こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本民族は何故、清潔好きなんですか?

若い頃からバックパッカーとして、アフリカとユーラシア諸国の多くの国を見て来ました。その結果、清潔さとモノがきれいに整っているのはヨーロッパと日本だけであることが分かりました。ヨーロッパでも南欧は例外とも言えます。スイス人やドイツ人は本当に清潔好きで、工事車両のミキサー車のようなものでも、いつ見てもきれいに清掃されています。知り合いの白人の家の中は禅寺のようにキレイに清掃と整頓がされています。他の地域の国は、非常に汚いです。台湾人も日本のレベルより相当汚いです。中国大陸のことは香港しか知らないのですが、下記に北京在住のジャーナリストの嘆きが書かれた一文があるので中国人のレベルも分かります。
ヨーロッパの都市にも汚い一角があるのは知ってますがそれは例外的な場所と言えるでしょう。
江戸時代に日本を訪れた外国人が既に、日本と日本人を清潔だと驚いている文書があるようですね。
古代から日本と中国は往来が頻繁であったのに、日本民族はなぜ中国の影響を受けずに清潔であったのでしょう?
アジア大陸の端にある極東の一国だけ、なぜ清潔好き民族が集まったのでしょうか?

尚、私の観察では日本民族よりヨーロッパの中欧以北の白人の方が清潔感と整理整頓の意識は強いですね。日本人には汚さを気にしない人が結構多いですが、中欧以北の白人には殆どいない感じです。スイスでもドイツでも「清潔好き」が国民性になっている感じです。
以下の中国人に関する一文を読まれて、回答よろしくお願いします。

<中国人の弱点は?>
 中国人は、特に改革開放政策で扉を世界に開けると、民族性に課題が生まれてきた。それは短期のホテル滞在者にはわからない。恵まれた住生活の特派員も、全くわからないことだが、それは衛生観念の低さである。
 僕は79年12月に初めて大陸の大地に立った。大平訪中に同行して初めての中国を目撃したのだが、当時を顧みて中国人の不潔さを指摘できない。むしろ、清潔な街並みが強く印象に残っている。
 いま僕が住んでいるマンションには、大型犬などやたらと犬が飼われている。犬が団地内の芝生を闊歩、そこら中に排泄物をまき散らしている。住人がいい加減すぎるのだが、管理会社の清掃人もいい加減に対応してるため、犬の糞が芝生のいたるところに散乱している。
 1棟に二つしかないエレベーターが、犬の小便などで汚れている。拭いても汚いので、床を見ないようにしている。マンション入り口のコンクリートが、これまたひどく汚れている。特別な圧力掃除機を使わないと、汚れは落ちないだろうが、それをする管理会社では全くない。ここには管理組合もないのだから、文句ひとつ言えない。若い住人が多いが、彼ら彼女らは不衛生を何とも思っていない。この不衛生を容認する中国人が、今の最大の弱点ではないか。

投稿日時 - 2018-03-05 21:56:17

QNo.9435437

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>古代から日本と中国は往来が頻繁であったのに、日本民族はなぜ中国の影響を受けずに清潔であったのでしょう?
一つには気候風土が影響しています。
中国は大陸国で空気が乾燥しています。
日本は海に囲まれていることもあり湿度が高い国土です。
平野部が少なく山岳地帯が多いことから年間を通じて降雨量が多い国土です。
日本列島を南から取り囲むように暖流が流れていることもあり温暖です。
海から離れた中国大陸の内部は海面温度の影響がなく寒暖の差が大きい国土です。
結果的に中国に住む人々は汗をかきにくくかいてもすぐに乾きます。
これに対して日本列島に住む人々は汗をかきやすい上にかいたらなかなか乾きません。
中国では埃は簡単に払い落とすことができますが日本では払い落せません。
日本では頻繁に身体や衣服を洗う必要があります。
住居の内部も中国では掃くことで埃などを取り除くことができます。
日本では湿潤な気候のために埃なども水分を含むことから拭き取るという方法が必用です。
中国は地形の影響で水の質が良くありません。
日本では良質な水がふんだんに手に入ります。
日本人は死穢とか蝕穢ということを言って穢れというものを極度に嫌忌します。
何かにつけて身体を洗って穢れを落とす禊ということをやります。
上記のように様々な要因が重なって結果的に日本人の身の回りは衛生学的に清潔だということになりました。

