こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

離婚訴訟で弁護士をつけるべきか?

離婚訴訟で弁護士をつけるべき?
夫から離婚訴訟を起こされています。
性格の不一致を理由に夫から調停を起こされましたが子供もいるため不調に終わらせました。

その後、夫が弁護士をつけて訴訟を起こしてきました。
夫の弁護士費用は夫の両親がだしたようですが、私にはそんな弁護士をつけるお金はありません。

夫はまだ一緒に生活しており、性格の不一致だけでは離婚は認められないと思いますが弁護士なしでも訴訟を戦うことは出来ますか?


もし弁護士を着けたら、最低でもどのくらいかかりますか?
期間はどのくらいかかりますか?

投稿日時 - 2018-02-21 08:03:49

QNo.9431145

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(8)

ANo.8

相手がそこまで離婚したいのならもらえるもの沢山貰って離婚してはどうですか?
一緒にいても無理だと思いますよ。

投稿日時 - 2018-02-24 02:22:09

ANo.7

裁判というのは、裁判官に対して、どれだけ心象を訴えられるのか?というのが、裁判の決め手になります。

ただ裁判官に訴えるだけじゃダメなんです。
この裁判官に対する心象形成を専門に行って居るのが、弁護士という職業の人たちになります。

もともと、裁判官も弁護士も、同じ勉強をしてきていますので、裁判官が考える基本的な内容を弁護士も知っており、それに合わせて、要求を組み立ててきます。
そこへ知識のない素人が入って言っても、いくら相手の10倍や50倍の内容を話しても、基本的なところがずれて居れば、全く意味がないわけです。

弁護士も自由化されたので規定料金がなくなってしまいました。
着手金(仕事を受けるとなった時の金額)で2、30万~、あと、成功報酬+経費。
となっていくと思います。

投稿日時 - 2018-02-23 13:02:48

ANo.6

性格の不一致だけでは、確かに離婚は成立しにくいです。結婚も離婚も、両性の合意の元に決まります。あなたが離婚に賛同しない限り、離婚は容易には成立しません。

しかし、性格の不一致が発端となって、夫婦関係が破綻していると判断された場合はわかりません。

子供がいるから調停を不調に終わらせた…それは理解できます。しかし、ご主人がどうしても離婚したがっているとなれば、調停の次は裁判に進むのは当然でしょう。

子供がいなかったとしたら、あなたは離婚に同意するのでしょうか?子供の有無に関わらず、夫婦関係を正常化したい気持ちはあるのでしょうか?夫婦関係を正常化したいという気持ちは既になかったけれど、ご主人の提示してきた離婚条件に同意できないから、調停を不調に終わらせたのでしょうか?

ちょっと情報が足らな過ぎます。

仮にですが、離婚条件に納得できれば離婚に同意するというのなら、再度協議や調停を行う意味もあります。二人のお気持ち次第、二人の話し合い次第ですよ。

そこが充分見えない質問文なのに、弁護士の話ばかりに終始しているのが、とても気になりました。

投稿日時 - 2018-02-22 08:26:57

ANo.5

弁護士費用は、その弁護士が所属してる会社にもよるけど、最初20万円くらい、最終的に、慰謝料とか発生した場合、成功報酬の10%くらいかな。
期間は、月1回しか法廷が開かれないから、大体1年くらい。内容は、養育費、面会交流、財産分与など。

投稿日時 - 2018-02-22 06:49:15

ANo.4

離婚の理由が性格の不一致としか書かれていないので、本当にそうであれば、離婚するのは難しいでしょう。どうしても離婚したいのであれば、それなりの財産分与なり、あなたが納得できる財産を渡す必要があります。それから当然子供の養育費も必要となります。そんなよくわからない理由で、子供もいて別れたいと言っているのであれば、貰う物もらって、別れるのも手です。相手の弁護士は、あなたに離婚の理由が無い限り、基本的には条件闘争となります。

投稿日時 - 2018-02-21 15:26:38

ANo.3

性格の不一致で離婚出来るように弁護士を
雇ったのだと思います。

あなたも弁護士立てた方が良いし、立てないなら
多分、向こうは別居すると思います。

親権が欲しい場合は、子供も連れて
行ってしまうことでしょう。

別居して数年経てば、夫婦破綻と裁判所が認定し
離婚に至ることもあります。

現実を捉えた方が良いでしょう。

投稿日時 - 2018-02-21 13:28:15

post4444様

★回答者(婚活、専門家)の「NISHISHINJUKU」と申します。私は東京で長年、
結婚相談所をやって来た経験を活かし専門家としての立場で客観的に回答させて頂きます。

*ただし、内容や個人的条件、財産の大小、貴女の非の有るなし‥等々にも大いに左右されますが、調停で決まらず、訴訟に行き、夫が弁護士をつけて来たとのことを考え貴女が勝ちたいという前提で考えれば・・・

❶結論から先に申しますと、

★*離婚訴訟で弁護士をつけるべき?→【回答】必ずつけるべきでしょう。

*夫が、弁護士をつけて来た以上、貴女も仕方なく力関係のバランスを考えて、負けない目的であれば、目には目を・・という単純な理屈です。そうしないと簡単に丸め込まれてしまいます。夫も一人では勝ち目が無いと判断して付けた可能性が有りますから、理論武装してくる弁護士に貴女が素人で太刀打ちすることは、「訴訟の技術的に」無理です。

*事の内容の良し悪しや、離婚原因に関係なく、法務的な理論武装に対しては、理論武装で対抗する必要があるからです。そうしないと、白い物まで黒と言って来るのが弁護士の仕事ですから。


❷次に「弁護士を着けたら、最低でもどのくらいかかりますか?」の件

*貴女の経済的事情や離婚内容、財産内容によって全く違う結果になりますので、(あくまでも私の個人的、経験に基きアドバイスさせて頂きます事、お含み下さい)下記の手順で速やかに行動してみて下さい。

