こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

FX 東京時間は稼げないか

FXはじめてまだ数ヶ月の初心者です。

休みの日に朝から晩までFXをデモでやっているのですが、
やはり、東京時間はあまり稼げないのでしょうか?あまり、値動きがありませんね。
東京時間で稼げるかどうか意見がありましたら、いろいろ教えてください。

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2017-10-14 11:58:29

QNo.9385737

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.5

FXに東京時間なんて関係ないですよ。
稼ぐために必要な事は・・・
1:的確な状況判断ができる
2:臨機応変に相場に対処できる
3:損切ルールを確実に履行する
4:経済指標ぐらいは理解する
この4つです。
為替相場は24時間動きますから、寝ている間でも相場が大きく動く場合が出てきます。
だから損切ルールを確実に履行します。

最終的な判断は自己責任です、質問者様の方でも考えて慎重にご判断ください。

投稿日時 - 2017-10-23 21:22:42

ANo.4

会員向けのレートは業者が独自に作っている。
結論を言えば、会員向けのレートは業者が独自に作っているのでなんとも言えません。
FXは相対対取引です。会員の負けた分が業者の売上・利益の全てです。株は受渡決済ですが、FXは差金決済です。源商品・為替(外国通貨)の受け渡たしもその代金の受け渡たしも行っていません。つまり実際には為替の売買はやっていないのです。そのことはどの業者も「契約締結前交付書面」で説明しているはずです。その説明が不十分だと金融商品取引法第四十条の二に反することになるので、どの業者もいは違反しないように説明しているはずです。

 FXを規定している法律
 金融商品取引法第二条22  この法律において「店頭デリバティブ取引」とは、金融商品市場及び外国金融商品市場によらないで行う次に掲げる取引をいう。
一  売買の当事者が将来の一定の時期において金融商品及びその対価の授受を約する売買であつて、当該売買の目的となつている金融商品の売戻し又は買戻しその他政令で定める行為をしたときは差金の授受によつて決済することができる取引 。
 ●この法律によれば、FXとは客と業者が一対一で取引条件を決める店頭取引(株は取引所取引)なので、ある瞬間に100円で買う人、100円3銭で買う人、100円5銭で買う人がいるかも知れない。ということは業者が会員全てに同一のレートを配信しない場合もある、ということ。時には買った人向けレートが下に長いひげ、売った人向けに上に長いひげ、直ぐに同一レートということも。
 デリバティブ取引(株は直物取引)とは為替その物の取引ではなくそこから派生する取引、つまり為替・通貨の売買はしない。為替の仲介取引は行わない。金融商品市場及び外国金融商品市場によらない取引なので、インターバンク取引は行わない。NDDなどあり得ない。
 差金決済(株は受渡決済)とは為替の受け渡しも、その代金の受け渡しも行わないのだから、実際には為替の売買は行わないで、売ったつもり買ったつもりで、決済取引の後に差額のやり取りを行う。業者はドル、ユーロ、豪ドルなどの為替・外国通貨を用意する必要はない。カバー銀行、同業他社、などとの取引もやらない。
 ●この法律が想定している取引とは、客からの注文があると、その注文を呑み込んで、インターバンクや東京金融商品取引所などの金融商品市場やカバー銀行や同業他社・他の会員に取り次ぐことなく、業者自身が取引相手となって取引を成立させる取引、 商品先物取引法で禁止されている「のみ行為」、なのでFXは「合法のみ行為」です。
 ●FXとはお金を払って遊ばしてもらうゲーム・娯楽・合法賭博なのですが、株と同じように投資・資産運用の手段になると思い違いして多額の資産を業者に貢ぎ込んでいる人も多いようです。FXとはパチンコと同じように適度に楽しむ遊び、と分かっていれば、ストレス解消になる娯楽と言えるかも知れません。FXとはパチンコと同じように、適度に楽しむ遊びだ、と考えるのが良いでしょう。のめり込みに注意しましょう。

