こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

貴乃花の性格について

貴乃花親方がああいう性格になったのは、洗脳やらタニマチやらのせいではなく、個人的には父親である二子山親方の影響だと思うのですが、皆さんはどう思いますか?

投稿日時 - 2018-02-11 22:46:26

QNo.9428091

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

補足質問を頂いたので、八角理事長の現体制に譲歩出来ない理由の幾つかを挙げます。

1、前理事長だった北の湖理事長が急死したことで理事長代行を務めていた八角理事長でしたが、北の湖親方の喪が明けない内から横滑り的に理事長に就任した

2、これに反発した貴乃花親方は理事同士の互選による理事長選に出たが八角理事長に敗れた怨念のような気持ちが八角理事長体制にある

3、高砂一門になる八角理事長(元横綱・北勝海)は兄弟子である九重親方(元横綱・千代の富士)のような現役時代の実績がない

4、地方巡業の移動に用いる大型バスで貴乃花親方が毎回座る指定席のような最前列の座席に横綱・白鵬が足が痛いからと座ってたことがあり横綱・白鵬に対しても怨みがある

5、貴乃花親方が大関時代に二場所連続優勝(二場所目は全勝優勝)したのに時期尚早と横綱昇進を見送られた経緯があり、横綱審議委員会に対しても不信感を持っている

6、貴乃花親方の妻であり、貴乃花部屋の女将さんでもある景子夫人(元フジテレビのアナウンサーだった河野景子さん)からの入れ知恵(アドバイス)なども貴乃花親方が現在の大相撲協会に対して改革を求める考えになったことも影響してると思う

投稿日時 - 2018-02-12 08:19:44

お礼

回答ありがとうございます。

協会、横審への不信感が積りに積もった結果という事ですね。

詳しい解説、タメになりました。

投稿日時 - 2018-02-27 23:13:59

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.5

閉鎖的で隠蔽体質の団体の中に長年いたからでしょう。
多くは その風潮になじんで 注射ということも当たり前のこととして受け入れてしまう。
しかし 実力もあり曲がったことの嫌いな性格であれば ああいう行動に出るのは自然な流れでしょう。

投稿日時 - 2018-02-13 13:06:02

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-02-27 23:09:29

ANo.4

少なくとも日本の国技、大相撲も将来を考えているのは
貴乃花親方かと思います。
真面目すぎるが故に敵も多いのでしょう。
これから頑張って欲しいですね

投稿日時 - 2018-02-12 10:01:10

お礼

回答ありがとうございます!

私も貴乃花支持なんで、一派で唯一理事に当選した阿武松親方を裏で支えてほしいです。

投稿日時 - 2018-02-27 23:11:03

ANo.3

日本相撲協会の体質的な問題については、巷の大方の意見が貴乃花に賛同する向きがあるようです。

また、理念としては、必ずしも間違っている訳でもない。

ただ、先代が存命の時に、貴乃花が何処かの整体師に洗脳されていた可能性に対して、痛烈に批判している。

また、幼少期のビデオなどの印象からは、貴乃花におかしな部分は見当たらない。

そして、貴乃花の頑なな態度、強情というものが最も如実に表れているのが、身内である実母、実兄との断絶。

有り得ない話ですね。

つまりは、貴乃花に信念というものがあるとしたならば、それが自らの考えに沿うことである場合にのみ対応する。

言い換えるならば、貴乃花自身と意見や考えが合わないものは、肉親であれ排除の対象であり、結果的には「敵か味方か」というところに収斂する。

先々代の若乃花(二子山)も先代の貴乃花も、私と同郷ということもあり、小さい頃からのファンでしたが、確かに寡黙であり、厳しさの面では人並み外れていたということも有名でしたが、貴乃花のような曲(くせ)は無かったと思いますよ。

さらに、先代貴乃花の体格のない中での大相撲入りとその決心の中で、頼るのは常に自分自身という強靭な精神力に他人が付け入る隙間など微塵も無かった筈です。

ところが、貴乃花は先代の批判にも拘らず、訳の分からない整体師の影響を受けた事実がある。

先々代の若乃花(二子山)も先代の貴乃花も、常に実を重視するのに対して、貴乃花は精神論を重視するという意味では、貴乃花の性格は二人の影響というよりも、むしろ、神経質な個人的性格なのだと思います。

ちなみに、どれだけ話す内容が正しくても、人殺しでもしたならばいざ知らず、世の中を全うに生きている肉親とも断絶するような人間が組織の上に立てる筈はないですね。

人それぞれに違う意見や考え方を持ち、そうしたものを態度にも現すことなく集約する能力も無く、ひたすら、組織外でマスコミや世論の反応を期待しながら行動することには賛成できませんねぇ。

常に社会を席巻するカリスマに共通するのは、態度だけではない実行力を伴った明確な言葉です。

精神論に終始する貴乃花の考え自体は正しいとしても、とても人の上に立てるような人間ではないと思いますよ。

彼にとっての人間関係には、敵か味方かという極めて不寛容な選択肢しかないのですから。

投稿日時 - 2018-02-12 08:51:49

お礼

回答ありがとうございます。

これだけ長い期間、実の家族との関わりを断つのも何とも言い難いですね。

確かに、人の上に立つ器ではないかもしれませんが、彼を支持し表立って戦ってくれる人間が一人でも増えてほしいことは確かです。

投稿日時 - 2018-02-27 23:12:52

ANo.1

こんにちは。

持って生まれた性格というのもあると思いますが、貴乃花親方の父親である元大関・貴ノ花の二子山親方や父親の実兄になる二子山部屋を創設した伯父である元横綱・初代の若乃花とか実兄になる元横綱・三代目の若乃花を超えた大横綱だったという自負があるのだと思います。

実際、昭和の大横綱とされる大鵬や北の湖と同じように「現役時代の四股名である貴乃花という一代年寄を許されてる親方」ですから、現役時代に大した実績を残してない八角理事長(元横綱・北勝海)よりも自分のほうが格上という気持ちがあるから八角理事長にも素直に従えないのだと思います。

投稿日時 - 2018-02-11 23:58:10

補足

回答ありがとうございます。

確かに、そういった自負をお持ちになるのは分かりますが、もう少し譲歩できないのでしょうか?

性格を変えない限りは無理なんですかね?

投稿日時 - 2018-02-12 06:42:44

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-02-12 06:41:45

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-