(1)費用をいくら?といきなり考える前に、多額を言われても、無い物は無いのですから、冷静に開き直って下さい。 更に、仮に同じ金額だとしても相手の弁護士や貴女自身の姿勢によっても全く違いますから、要するに「★貴女の希望を出来るだけ聞いてくれる弁護士との関係を作る事が何より重要です」

その為にも、先ずは下記「法テラス」(国営の無料法律相談)に連絡し、予約を取って相談に伺って下さい。

*全国各地に有ります‥下記URLを参考に貴女の都合の良い支店を選んで先ずは予約することです。そうすれば、無料相談として弁護士に会わせてくれる仕組みですから、(相談だけは無料なので(本来、相談だけでも有料)気楽に行って下さい)先ずは、訴訟に行くまでの状況や証拠類を大まかに揃えて、予約した日時に行く事です。

(2)無料なので、混んでいることが多い為、すべては「予約制」ですから、まずは電話で予約を入れると、色々な事を受付段階で聞かれます。その時に、下記の事を必ず言って下さい。

*無料相談までは、せいぜい1~2回(各1時間程度まで)までが無料で相談出来るというだけの事ですから、あくまでも相談なので今の現状を説明し、経済的に余裕が無い中、これから離婚訴訟が始まる可能性がある為、とにかく経済的に負担の少ない方に初めから合わせて頂きたい・・という条件を(電話口で)ハッキリ言うのです。

*内容に寄って、また貴女のリクエストによって予約する日程まで変わる位の可能性が有りますので、とにかく遠慮する必要は一切有りませんから、電話口で、既に、希望を言うか言わないか?が左右します。

*貴女の色々な希望や事情を聴いてから予約を確定するので、そこで言わないという機会が有りません・・キレイごとを言っている場合では無いので、相手は役所ですから、とにかく交渉やお願い事をハッキリ言う事です。

(3)要するに(2)の様な手順を経て、予約の電話で、担当者が・・・
★「相応しいと思われる弁護士の日程に合わせて紹介してくれるのです」
・・・極端に言えば、同性として女性の弁護士を希望した方が有利に働く事もありますから・・

❸<それらを経て、相談だけは法テラス内で無料でやって頂いた結果・・・>

*無料相談をしながら、貴女の個人的な話や条件を聞いた結果として、貴女に紹介された弁護士に、実際の裁判まで引き続きお願いするかどうか?は貴女が決める問題です。あくまでも、無料相談は無料相談を受けるまでです。

*そこからは(貴女が、その弁護士で良いとなれば)「法テラスから離れて弁護士の事務所との契約」になるので、初めてお金や料金の相談になりますので、キチンと貴女の希望を言える相手でなければやり難いので遠慮なくお金の相談もして下さい。

*そこからは、さすがに有料なので、貴女が納得する条件で弁護士が折り合いを付けて協力してくれれば、あとは全て、信じて一任するしかないのです。私なども毎回、分割条件で無理をお願いしてきましたがキチンとお願いすれば、たいていは聞いてくれます。

❹<結論的に・・>

*以上の通り、無料相談や弁護士の交渉も、「★貴女自身が貴女自身を守る為に交渉し、無理を聞いてもらう事だと認識して下さい。何事も言いなりになると高く付くし、早く支払うだけになるのです・・・要するに、誠意と知恵と貴女の姿勢で貴女でも可能な範囲で仕事を依頼する事が可能なのです」

★女性一人で皆さん、苦労なさってます・・・それらは皆、今回の様に色々な事前情報を知らずに言われた通り強制的に金も時間も強いられることから始まります。どうぞ、堂々と冷静になって自らシッカリなさって下さい。

*必ず、最終的には弁護士が貴女に代わって強い味方になってくれます…その為にも貴女が認められる弁護士と出会うまで、★★★何回でも良いのです‥どうぞ納得するまで無料相談を受けてから決めて下さい。

*時には法テラスの別の支店に同じ相談を無料で受けてもOKなのです。病院に例えれば、いわゆる「セカンドオピニオン」が重要な様に弁護士の選択でも、貴女が決めるのです・・・嫌な先生に無理に依頼することほど、無意味な事はありません・・その為にも、くれぐれも★★★貴女が主役になって、選択して堂々と振舞って下さい。困っているのは貴女自身なのですから・・

★遠慮も何もいりません・・お金も限界が有ります・・・貴女がハッキリ聞いて甘えるだけ甘えた者勝ちであることを最後に強調させて頂きペンを置かせて頂きます。

★陰ながら応援してます…あなたの味方を貴女自身で付けて下さいね!必ず解決して行きますから・・・体だけは壊さないようにご自愛くださいませ。

http://www.houterasu.or.jp/


http://www.houterasu.or.jp/chihoujimusho/index.html


(ps)
★たまたま、今の瞬間に於いては、私は専門家回答者ランキング上位(下記URL参照)におりますがゆえストレートに回答させて頂きました事、御理解下さい。少しでも参考になれば、「ありがとう」をクリック頂ければ励みになり幸いの上、追加質問等があれば、ご遠慮なくお願いします。

参考URL:https://okwave.jp/ranking/professional/month

投稿日時 - 2018-02-21 11:59:03

ANo.1

よく考えて下さい。「性格の不一致?」そのような者同士が何で結婚した?お互い惚れあう物があったからこそ結婚したのでしょう?という事になります。ですからこれだけでは離婚の理由にはなりません。余ほど貴方に非があるか?ですが、なければいくら弁護士を使っても離婚は成立しません。こんな事で弁護士に数十万円使うのは如何かと思います。

投稿日時 - 2018-02-21 10:22:46

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-