こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

高木琢也はファンバステンのような選手なのでしょうか

サッカー選手だった高木琢也とはマルコ・ファンバステンのような選手だったのでしょうか。

投稿日時 - 2017-10-09 19:45:48

QNo.9383896

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。 

ファンバステン選手は身長188cm、体重80kg。 高木選手は偶然ですが、サイズは同じ。 オランダの選手で、日本代表監督だったハンスオフトさんが高木選手をファンバステンにイメージしていたように思います。 そんな風に育てたい、なって欲しい。 言わば教科書だったのではないでしょうか。

しかし、大きな違いがありました。

(1) ファンバステンはワントップとして最前線でボールを受け、ためを作って、追い越して来るMFにラストパスが出せる。 中盤に下がってパスを受けて、そこで起点が作れる。 今の日本代表の大迫勇也選手の動きが抜群に長けていました。

(2) 相手DFとの駆け引きが巧みだった。 DFがボールウォッチャーになった途端に裏を取ってゴール前に侵入。 これが実に軽やかでスマートに出来た。 日本人選手では中山雅史選手が巧かった。 

高木選手にはこのセンターFWとしての動きが両方とも最後まで完成の域に達せませんでした。 どちらかと言うと三浦カズ選手のダミー役と言うのが現実の役目でした。 

コーナーキックで高木選手は真正面でGKの真ん前に位置し、コーナーキックと同時に高くジャンプ。 吊られて相手DFもジャンプ。 彼が着地すると、ボールは彼を越えて、ファーに勢いよく飛び込んで来た三浦カズ選手へ。 彼が頭で合わせてゴール。  

投稿日時 - 2017-10-10 10:14:44

お礼

回答ありがとうございました

投稿日時 - 2017-10-15 15:58:33

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.4

ファンバステンは何でもできるオールラウンドなFWでしたね。怪我で若すぎる引退は残念でした。高木選手は空中戦に強く、ヘディングやポストプレーが持ち味でした。高木選手はファンバステンというより、元ドイツ代表のビアオフっぽい気がします。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%93%E3%82%A2%E3%83%9B%E3%83%95

投稿日時 - 2017-10-11 16:41:57

お礼

回答ありがとうございました

投稿日時 - 2017-10-15 15:58:14

ANo.2

高木(元)選手はファンバステンには、遠く及ばない
実力の選手でした。

日本代表での多くの試合を見てますが、弱小国相手では
活躍しましたが、対等に近い国や強国相手では、チームの
足を引っ張ってばかりでした。

投稿日時 - 2017-10-10 09:53:27

お礼

回答ありがとうございました

投稿日時 - 2017-10-15 15:58:02

ANo.1

ともに背は高いですが、高木は高さを生かしたポストプレーやヘディングを武器としてましたが、ファンバステンは高さだけでなく、足元のテクニックやスピード、ゴールへの嗅覚や相手との駆け引きなども優れたいわば万能型の選手です。
高木はそこまでの選手ではありませんね。

投稿日時 - 2017-10-10 09:21:56

お礼

回答ありがとうございました

投稿日時 - 2017-10-15 15:57:44

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-