業者が独自のレートを配信していることはどの業者も「契約締結前交付書面」で説明しているはずです。各社の「契約締結前交付書面」から引用します。
●当社が会員ページにおいて表示している店頭外国為替証拠金取引に係る各通貨の価格は、インターバンク市場に参加している当社のカバー取引先から提供される最新の価格を参照し、当社がお客様向け取引レートとして算出したものです。(GMOクリック証券)
●当社がお客様に提示するレートは、当社の取引提携金融機関から配信されたレートをもとに、インターバンク市場の実勢レート等を考慮した当社のレートです。当社がお客様に提示したレートは、原則として約定拒否することなく約定いたします。(マネーパートナーズ)
●当社のFX取引サービスはお客様と当社の相対取引であり、取引所取引ではありません。当社では、複数のカバー先からの配信レートをもとに当社で生成した独自のレートをお客様に提示しています。そのため、当社が提示するレート(モバイル取引ツールによるレートを含む)は、カバー先や同業他社が提示している為替レートと必ずしも一致するものではなく、市場レートや他社の提示するレート等と大く乖離することがあります。(ヒロセ通商)
●お客様は当社に対し、外国為替市場の外国為替レートに基づいて当社が提示する外国為替レート以外のレートを主張できないことをあらかじめ承諾するものとします。(ヒロセ通商)
●FXブロードネットはお客様と当社との相対取引であり、当社の信用状況によっては損失を被る危険性があります。また、当社が提示する為替レートは他の情報(テレビやインターネット等)とは同一ではなく、不利な価格で成立する可能性もあります。(FXブロードネット)
●FXブロードネット」は私と貴社との相対取引であり、為替レートが他の情報(テレビやインターネット等)とは必ずしも一しないことを理解しています。(FXブロードネット)
●本取引は、お客様と当社の相対取引です。本取引では、複数のカバー先からの配信価格や市場環境をもとに当社が生成した独自の価格をお客様に提示しております。そのため、当社が提示する価格は、他の金融機関や市場価格と必ずしも一致するものでなく、大きく乖離する可能性もあります。(インヴァスト証券)
●当社では、カバー取引の相手方であるカバー先金融機関から配信されるレートに基づき、当社独自に生成した取引レートをお客様に配信いたします。(アイネット証券)
●当社のFX取引サービスはお客様と当社の相対取引であり、取引所取引ではありません。当社では、複数のカバー先からの配信レートをもとに当社で生成した独自のレートをお客様に提示しています。そのため、当社が提示するレート(モバイル取引ツールによるレートを含む)は、カバー先や同業他社が提示している為替レートと必ずしも一致するものではなく、市場レートや他社の提示するレート等と大きく乖離することがあります。また、場合によっては、お客様にとって不利なレートで約定することがあること、当社レート履歴に記載のない不利なレートで約定することがあります。これらの約定は、ロスカット時や逆指値注文時に生じますが、これに限られるものではありません。(DMM FX)
●当社がお客様に提示・配信する取引価格は市場の状況(カバー取引先金融機関の提示価格、複数の市場参加者の提示価格等)を参考に当社独自の基準で決定するため他社の提示の提示価格と必ずしも一致 せず 、乖離する場合があります。(上田ハーローFX)
●『選べる外貨』では、お客様は、外国為替市場の実勢である当社カバー取引先金融機関が提供する為替レートに基づいて当社が提示した為替レートで売買を行う事ができます。テレビ、新聞、インターネット等他の情報媒体が表示する為替レートはあくまで市場の参考価格に過ぎないこともあり、当社がお客様に提示するレートと異なることがあります。(FXプライム)
●OTC(相対取引)リスク 店頭外国為替証拠金取引はお客様と当社との相対取引であり、当社の信用状況によっては損失を被る危険性があります。また、当社が提示する為替レートは他の情報(テレビやインターネット等)とは同一ではなく、不利な価格で成立する可能性もあります。(外為オンライン)
●当社では、カバー取引の相手方であるカバー先金融機関から配信されるレートに基づき、当社独自に生成した取引レーをお客様に配信いたします。(外為オンライン)
●当社の提供するFX取引は、お客様と当社の相対取引であり、取引所取引ではありません。当社では、複数のカバー取引先からの配信レートをもとに当社で生成した独自のレートをお客様に提示しています。当社が提示するレートは、カバー取引先や同業他社が提示しているレートと一致するものではなく、当社独自の判断によりレート生成を行っているため、同業他社の提示するレートと大きく乖離することがあります。その為、同業他社が提供する店頭外国為替証拠金取引と比較して損失が拡大することや、ロスカット取引が執行されることがあります。(みんなのFX)
●取引にあたり、当社からお客様に提示する為替レートは、ビッド価格とオファー価格で異なりますが、各々の提示レートは取引時刻に近接した時点のインターバンクレートを基準とし、市場動向等を勘案して当社が独自に決定します。(FX トレード・フィナンシャル)
●当社は通常、提携カバー先から配信された取引提示価格を参考にして、当社基準にて決定されたオファー価格とビッド価格を取引価格として提示します。(セントラル短資FX)