中国は歴史的に民族間の闘争が繰り返されてきました。
同じ漢民族どうしでも覇権や領地をめぐって度々闘争が行われてきました。
この闘争も日本とは異なり相手を殲滅するという方法がとられました。
この結果お互いに血族が最も信頼できる相手ということになり宗族というものが形成されるようになりました。
祖先を同じくする宗族を社会の基本単位とするようになり現在も継承されています。
現在の中国で国父とされている孫文も中国を近代化しようとした際に中国の民衆には宗族はあっても同じ国家に属しているという意識が希薄であたかも砂のような民だと言って嘆きました。
現在も儒教思想に基づいた道徳や礼儀などが通用するのはこの宗族の中でだけです。
社会全体という考え方が希薄なことからご質問にあるような行動が日常的に起きます。
自分達家族が暮らす住居内は整理もすれば清潔にもしますが他人も使う共有部分などには何の関心も持ちません。

日本ではこの宗族という考え方が根付きませんでした。
代わりに「家」という考え方が浸透しました。
現在婚礼や葬儀などの会場の入り口に〇〇家と掲示されれのはこの名残です。
血族であるか否かよりも「家」に対する忠誠心や「家」の継承が重要視されました。
現代の日本のサラリーマンがウチの会社とかオレの会社というのはこの名残です。
これを英語などに直訳すると外国人からは会社のオーナーかと誤解されます。

何事も連帯責任制を採っていた江戸時代の社会というのは相互扶助であり相互監視の社会でした。
この結果他人様の目とか社会の目という考え方が浸透しました。
この名残で現代でも他人からどう見られるかということが行動の判断基準の一つとなっています。
他人から不清潔と看做されないように身嗜みに気を配りました。
結果的に
「江戸時代に日本を訪れた外国人が既に日本と日本人を清潔だと驚いている文書があるようですね。」
というようなことが起きました。

投稿日時 - 2018-03-08 18:08:24

お礼

回答ありがとうございます。
日本の気候を考えるのを忘れていました。温暖湿潤気候で夏はジメジメで暑く極めて不愉快な気候ですね。頻繁に風呂に入るという習慣が出来て、温泉も日本列島には豊富に湧いて、温泉文化も発達しました。
ヨーロッパ大陸の夏はジメジメしていませんが、中国大陸も同じなんですね。
清潔度の違いは確かに、文明の発達度に比例する部分があることは認めますが、それだけではない要素があることを感じるのです。
地域の風土気候による差があるということも分かりました。

投稿日時 - 2018-03-27 21:04:11

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

失礼ながら、あなたの文章を読んでごく浅い個人的な体験や断片的な知識で全てを知った気になっていると思います。

こちらの記事を読んでみて下さい。
https://blogs.yahoo.co.jp/syokunin2015/40200891.html

これは昔の東京の川です
http://livedoor.4.blogimg.jp/nwknews/imgs/8/b/8b02deba.jpg

昔の日本は清潔というかヨーロッパが汚すぎなだけです。うんこを道に捨てて手づかみで物を食べてますからね。それと比べれば清潔に見えるでしょう。

ユーラシアで先進国先進地域と言えるのがヨーロッパと日本くらいです。単にまだ中国が日本の昔の段階にいるだけでしょう。

ちなみに私は中国の深センに行ったことがありますがとても綺麗でしたよ。あと台湾もほぼ全部あちこち行きましたが日本より相当汚いなんてことありませんでしたけどね。一体台湾のどこですか?

投稿日時 - 2018-03-16 11:08:32

補足

台湾の高雄の表通りや市場の中や裏通りを、くまなく歩いて観察した結果です。あなたは、その目的を持って観察して回りましたか?

