こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

新幹線チケットの使用期間

新幹線のチケット(東京、大阪間往復)を持っているとして、東京から大阪へ行った後、京都まで行き京都で2泊してから持っていた帰りの新幹線のチケットで戻ってくることはできますか?

投稿日時 - 2018-04-11 17:19:39

QNo.9487459

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>新幹線のチケット(東京、大阪間往復)
どの様な券種を購入されたのかは存じませんが、新幹線を利用するには二種類の方法があります。

1.新幹線回数券を利用する方法(格安チケットも新幹線回数券です)
2.みどりの窓口で購入する方法(乗車券と新幹線特急券 若しくは 乗車券と新幹線特急券が1枚になったもの)
このどちらかになると思います。しかし、1と2では使用方法が全く違います。

1を購入されたのであれば、次の内容になります。
・指定席回数券であれば、乗車前に「みどりの窓口」にて座席の指定を受けてから改札を通る。
・自由席回数券であれば、そのまま改札を通っても良い。
・どちらも途中下車は無効であり、途中下車をしたら切符は戻ってこない。
・繁忙期になると使えない(3月21日~4月5日、4月28日~5月6日、7月21日~8月31日、12月25日~1月10日)

2を購入されたのであれば、次の内容になります。
・乗車券は券面の利用開始日から4日間使用可能。途中下車も可能。
・乗車券を往復で購入されたのであれば、8日間使用可能。(行きで7日、帰りで1日でもOK)
・新幹線特急券は途中下車無効であり、改札を出てしまうと新幹線特急券のみ戻ってこない(乗車券は手元に戻る)。

ざっと、こんな感じで覚えて頂ければと思います。
今回、大阪まで行き、京都で2泊と仰っておりますが、
1を購入されたのであれば
・東京(都内)から大阪(市内)までは購入した回数券で行ける
・大阪から京都へ行くには回数券は使えないので、現金で京都へ行く(在来線なら560円、新幹線なら1,420円)
 ※大阪駅を出発地としているので、別の場所なら乗車券代が変わります。
・京都から東京(都内)までは購入した回数券で戻れる

2を購入されたのであれば
・東京(都内)から大阪(市内)までは購入した乗車券と特急券で行ける
・大阪から京都へ行くには、帰りの乗車券を使用して京都駅で途中下車。新幹線を利用するならば、別途新幹線特定自由席特急券(860円)が必要)。
 ※新大阪から東京の特急券を利用しても、京都駅で回収されてしまう
・京都駅から再乗車して新幹線で東京(都内)へ帰る(京都から東京の新幹線特急券が必要)
 ※新大阪から東京の新幹線特急券を購入してしまったのであれば、京都から東京に乗車変更して貰うと良い。手数料無しで変更できる

質問の仕方から推測すると、どうやら回数券を購入されたのではないかと思います。
しかし、状況によっては回数券は使い辛い場合もありますので注意が必要です。
尚、今回のケースを通常料金で当てはめてみると次の様になります。

乗車券:
・東京(都区内)~大阪(市内)
  8,750円×2=17,500円
・東京(都区内)~垂水 ※兵庫県の垂水駅まで乗車券を購入すると、往復割引が適用されるので1割引になる)
  9,610円×2の1割引=17,300円(ジュース1本分得)
新幹線特急券:※自由席を想定しています。指定席にすると、1枚辺り400円~900円程度高くなります。
・東京~新大阪・京都(新大阪・京都も同額です)。新大阪から京都の特急券は含んでいません
  4,870円×2=9,740円

目的地が大阪駅周辺なら垂水駅までの乗車券パターン(27,040円)、USJ等で大阪駅から南下されるのであれば大阪(市内)の乗車券パターン(27,070円)を購入される事になると思います。
恐らく、金券ショップで購入されたチケットの方が安くなるかとは思いますが、参考程度に留めておいてください。

余談ですが、「実は、出発地は東京都区内ではありません!」と仰るのであれば、金券ショップで購入する方が返って高くつく事があります。更に、オプションで「別の特急に乗ります!」と仰ると、新幹線乗継割引が適用できたりするので、金券ショップで購入すると大損したりします。

投稿日時 - 2018-04-12 00:47:51

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.3

書かれている「新幹線チケット」の種類によります。

「乗車券」のことであれば、帰りの乗車券で京都途中下車は可能です。

新幹線「特急券」のことであれば、京都で下車した時点で無効になります(回収されます)。京都からの特急券のみ買い直さないといけません。

新幹線の「回数券」(金券ショップでのバラ売り含む)の場合も、京都で下車した時点で無効になります(回収されます)。

「特急券」あるいは「回数券」をお持ちなのであれば、帰りの大阪→京都間ではその切符を使わないで(新幹線は使わないで在来線に乗車)、京都から使用すれば大丈夫です。

投稿日時 - 2018-04-11 17:45:35

ANo.2

新幹線に乗車する際に必要なのは「乗車券」と「特急券(新幹線特急券)」です。

「乗車券」については、東京~大阪間だと400~600kmの範囲内になるので、片道4日。往復乗車券として購入した場合はその倍の8日が有効期限となります。
「特急券」は途中下車の概念はなく、また基本的には指定日有効になります。
「途中下車」は有効期限内であれば後戻りしない限り改札を出入りできることをいいます。


東京駅で「東京~大阪の往復乗車券(厳密には都区内~大阪市内)」と「ゆきの特急券」を購入し、東京→大阪へ移動。ここで「ゆきの乗車券」と「ゆきの特急券」が回収されます。

次に、「大阪→東京の乗車券(かえりの乗車券)」を使い、大阪→京都へ移動。
今は自動改札で途中下車を判定してくれるはずですが、念のため有人改札口で途中下車したい旨を伝えて改札を出てください(自動改札でOKなら自動改札を出てと言われます)。このとき大阪~京都を新幹線で移動するときは、大阪~京都間の特急券が必要になります(大阪→東京の特急券では「回収だけされる」ことになります、もし購入してしまっているならば、京都駅で下車したときに有人改札へ行って特急券の「行き先変更」して差額を返金してもらってください)。

最後に2日後、京都駅で「京都→東京」の特急券を購入して、京都から東京へ「途中下車したかえりの乗車券」と「京都→東京の特急券」で入場し、あとは京都→東京に移動して終わりです。

ぷらっとこだまとかの企画券でなければ上記のように「東京から大阪に行って、大阪から京都に移動して、2日京都に滞在してから東京に帰る」ことができます。
最初に全部購入しておくならば「東京~大阪の往復乗車券」「東京→大阪間の新幹線特急券(ゆきの日付指定)」「京都→東京間の新幹線特急券(京都を出発する日指定)」です。大阪から京都間を新幹線なりで移動するつもりならその区間の特急券も購入しておくべきです。

投稿日時 - 2018-04-11 17:39:38

ANo.1

 
東京-新大阪の営業キロは552.6km、この場合の切符の有効期間は4日ですから2泊しても有効です
 

投稿日時 - 2018-04-11 17:34:13

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-