こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

30歳過ぎて大学行くことはどこの国でも異質な行動

30歳で高卒無職の人がよくネットで

「海外では30代で大学に行くことも珍しくない!」という言い方をして自分を肯定したり、現実逃避したりします。こういった漠然とした言い方をすることで、時間、お金の浪費をなぜ肯定したがるのでしょうか?


大学なんて周りは皆18歳から20代前半までの人達しかいないのに、そこに30歳過ぎて入っていくこと自体がまず難しい。

仮に入っていけたとして、18歳から大学に入った人と同じだけのものを30歳以上で入学した人は得られるのか?


周りの若い人達は親から仕送りもらってバイトしながら飲み会やってとかだけど、

三十過ぎてる自分は仕送りなんてもらえないし、学費も生活費も働いて稼ぐか貯金を切り崩していかないといけない。

講義だけ聞いて勉強のみをするのなら周りと話さなくてもいけるかもだけど、周りと人間関係を形成できないのならゼミもサークルも将来に何するかを仲間で語らうこともやりづらい。


完全に講義を聞いて家に帰るだけの生活。学校と家の往復だけ。

こんな生活をするようになる可能性が高いので、とても「大学なんていつでも行けるから。」っていえるとは思えません

医学部、薬学部以外の学部は30歳を越えて入学しても就職には直結しないからあまり旨みもないし、進学のために仕事を辞めていたら再就職もしなくてはいけない


30歳を過ぎた人が

「高校卒業の時に浪人できなかったから、名城大学に進学したがやはり心残りがあるから、仕事を辞めて名古屋大学経済学部に行き直す。」とか

「短大を出て就職して結婚したけど、やはり慶応に行きたい。短大には無い華やかなキャンパスライフを送ってみたい。」

言ってるのをみたら、周りは反対すると思います。

「今更もう遅い。」とか「そんなことより仕事しろ」とか言って。


なので、大学に進学したいのなら高校卒業時すぐか遅くとも三年以内にはするべきで、30歳を越えるともはや大学進学に意味はなく、大学進学の旨みは無くなっていますね。日本では特に

就職するにも新卒が一番いいですし、それが大卒の強みを一番活かせる。

30歳すぎて新卒とは言えないから。

18歳で進学した人と同じだけの大学進学の旨味を30歳で大学進学した人は享受できない以上、「大学なんていつでもいける。」と言うのは間違いではないにしても日本ではかなり異質な行為です。

こういうと

「海外では30代で大学に行くことは普通!」って言ってくる人が絶対に出てきますね。ではそういう人に聞きます。どの海外で普通なのでしょうか?

私が知る限り、アメリカでもシンガポールでもどの国であっても特殊な理由なしに30代で大学に行くことは珍しいことです。考えてみれば当たり前でしょ?30代となれば、いいオッサン、オバサンなわけで家庭を持って子供がいる人もいるだろうし、すでに会社員として管理職になっている人もいるわけです。

そういう普通の人にとってはいまさらお金を払って大学に行く余裕なんてないし、そのコスパは悪すぎるので、よほど特殊な理由がない限りする意味がないです。

だから普通の人がやらない以上、30歳越えて大学に行くのは異質な行為です。

どこの国で30歳以上の人が大学行くのがふつうなんでしょうか?

金持ちが道楽で通う以外にジジイやババアが大学に行く意味なんてないんじゃないですか?

投稿日時 - 2017-09-28 15:02:34

QNo.9379717

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

アメリカやシンガポール、要するに文化圏的にアメリカの影響が強い国(日本も含む)は、大学というのはとてもお金がかかるところ、というイメージなので、30歳を過ぎた社会人が大学に行くことに対してあまり良い印象はないと思います。
わざわざ30歳過ぎて大学に行くのなら、それ相応に、大層な理由があるのだろう...と考えてしまうところです。

