こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

死後の世界について。もちろん死んだ人しかわからない

死後の世界について。もちろん死んだ人しかわからないので実際のところ誰も知るすべは無いと思います。三途の川、良い悪い判別し天国や地獄に。閻魔様、また八大地獄とか。そもそもこういう話って誰が一番最初に言い出したのですか?物語の話?由来は?こんな世界あるはず無いと思ってる方、全然信じないって方納得のいく説明をお願いします。苦しみながら死んで死後の世界でも永遠に壮絶な苦しみを受けるなんて考えたら辛くて仕方ないですよね。人を何人も殺した犯罪者とか別として、死後の世界では安らかに平和に過ごしてると信じたい。ご存知の方、自分なりの根拠とかある方お願いします。

投稿日時 - 2018-01-25 23:07:53

QNo.9422257

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こんばんは。
よく考えます(笑)
幽霊とか全く見えませんが、見える人を否定はしません。
死後の世界って、結局教訓みたいなところがあると思うんです。
いい行いをしないと地獄でとんでもない目に遭うぞ、とか。
悪い人間にならないように。

幽霊の力についてですが、大虐殺をした人間が呪い殺されずに生きてるとこを見ますと、死者にそうした力はないのかな、とは思いました。
ただ虫だって動物だって生きてるわけで、皆幽霊になってたら地球はぎゅうぎゅうですよね(笑)
幽霊に寿命はないだろうし。

我々も前世の記憶を持ちませんから、来世があっても今の記憶はないのしょう。
死んでも幸せでいたいもんですね。

投稿日時 - 2018-01-26 04:30:16

お礼

本当に教訓の意味だといいです。幽霊とか信じる派信じない派がいますが、死んだ事がある人が言ってる訳もないのにほとんどの人がなぜか当たり前の様に三途の川や天国地獄はある事になってるのがが不思議でならなくて。どこからこんな説が出たのかも調べても出て来ないですし。ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-01-27 23:06:51

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

立花隆の「死はこわくない」はお読みですか?
自殺、安楽死、脳死、臨死体験について、体験者に取材して、死について考察しています。

投稿日時 - 2018-01-27 12:05:36

お礼

ありがとうございます。今度読んでみます

投稿日時 - 2018-01-27 22:55:07

ANo.3

死後の世界を全く信じていないわけではないのですが、どうしても払拭できない疑問があるのです。

死んだ人がみんなそこに行っているなら、延べの死後世界の人口はとんでもない数になります。現状でも70億人くらいの人々がいて、みな残らず確実にいつか死ぬわけですから、死後の世界に渡るのです。
そこには原始時代から古代エジプトから先日亡くなった親戚に至るまでみんないるのでとんでもなく数が多い。何千年前も人たちなんて話も合わないだろうし、地獄なんて満員電車状態なんじゃなかろうかと。もしかしたら数が多すぎて入場制限されてるかもしれません。だってどう考えたって天国より地獄に行く人のほうが多いじゃないですか。

死後の世界の概念は世界中でありますが、輪廻転生(生まれ変わり)はインド哲学だけです。だからイスラム教の信者やキリスト教の信者は生まれ変わらないと思うので、やっぱりあの世は人でごった返しているはずです。

あともうひとつ思うのです。地獄っていろいろキツそうですが、かといって天国も全てが満たされちゃっているので退屈極まりない気がするのです。そりゃね、アタシにとっての天国は、あの世で綺麗なねーちゃんとやりたい放題なわけですが、そういうのは天国じゃアウトでしょ?むしろそういうやつは地獄行きでしょ?じゃあ天国で何をやるのかって話ですよね。ゲームとかギャンブルとかもないわけですから、暑くもなく寒くもない場所で日がな一日ただボーっと・・・それって地獄なのでは・笑?

投稿日時 - 2018-01-26 11:17:13

お礼

ありがとうございます。確かに今まで死んだ人全員がいたら缶詰状態ですね。それはかなり納得出来ます。

投稿日時 - 2018-01-27 22:58:13

ANo.1

 死後の世界があるというのは、人間の願望なわけで、実際にそういう世界があるとは科学的に証明されていませんからね。

 もっとも、臨死体験みたいな夢を見た事があるので知っているのですが、花畑と青空の夢を見た後で、怖い竜の夢を見ます。その後で銀河の中心のような星が密集している夢を見て、それから後は真っ暗になって何も見えなくなり、ゴロゴロという音だけが聞こえるのですが、その後で夢から覚めたというものでした。

 同じような体験をした人の中には、真っ暗になった後で自分が死んだのであり、夢から覚めたのは別の世界の自分だという解釈をする人もいるようです。要するに、異次元の自分に意識が移るのが死であるという解釈でしょうね。

 実際には、死にかけて助かる人が意外と多いので、そういう体験者が多いのでしょうが、やはり、死後の世界は実在しないのではないでしょうか。

投稿日時 - 2018-01-26 00:58:11

お礼

本当にお花畑もよく聞きますね。こういう説がどこから広まったかは調べてもまったく出て来ないのに臨死体験した人はみんな同じ様な事を言ってるのと、誰も疑問も否定もせず当たり前の様に天国から見守ってるよとか普通にある事になってるのが不思議でならないです。ない事を願います。ありがとうございました

投稿日時 - 2018-01-27 23:13:41

あなたにオススメの質問