投稿日時 - 2018-03-27 18:48:32

お礼

回答ありがとうございます。
しかし、一枚や二枚の写真を見ただけでは判断出来ないでしょう。日本国中の川と道がこうなっていれば、確かに以前の日本は汚かったと言えます。

例えばヨーロッパの都市は総体に清潔ですが、一部ではゴミが散乱したり小便の臭いが立ち込めている箇所さえあります。しかし、それは全体の1%にも満たないでしょう。

マニラやインドの街は全体的に非常に不潔で汚いです。キレイな所もありますが、それは一部の官庁街や銀行街だけです。民族全体のレベルとしては汚いと言えます。

香港やシンガポールはどうなんでしょう?シンガポールなどはとっくに日本の生活水準を追い越していますが、日本より清潔になっているのでしょうか?機会あれば行って確かめてみたいです。

投稿日時 - 2018-03-27 19:07:07

ANo.3

No.1の回答者様のおっしゃる、文明性(経済的余裕)が一番大きいという意見に同意します。
>江戸時代に日本を訪れた外国人が既に、日本と日本人を清潔だと驚いている文書があるようですね。
そういう時代に来日した外国人は都市部がほとんどで、農民と交流したり辺境に行くこともなかったから、日本のいい面しか見ていない部分もあるかと思います。明治時代に日本各地を訪れたイザベラ・バード女史の「日本奥地紀行」には、清潔な日本人と不潔な日本人の両方が書かれています。都市部に比べ山村が、富裕層でなく貧困層が不潔であると。特に日光の金谷邸の絶賛具合と、そこから会津西街道で北に向かった際の、その街道周辺の住民を「劣悪な衛生環境のため、ほとんどが皮膚病や眼病に犯されている」と記した落差には驚かされます。

投稿日時 - 2018-03-14 17:42:27

お礼

回答ありがとうございます。
日本の昔は都市部の方が清潔だったとは驚きです。
何故なら、現在の途上国を見ると、都市部の方が農村部より遥かに不潔で汚いからです。江戸時代の江戸や大坂は農村部より清潔だったのでしょうか?

日本の歴史だけを見ずに、外国の歴史や現状も見て考える必要があるように思います。

投稿日時 - 2018-03-27 18:44:46

ANo.1

民族性より、文明(=経済的余裕)性の問題なのではないかなと思います。

というのもですね、今、お台場の南にある埋め立て地の帰属を巡って大田区と江東区の間でバトルが繰り広げられているのですが、その説明で昔江東区が都内の多くのゴミを受け入れていた問題に触れて、当時(昭和30~40年代)のニュース映像を見てかなりビビったのです。
多くの生活ゴミを受け入れていたので江東区ではハエが大量発生したのですが、区内の魚屋さんでですね、魚が見えなくなるくらいのハエがびっしりたかっていたんですよ。あれ、今はとても食べられないです。焼いてあっても私は嫌です。だけどそのハエまみれの魚を魚屋さんも売っていたし、区民はそれを買って食べていたんですね。

alwaysという昭和30年代を懐かしむ映画がありますが、当時を知る人、例えば私の両親なんかも認めているのですが、あの映画で描写されていないことがあって、それは「汚さ」なんですね。東京オリンピックのときも「世界中からお客さんが来るのに町が汚くてはみっともない」といって婦人会の皆さんがたすきをかけて町内を掃除するなんてことやっていたんですよね。

私が子供の頃、昭和50年代なんかは神田川もまだ臭かったです。メタンガスなんかが湧いていてね。だから私、子供の頃に御茶ノ水辺りに行くのが嫌だったんですよ。御茶ノ水駅が臭かったのは今でも覚えていますよ。だから私にとって神田川と隅田川は「臭い川」っていうイメージが今でもなんとなくあるんです。

思えば南欧だって古代ローマのときなんかは下水施設があったりして当時のテクノロジーを考えると高度に清潔な都市が作られていました。風呂もありましたしね。
それに比べると、中世のヨーロッパはローマ帝国の高度な文明が失われて、同じ時代の中国やインド、イスラム圏よりも文明が遅れて貧しい地域だったんですよね。当時のヨーロッパ特にイギリスが大航海時代でじゃんじゃん外に出て行ったのは「貧しいヨーロッパ(イギリス)を出て豊かな外国に行こう」って側面もあったのです。

