こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

登記されていない家屋の扱い

父が亡くなり、住んでいる家と土地を相続しました。
土地は父親名義でしたが、家・屋敷は戦前に亡くなった祖父名義のままになっていました。家屋敷は祖父が建てたもので、いわゆる長屋になっており、修繕しながら人に貸していました。借家人が(勝手に?)建て増して長い間、住んでいましたが、10年以上前に出ていかれ、もう亡くなられています。
相続のため登記簿を確認すると、祖父が建てた貸し家のうちの一軒(前住人が建て増ししたもの)が登記されていません。人が住まなくなって家の傷みがひどいので、解体し、更地にしたいのすが、問題はありますか

投稿日時 - 2017-09-20 12:51:54

QNo.9376651

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

何も問題はありません。

建物のという気というのは、その建物の所有権を設定するためだけのものであるので、登記されていなくても問題はありません。

家屋税は登記と違う基準で課税されますので、登記されていないから納税しなくて良いとはなりませんからね。

取り壊しを行なった場合、家屋税が不要になりますので市区町村役場位に、その建物を取り壊した旨連絡して確認をしてもらわないと、税金の納税通知が来てしまうと思います。

投稿日時 - 2017-09-20 13:04:18

お礼

ほっとしました。ありがとうございました。
早速、市と相談し、家を取り壊します

投稿日時 - 2017-10-05 13:14:12

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-