こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

自信を持って、気持ち弱さを無くしたい。

私はメンタルが本当に弱いです。
というのも、子供の頃から新しい場になじむのが苦手で、小学校でも中学校でもいじめられっ子で、人が怖くなって高校ではいじめられないために、なるべく一人で過ごすようにしていました。

強くなりたいと思って高校から武道をやりましたが、技術は練習で向上しても、やっぱり人間関係で悩んだり、性格的なものは完全には克服できていません。(それでもやる前に比べたらだいぶ良くはなったと思っています。)
そもそもそういう場では、先生や先輩は厳しくて怖い存在だったので、気軽にしゃべるとか、気を緩めるということは一切ありませんでした。
本当に怖かったですが、学校でのいじめとは違って、うまくするため、ということがわかった上でのことなので、それは経験してよかったですし、周りの方たちにも感謝しています。

そして、大学の頃にふとしたきっかけから精神科に行って鬱、自閉症、発達障害の診断を受けました。


そして今、新たな問題に直面しています。
私が今いる場では、自信を持って自分の個性を出す、みんなの前で気持ちを解放する、ということが求められます。もちろんそれ以前に人間関係もです。

過去のことがトラウマになっていて、今私は、人とまともにしゃべれません。
面と向かうと表情も引きつってしまったり、頭が真っ白というか混乱するような感じで、声や言葉がうまく出てこなかったり、しどろもどろになってしまいます。
また、みんなの前に出るときも、自分で自分を強く非難するような声が、反射的に心の中で浮かんできてしまって、動くのをためらってしまいます。

やってるうちに慣れると思ってはいたのですが、このままでは雰囲気を壊してしまったり、周りの人たちに迷惑をかけるのが耐えられません。
何としてでも自分に自信を持って、強い気持ちを持ちたいです。
過去がどうとか、自分が発達障害だとか、そういう事を言い訳にするのではなく、直面している今やこれからを明るくしていきたいです。

もともと小さい頃は、すごく元気で明るく、人懐っこい性格だったですし、人前で自分を出すのがむしろ一番好きな目立ちたがり屋みたいな感じだったのをよく覚えています。
それだけに余計にもったいない気がして、自分の中の負の気持ちを取り去りたいです。


例えば思い浮かんだのがお寺の修行(滝行、護摩業など)を定期的に受けに行くのはどうかなと思ったのですが、気持ちを強く持って新たにスタートするために、何かいい方法はあるでしょうか?
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2017-09-20 00:07:00

QNo.9376508

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.5

私は海外にいますが、町中の日本人は二通り、目が細く色黒の細身の筋肉質(サッカー選手タイプ)、あるいは色白で肩が落ち腰が細いタイプ、後者はなよっとして見るからに頼りない。前者も痩せているので素早そうに見えても決して強そうには見えない。どちらも比較的170センチ前後か以下が多い。特に中年日本人は顔の筋肉まで下がって見えます。とにかく痩せている。外国人で背が低めの男は、ジムで鍛えて存在感を出しているようですが、これはメイクセンス。なよっとしたタイプはいくら財力があろうが、やはり男性ホルモンがなさそうなゲイ人に見えます。外人の背が低い男と何が違うのか、彼らは自分で鍛えた肉体で男としてイケていると思って堂々と歩いていることなのです。それが日本人から全く感じられません。何だか忍者のように音がしない歩き方なのです。逆に中国人の方が堂々として見えます。最近の中国の若者は背も高いのが来ています。体重も彼らの方が少し多めでしょう。だから存在感があります。

私の思う、知力、体力、財力、人脈の中で、私はあなたはとにかく体力を強化してみてはと思います。ジムに行きパーソナルトレーナーをつければ金がかかりますが、財布の金が減れば気力も減る、だから自力で増やすのです。栄養素を配慮し、腹筋や肩まわり、上腕、足の筋肉、背筋を鍛えたら良い。背筋もまっすぐになるでしょう。筋肉量を増やしてからそういった定期的な修行に参加してみてはと思います。要するに気おくれしないためには、頑丈な肉体に精神を入れる。例え精神が多少弱かろうが、頑丈な入れ物には頑丈な魂が入っているように周囲に感じさせると思うからです。その反応を持って、あなたはもっと緊張がほぐれていく気がしますよ。

投稿日時 - 2017-09-20 19:33:58

ANo.4

自信は、滝行すれば持てるようになるとかそういうことじゃなくて、やると決めたことをやり抜いたり、難しいことができるようになったり、人に認められたり褒められたり、誇りに思える実績をひとつずつ積み上げていくことで持てるようになっていくもんなんです。

でもあなたは、鬱で、自閉症で、発達障害なんですよね。病気なのに、病気がない人と同じにやらなくちゃいけないと思っても、それは無理なんじゃないですか。自分に向いていない場所に身を置いて、悩み苦しむよりも、自分に合った場所で自分らしく生きる方がいいんじゃないですか。