40~50年前の日本人観光客っていうのはマナー知らずで世界中で評判が悪いものでした。25年くらい前は台湾の人たちが豊かになって海外旅行に行くようになりましたが、まー当時は台湾人観光客のマナーってのはひどかった。今は中国人ですね。その一方で、台湾人観光客のマナーは随分向上しました。マナーを見れば台湾人か本省人か分かるくらいですよね。
そういうもんじゃないなかって気がします。生活に余裕ができると、身の回りのこともきちんとしようってなるのではないでしょうか。

投稿日時 - 2018-03-05 23:05:11

補足

eroeoさん、いつも回答ありがとうございます。
この種の問題を「衣食足りて礼節を知る」のキーワードで説明されることが多いのですが、確かにその一面は強いと思いますが、それだけでは説明し切れない現象もあると感じています。

ヨーロッパに住み、東南アジアに住み、日本に住んでみると、やっぱり民族差というものがあるように感じるんですね。勿論、それぞれの地域も時代の変遷というものはあります。中世ヨーロッパの裏通りは汚物の捨て場になっていたとか、ベトナムの金持ち結構キレイ好きであるとか、民族差を否定し、「衣食足りて説」で全てを説明出来るかなと思う時もあります。

しかし、それだけでは説明出来ない話があるから厄介です。
江戸時代、インドや中国で宣教して来て日本にたどり着いた宣教師たちの多くが日本人が清潔であるのに驚いてますね。ザビエルもそうだったと思うし、大森貝塚を発見したモースも褒めてましたね。江戸時代の日本人は清潔性に気を配るほど、既に経済的に豊かだったからなのか? 私にはそうは思えず、むしろ民族性の方に考えが行ってしまうんですね。
他の反証ですが、例えばドイツやオーストリアやスイスの工事車両。彼らはこんな工事車両まで何故こんなにキレイにするんだろうと思いましたね。日本のダンプカーやミキサー車のことはご存知ですよね。泥や砂利がいつでもそこそこ付着してますよね。彼の地のミキサー車は例えば、洒落たコーヒーショップやブティーク店の前に停まってあっても違和感がないですよ。それ程いつでも清潔感を保っています。これらの仕事に従事する日本の労働者は結構稼いでいて金を持っています。土建屋は建設会社の社長ともなるとかなりの金持ちです。しかし、彼らが清潔好きになって従業員に仕事後に、毎日車の掃除をさせているという話は聞いたことがありません。ま、私自身がこういう業界で働いていましたのでそれはよく知っております。
台湾は一応、経済発展し生活も向上して来ているとは思うのですが、清潔感は上がって来てないようです。工事車両はいつ見ても泥と汚れで真っ黒です。日本より遥かに汚いです。市場や街の乱雑さなど50年前とちっとも変わっていません。

それから例に上げた中国在住のジャーナリストの一文ですが、中国人が豊かになってもう何年になるでしょうか? 彼の住んでる住宅は大型犬を飼ってる住人が多いことでも分かるように貧民窟ではなく、中間層の住んでいるアパートです。中国では経済的に裕福な層が住んでいるアパートです。衣食足りても礼節を知るには至っておりません。

ロンドンのテームズ川も昔は悪臭が立ち込めていたとのことで、議会を開くときは窓を閉めねばならなかったと。しかし、これではいけないと浄化に取り組み最近では(40年ほど前に読んだ話ですが)鮭も上がって来るようになったとか。
貴殿の話にも共通するものがあります。以前の市場の魚には蝿がいっぱいたかっていたと、しかし今では昔の話だと。
これは、元々に清潔志向があるから、これではいけないと努力するからではないでしょうか?元に清潔志向がなかったら、汚いものを見ても汚いと思わないから努力もしないのではないでしょうか? 清潔観念が100%、経済的な豊かさだけに原因するとは思えないのです。

そこで、人類学の観点から「民族の清潔度」について調査したような人がいれば面白いと思うのです。

投稿日時 - 2018-03-06 22:20:12

あなたにオススメの質問