになってしまいましたね。

ありがとうございました

投稿日時 - 2018-05-23 12:32:53

ANo.2

ノーベル賞選考委員会が 平和賞をこんな連中を候補に入れてるとか言うニュースが出てきたときは こいつらアホになってしまったのかという衝撃を受けた。
彼らの目的は 裏側で動くお金の話。
歴代大統領の退位後を見ればわかることだと思います。
同じ道をたどっているだけ。

投稿日時 - 2018-05-08 19:41:59

お礼

ありがとうございました。
あれからまた情勢が変わって、ほんとのアホでしたね。

投稿日時 - 2018-05-23 12:31:39

ANo.1

ハメルンの笛吹き男は、連れて行ったまま帰ってこない話です

まぁ帰ってこないほうが良いけど・・・

ので、ニンジンかマタタビ程度だと思いますよ

投稿日時 - 2018-05-08 19:24:07

お礼

>連れて行ったまま帰ってこない
そう思うのです。
行き先がどうなるかもわからない暗い未来へ連れて行こうとしているのではないかと。

ありがとうございました

投稿日時 - 2018-05-13 01:20:18

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-