こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

なんか日本のニュースでは「ロシアのプーチン大統領が

なんか日本のニュースでは「ロシアのプーチン大統領が新しい核兵器の開発に成功したらしい!如何なる防衛システムも突破出来る物らしい!ロシアが軍拡か!」ってロシア主体で話が進んでるけど、

プーチン大統領が新しい核兵器の開発に成功したって発表したのは、アメリカのトランプ大統領がNPR(Nuclear Posture Review)というアメリカの方が先に核態勢の見直しを発表して新しい核兵器の開発を始めるって言ったからアメリカ政府への牽制の意味を込めてアメリカが新しい核兵器を導入するならロシアも新しい核兵器を導入する。アメリカは今から開発だが、ロシアは実は既に開発が済んでいて配備するだけだ。と子供の喧嘩の最初に手を出したのはアメリカの方なのに親米国の日本ではトランプ大統領のアメリカが新核兵器の開発に着手したニュースを流さずにロシアが新しい核兵器を開発したというニュースだけ伝えるのはアンフェアではないでしょうか?

アメリカが先に殴って、ロシアも殴ったら、日本はロシア最低っておかしくない?

投稿日時 - 2018-03-05 21:13:42

QNo.9435428

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

アンフェアじゃないですよ。アメリカのNPRでも日本の報道機関は相当批判的な視点で報道してましたから。それと人類を滅亡に導きかねないような挑発は子供の喧嘩ではないです。背景は複雑なのでそれを限られたニュースの時間だけで把握させるのには無理があり、かと言って何の論調も加えずにニュースにしても意味が無いので、america2028さんのように問題意識を持った人は幅広く調べるべきだと思いますよ。ちなみに私はトランプの米国もプーチンのロシアも強く批判する立場です。
米ロには戦略兵器削減条約(現在はSTARTIII)があるのですが、実態は古くなって実用に耐えない核弾頭を廃棄し、新たに戦略的な威力のある核を配備しないこと。しかし事実上地球を何回も滅亡させられるだけの核を両国で持っているのでそれが軍縮といえるのか疑問で、一方で使えなくなった古い核の廃棄すら予算の都合で進みません。昨年ロシアは対象に含まれる化学兵器の廃棄を期限遅れながら完了しアメリカを批判しました。これはあくまでもポーズ。
ところがSTARTIIIでは大規模な戦略核の保有数は制限していても、小規模な戦術核(非戦略核)の保有数については規定がありません。NPRはその戦術核を新たに開発配備する事を宣言したもの。小さい核だからピンポイントで戦争で使っても問題ないよね、と言う考え方がすけて見えて国際的には容認できるものではなく、また実はどれくらいの規模が戦術核でどこから先が戦略核かすらもはっきりしていません。NPRはアメリカが核削減の精神を合法的に無視したもの。
じゃあアメリカが悪いかと言うと、ロシアはもともと戦術核を大量に保持していてNPRはその対抗と言う意味合いがあります。
非核保有国からすればとんでもない話ですよ、両国とも。でもどっちがどれだけ悪いとはいいきれない。
今回のプーチンの発表は、そのトランプの方針に対抗する意図はあるのですが、それ以上に今月行われるロシアの大統領選挙にあたってロシア国内で威信を示す意図もあると思います。実際プーチンが発表した新しい兵器はすでにロシアが持っていたり開発中の物で目新しいものでもなく、ただそれを劇的な映像で誇示したもの。今のロシアには全く新しいものを開発するお金はありません。
ただ、すでにロシアはアメリカのミサイル防衛システムを回避してアメリカ本土を核攻撃できる技術を持っていると言われ、新たに劇的な映像を作らなくっても十分に脅威。
そう言う双方の挑発の試合と、国内政治の絡みの話で、全体像は特集番組を組んで解説しないとカバーできないです。
いずれにしても、軍事力で他国を挑発して国民を鼓舞するプーチンは悪者です。同じく核軍縮の必要性、人道的な考え方を無視して武力で他国に脅しをかけるトランプは悪者です。それを報道機関は短い時間で伝えているのだと思います。

投稿日時 - 2018-03-05 22:22:57

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2018-03-06 08:17:37

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.3

 
2018年2月3日 毎日新聞
米核態勢見直し
新方針 核兵器以外の攻撃に核で反撃も
https://mainichi.jp/articles/20180204/k00/00m/030/032000c

2018年2月3日 日本経済新聞
通常兵器に核で反撃 米が核戦略指針、新型開発明記
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26506200T00C18A2MM0000/

2018年1月13日 朝日新聞
米、核運用拡大へ戦略転換 通常兵器への反撃も
https://www.asahi.com/articles/ASL1D4WN4L1DUHBI01C.html


2018年1月26日 読売新聞米
「核兵器で抑止」拡大…同盟国「傘」も万全に
http://www.yomiuri.co.jp/feature/TO001479/20180126-OYT1T50004.html

貴方が新聞を見てないだけでは......
 

投稿日時 - 2018-03-05 21:58:01

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2018-03-06 08:17:27

ANo.2

話が逆です。プーチンがNATOに対抗するため、戦術核(性能の小さい使いやすい核兵器)の生産配備を進めたので、トランプがその対抗策として戦術核の配備に乗り出しただけです。先に手を出したのはプーチンの方です。フェイクニュースばかりの新聞テレビは気を付けて読みましょう。

投稿日時 - 2018-03-05 21:42:39

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2018-03-06 08:17:16

ANo.1

「ロシアのプーチン大統領が新しい核兵器の開発に成功したらしい!如何なる防衛システムも突破出来る物らしい!ロシアが軍拡か!」
そんなニュースはありません。

投稿日時 - 2018-03-05 21:23:14

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-