こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

損害保険代理店について。社労士として開業中です。

社労士として開業中の者です。
社労士として仕事をしていると労災案件の対応をすることがよくあります。
例えば業務災害で労災がおりたとしても政府からは最低限の保障しかなく、
保障が充分であるとは到底言えません。
そこで使用者賠償責任保険と労災保険の二段構えで対応すべきとお客さまへ提案を
したいと考えております。
但し、メインは社労士業である為【オプション商品】のようなイメージで使用者賠償責任保険の提案をしていきたいので、火災保険、自動車保険等の取扱までは手が回りません。
損害保険代理店になると胴元よりノルマが課されると聞きました。上記の通り、使用者賠償責任保険を【オプション商品】として検討している為、恐らく課されるノルマを達成することが難しいと思います。

・私の考え方では損害保険代理店になることは難しいでしょうか?
・損害保険代理店にならずに、他の代理店を紹介すべきでしょうか?

その他何か良い方法があれば教えていただきたいです。

投稿日時 - 2018-03-24 21:30:17

QNo.9481359

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.4

保険会社、代理店どちらにも勤務したことがありますが、少なくとも国内大手損保では上乗せ労災だけを取り扱う代理店になることはできません。

年間の保険料収入が一定に満たない小さな代理店を何年もかけて廃止してきたのですから、ある程度の収入が見込めなければ代理店にはなれません。

通常は何年か保険会社に研修生として勤務し、顧客をつけ、保険料収入が見込めるようにならなければ代理店になることができません。

ちゃんとした法人向けの代理店と提携する方が顧客にもプラスになると思います。

蛇足かもですが、会社の災害補償規則に上乗せ補償を定めている場合は使用者賠をつけていても、上乗せ補償分が免責金額となりますよ。

投稿日時 - 2018-04-22 02:49:10

ANo.3

それぞれの保険会社によって違いはあると思いますが、使用者賠償責任保険というのは保険詐欺に使われやすい保険なので、代理店とグルになって悪いことをされるのは保険会社も絶対に避けなければならないのでそう新参の代理店でポンポン取り扱えないと思います。加入に当たっても、加入先に相応の審査は入ります。また火災保険などの他の商品の実績がない相手には売れないなどの社内基準を持っている会社も当然あると思います。

保険代理店にノルマがあるのは、当然のことだと思います。あまりいわれないとしたら、保険会社側が頭を下げて代理店になってくださいと頼むパターンでしょうね。例えば、自動車のディーラーとかですね。見込み客が大きいから、その割に成績が悪くてもあまり文句はないと思います。

質問者さんが基本的に間違っておられる点が一つありまして、それは保険金を払いたがる保険会社が存在すると思っておられることです。
保険会社は、保険金を払いたいなんてこれっぽっちも思っていません。保険料だけは頂いて、保険金は払いたくない。これが保険会社の本音です。だから保険金の請求がくると約款をひっくり返して保険金を払わないで済む条項がないかどうか調べて、どうやら保険金を払わないといけないとなったら渋々払うのです。

使用者賠償責任保険への保険会社の本音は「商売だから取り扱っているけれど、本来は労務中に事故が起きないように最善の努力をする義務はその会社にある。事故を起こしている時点であほ。保険をアテにするのはもっとあほ」です。
使用者賠償責任保険の約款を見ればよく分かりますよ。いかにも事故をよく起こしそうな、逆にいうと一番その保険が必要な業種は片っ端から除外されていますから。

代理店紹介が基本路線になりますが、しかし前述したように保険会社もポンポン売る商品ではないので、火災保険などで加入実績がないと紹介できないですっていわれることは多々あると思います。事務職だったら入りやすいと思いますが、事務職系でそういうトラブルが起きることは滅多にないと思います。現場や工場系となったら途端に厳しくなるでしょうし、工場の場合はきちんと安全対策がとられているか保険会社の担当者がチェックしに来ることも十分考えられると思います。そういうときはきちんと整理整頓されているかとか、トイレが綺麗なのかとか隅々まで見られると思います。

投稿日時 - 2018-03-26 18:05:22

ANo.2

代理店でファイナンシャルプランナーをしております。
企業と従業員のための素晴らしいお考えをお持ちで感銘を受けました。

我々も本業として、損保を取り扱っておりますが、我々でも事務手続きに時間がかかっている現状がございます。

ノルマを達成しなければ、ランクの維持が厳しくなるので達成させるため時間を費やす結果となり、メインの社労士業も困難となり本末転倒ではないでしょうか?

代理店になる事は難しい事ではないのですが、パートさんなどを雇って時間を確保する事も対策としてあげられるかと思います。もちろん、不備がないかなど教育にも時間がかかってしまいます。

私は士業の方とパートナーシップを組み、専門家が専門をやる、餅は餅屋という考えで活動しておりますので、任せて本業に専念された方が、ストレスもなく働けるのではないかと思います。

その他の方法としては、システムや環境の整っている副業OKの代理店に在籍して名目上の本業を代理店、副業を社労士とする方法で、訪問型の代理店であればノルマを気にする必要もありませんし、自分で時間の使い方は決められます。

ご参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2018-03-25 01:18:13

ANo.1

FP事務所で生保代理店登録をし、最近まで損害保険の代理店も考えていましたが、現在は手を引き他の代理店を紹介するようにしております。


>>私の考え方では損害保険代理店になることは難しいでしょうか?

損害保険の代理店資格はノルマ達成が出来るのであれば一旦はなることは可能です。
ただ、代理店になる際に達成するための計画の提示が必要なこと、達成が出来ない事がわかると直ぐに代理店を外されること(某損保営業の方から伺いました)を考えるとなかなか難しいのではないかと思います。


>>損害保険代理店にならずに、他の代理店を紹介すべきでしょうか?

限定された商品のみをご提案したいのであれば、他の代理店を紹介する方がノルマを気にせずに済みますので、より顧客に対して無理の無い提案ができるのではないかと思います。


>>その他何か良い方法があれば教えていただきたいです。

これが最善とは言えませんが、事例として聞いた話です。
とある会計事務所さんが顧客が求めるニーズに応える目的で、元々会計事務所の社員だった人間を一旦乗合代理店の社員とし、会計士業務は事務所の方が、保険に関しては代理店の方が行うという形式をとっているのを聞きました。

あくまで、人的リソースに余力があること、また保険代理店勤務をさせる方との同意があって出来るやり方なので難しいかもしれませんが、事例として参考にして頂ければと思います。

投稿日時 - 2018-03-25 00:58:34

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-