参考URL:https://okwave.jp/qa/q9373132.html

投稿日時 - 2017-10-15 01:23:32

お礼

ヒロセ通商はNDD方式というものだと聞いたので、不正な感じはしなかったのですが、他と同じようなものなのですね。困りました。いま、海外のFX会社でデモ取引をしているから、実際の取引にはその会社を使おうかと考えました。でも国内のFX会社はスプレッドが低いので、もう少しヒロセ通商を調べてみます。ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-11-24 08:40:02

ANo.3

休みの日というのは、週末ですか。週末は銀行を始めとした金融機関はお休みなので、そりゃ基本的に値動きは小さいですよ。もっとも、それを逆手にとって仕手が仕掛けてくることもありますけどね。

東京時間だって、日銀総裁の発言とか選挙などの結果とか、あるいは北朝鮮のミサイルなんかで値動きが起きることはよくありますよ。ただ相対的にはFRB議長や欧州中央銀行総裁の一言のほうがマーケットに与える影響は大きいかもしれませんね。

大きく動く時間は、マイナスにも大きく振れる可能性があるっていうことは頭に入れておかないといけませんよ。

投稿日時 - 2017-10-14 16:10:05

ANo.2

私はFXで毎月確実に利益を上げているものです。
NO1の回答者が書かれていることは俗にいう負け犬の遠吠えです。
FXでも株でもちゃんと世の中の情報を確実に掴むだけの行動をすれば
確実に儲かるんです。
デモ取引をしているのであれば、日本時間とロンドン時間の双方で
取引をしてみて下さい。ちょうど取引の時間が変わるころは世界中の
お金が流れ込む時間だという事をまず認識して下さい。
アメリカ時間には世界の大半のお金が流れ込むからFXの動きも大きく
なるんですからね。

前日にどのような発表があったのか、どのような発言があったのかを
ちゃんと分析したうえで投資すべきです。

実際に自分のお金でFXを始めると今以上に確実性を求めるように
なると思いますが、投資は少しの大胆性が必要です。大胆な動きが
出来なければ儲かるものを逃してしまいますよ。
まずは10万円でも良いのでなくなっても良い気持ちでFXをする事です。
実際の緊張感を味合わないと投資は出来ないですよ

投稿日時 - 2017-10-14 12:41:49

お礼

ご回答ありがとうございます。毎月利益を上げている方に返信いただいて嬉しいです。今朝、父親に元金6万円から初めて1日0.5%の利益を上げ続ければ(初日300円の利益)、3年後には217万円になるという計算になると主張したのですが、父親はFXは丁半博打だと思っているらしくて納得してもらえませんでした。なんとか、FXは優位性のある時間とタイミングに取引すれば勝率は50%をこえることを説明したいのですが。。。
今、デモ口座で取引しています。結構臨場感があって、緊張もしますし、まだ、実際の資金を使うのは怖いと感じています。
ニュースや発言をチェックするのが難しいと感じています

投稿日時 - 2017-11-24 08:28:29

ANo.1

はっきりとストレートに言うと FXというものは 東京時間に限らず
素人が利益をあげることは不可能と言えます。
いわゆる詐欺まがい商法と言ってもいいでしょう。
手数料収入で利益をあげているのではなく まるごと剥がしとるのがFX会社の正体です。
だから雨後の筍のように大量発生したFX企業は急激な成長を遂げています。
手数料収入だけでは そうはいきません。
その手口のひとつは回線落ちというものです。
回線が落ちることがよくあります。
回復したときは 必ずユーザーが損をしている状態で
損切設定など一切無視されて回復したときの数字で精算されてしまいます。
それが全て会社の収入になっているのです。

投稿日時 - 2017-10-14 12:14:03

お礼

ご回答ありとうございます。
確かに、日本のFX会社は評判が悪いですね。私は素人ですが、ご回答を見て、変な騙しにひっかからないようにという愛情を感じました。ありがとうございます。

投稿日時 - 2017-11-24 08:20:37

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-