ただし、ヨーロッパ諸国(主にドイツ、フランス)では、大学は原則的に「国立大学」しかなく、また日本のように学生が学費を負担することもほとんどなければ、学生という身分で税金もかなりの部分で免除されます。
よって、30歳を過ぎて大学に行く人も珍しくはありません。
なお、日本の場合は、たとえどんなにおバカな高校を出ても、受験で合格さえすれば大学に入学することができますが、たとえばドイツなら、小学校卒業の段階くらいで、後々大学まで進学可能なコースか、それとも職業訓練校(日本で言う高専に近い感じ)へ行き社会人になるか、だいたい2つに分けられてしまい、大学進学までこぎつけるのはかなりの難関です。日本のように、ほぼすべての人が小~中~高~大、という進学を行えるわけではないようです。
しかし、職業訓練校を経て社会人になってから、仕事に関連する研究分野で実績を上げたりするなど、さまざまな理由で20代後半~30代になって大学に行く人も現れます。

・日本の大学=就職のためにお金を払っていくところ
・フランスやドイツの大学=社会に貢献する研究をするために国が運営しているところ

...このように、文化圏の違いによって、大学に対しての市民感覚に違いがあると思います。


なお、30歳以上になって大学に行っていた人で、私の知る限りは、
・結婚を機に仕事を辞め、大学に入ってきた女性(すでに一度 他の大学を卒業済み)
・仕事に必要な国家資格の取得のため大学に入ってきた(すでに一度 他の大学を卒業済み)
・IT関連企業でそこそこの貯蓄ができ、フリーランスの技術者でもあるため自由な生活をするようになった(すでに一度 他の大学を卒業済み)
・親が死に遺産の相続で金銭に不自由しなくなった(すでに一度 他の大学を卒業済み)
...など、普通と言える人たちではあまりないかもしれませんが、たいてい、他の大学をすでに卒業していました。

30代のニートが「大学進学」を理由に仕事をしないのはかなり微妙なところですが、 定年となる年齢も遅くなっている昨今、将来設計によっては30歳前後で大学に行く人も「普通」となってくるのかもしれません。

投稿日時 - 2017-09-29 02:33:53

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

別にいくつになっても学びたいと思ったら行けばいいと思います

投稿日時 - 2017-09-29 16:42:42

ANo.5

珍しいですが、異質って言葉はピンときませんね

投稿日時 - 2017-09-28 17:47:34

ANo.4

> だからどこの海外なら30代で大学行くことが普通なのかと質問しているんです。そんな国聞いたことないので

https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/541
こちらの記事によると、ノルウェーの入学年齢平均は30歳とのことです。

参考URL:https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/541

投稿日時 - 2017-09-28 17:07:45

ANo.3

まあ、日本国内では就職するためのステップでしかないことが多いのであなたの言い分は一理ありますね。30過ぎて「新卒」として大学を出た意味があることなど医学部などを除けばまずないからです。30過ぎて入学する人は明らかに目的が違うでしょう。

投稿日時 - 2017-09-28 15:48:22

お礼

海外でも就職するための箔付でしかないですよ。

だからどこの海外なら30代で大学行くことが普通なのかと質問しているんです。そんな国聞いたことないので

投稿日時 - 2017-09-28 15:55:16

ANo.2

「海外では30代で大学に行くことも珍しくない!」

まあ、こういう嘘ネタを飛ばして煽る人もいるので。

投稿日時 - 2017-09-28 15:16:17

ANo.1

個人的な意見になりますが、
私が通っていたアメリカの4大は自分がとったクラスのすべてに30歳以上の
年齢の生徒はいしました。もう結婚していて子供がいる方も。
子育ての終わった主婦もいました。

もちろん割合で言うととても少ないですが。
また、生徒一人一人大学に通っている理由は違いますので、
金銭的な理由で18~22歳で大学に行けなかった人、お金と時間に余裕ができたのでまた勉強したいなどいろいろだと思います。

私は30過ぎて大学に行くことは決して異質でもなんでもないと思いますよ。

投稿日時 - 2017-09-28 15:15:33

あなたにオススメの質問