こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

往復の問題

A~Eの5チームが往復の駅伝競歩を行った。往路の順位は、A、B、C、D、Eの順であり、前の順位との時間差は順不同で2分、3分、4分、5分であった。復路は往路の順位と時間差に従ってスタートするが、トップと10分以上の差があるチームは、繰り上げスタートとしてトップから10分経過した時点でスタートとなる。復路について、以下のことがわかっている。

ア Aは1チームに抜かれ、どのチームも追い越さなかった。
イ Bは2チームに抜かれ、どのチームも追い越さなかった。ただし、抜かれたチームにDは含まれない。
ウ BとDは同時にゴールインした。
エ 復路はEが最初にゴールインした。

以下のことから、正しく言えるのは次のうちどれか。なお、同時にゴールインしたのはBとDだけで、他の3チームは他のチームと1分以上の差がついた。また、条件ア、イの「抜かれ」「追い越され」は、復路全体のゴール順についてのもので、往復の合計タイムについてのものではない。

1.BとDの往復の合計タイムは同じである。
2.往復の合計タイムでEが最も速くなるためには、EはAより10分以上早くゴールする必要がある。
3.復路で繰り上げスタートとなるチームは必ず1チームである。
4.Eが往復の合計タイムで最下位になることがある。
5.BとDの合計タイムが同じならば、DとEの合計タイムも同じである。

復路が、E A C B=Dはわかるのですが
その後がどう考えたらいいのかわかりません。
わかりやすく誰か教えてください!

投稿日時 - 2018-04-06 18:43:14

QNo.9485746

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

自信はありませんが、、
1.BとDの往復の合計タイムは同じである。
× 復路の途中で繰上げスタートがあった場合、合計タイムは同じにならない場合がある。

2.往復の合計タイムでEが最も速くなるためには、EはAより10分以上早くゴールする必要がある。
× Eは往路でAから14分遅れているので、復路はAから10分遅れてスタート。復路でAより5分早くゴールすれば、Eが最も早くなる可能性がある。

3.復路で繰り上げスタートとなるチームは必ず1チームである。
× トップから10分はなれれば繰り上げスタートになる可能性がある。

4.Eが往復の合計タイムで最下位になることがある。
〇 復路の途中で再度繰り上げスタートをすれば、あり得る。

5.BとDの合計タイムが同じならば、DとEの合計タイムも同じである。
× DとEの関係は不明なので、同じ出ない場合もある

投稿日時 - 2018-04-07 03:11:36

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-