意味のない修行なんかより、まず病気の治療してください。

投稿日時 - 2017-09-20 15:35:56

ANo.3

何だかね、いじめられた経験のせいで、いじめられる前の自分がものすごく美化されているような気がしてなりません。
あの頃「万能感」みたいなものを取り戻したい願望があるのでは。

だけど別の視点で考えてみて欲しいのですが、
小さい頃は、すごく元気で明るく、人懐っこい性格だったというのは、
恐れも知らず、世界も狭く、何もかもが未知にあふれていたからです。
だけど幼い子供の世界が広いのは未知だからこその広がりなんですよね。
しかし社会との接点が増えるに従い、恐れを感じ、視野が広がり、現実を知っていきます。
恐れや壁にぶつかったことはあなたの世界を狭くしたのでしょうか?
私は逆だと思います。
ここに壁があると分かった時に、世界が無限ではないかもしれないという発見をし、その先への興味も湧いたのではないでしょうか。
色んな壁にぶつかったり乗り越えたりしながらあなたは前に進んだのだから、
幼いあの時の自分に比べたらずっと広い世界を手に入れているはずです。

自分を解放するのが怖いというのは、
自分を解放したところで自分の弱さや浅さが皆に知られてしまうのではないかという恐怖があるからでしょうか。
あなたが取り戻したい幼い頃の自分なら自分を持って解放できますか?
私なら何も怖いもののない人よりは、怖さや痛みを知っている人の方がよほど親しみを抱きますが。
自分にはできないことがある、つまずいた過去がある、それは殆どの人が何かしら直面したことがあるもので恥じることではないし、
全ての人に受け入れられなくても、同じ痛みを抱えたことがある人はあなたと気持ちが通いやすいのではないでしょうか。

全ての人に受け入れられなくてもいいのだし、
今の自分をそのまま解放してみて、受け入れてくれる人と少しずつ関係を築いていけばいいと思います。

>周りの人たちに迷惑をかけるのが耐えられません。
だけど迷惑を掛けていいのは新人のうちだけです。
今迷惑を掛けて失敗を経験しておかないと、別の失敗への対処を間違うかもしれませんよ。
大事な事は失敗ではなく、失敗したことをどうフォローするかとか、別のことで挽回するかであって、失敗を一度もしないことではないのです。
誰でも失敗はあります。
それを受け止めてあげることは一緒にいる人の大切な役目でもあります。

> 何としてでも自分に自信を持って、強い気持ちを持ちたいです。
自分を追い込んで身に着ける自信が今のあなたには必要なのでしょうか?
私には低いハードルを飛び越えて誰かに認められて褒めてもらうことの方がずっとあなたの自信に繋がる気がするのですが。

お寺の修行は自分の弱い心を引き締めることで自分に向き合うことですよね。
あなたは自分を見つめすぎて周りから浮いている自分に悩んでいるようなので、
自分への意識をもっと下げて、「こんな周りに迷惑ばっかり掛けている奴でも愛されているんだよな~」という理由について考えた方がよくはないでしょうか。

山の上に上れば上るほど孤独になっていきます。
麓に下りてくれば人はたくさんいますし、色んな人だっています。
今いるところが空気が薄くて誰もいなくて辛いのなら、
自分の能力に対する認識を一旦改め、自分のレベルに合った位置まで下りて、
そこから力を付けて再チャレンジしないと途中で倒れてしまうのでは。

あなたが今登っているのは、
昔の自分が簡単に登れた記憶のある公園の砂山や、
遠足で登って大変な思いをした小山ではなくて、人生という大きな山ですよね。
だけどそれはたった一人で登るものではなくてみんなと助け合って登ればいいのですから、難しい時は誰かの手を借り、誰かが助けを求めた時にあなたに余力があるなら助けてあげればいいのではないですか。

一人で登り切れるようなメンタルの強い人はごくわずかですよ。

投稿日時 - 2017-09-20 10:00:20

ANo.2

こういう人たちの話をたくさん知ることも大切かもしれません。

規格外な夫 ~セロトニンが足りません~
あの頃を振り返る1 https://ameblo.jp/ryu-tamako2/entry-12308867526.html
あの頃を振り返る2 https://ameblo.jp/ryu-tamako2/entry-12309171734.html
あの頃を振り返る3 https://ameblo.jp/ryu-tamako2/entry-12309775043.html

ここに、こんな言葉が書いてあります。

-----------------------------------------------

なんていうのかな
「出来て当然」とか「あたりまえ」の基準が
ぐ~ッと下がったっていうか…

結婚して9年
わたしたちは時間差で
「あたりまえ」が「あたりまえじゃない」と
学んできたのかもしれない

----------------------------------------------

質問者さんたちのような方は、傍から見ているとこれでもかというほど高いハードルを設定しているように見えます。
自分と誰を比べているのだろう。
どうしてそこまでにならなきゃいけないと考えているのだろう。
って、本当によく思います。
天才と比べれば、誰だってダメな人間です。
長年、それを強みにしてきた人と比べれば、能力が劣っているのが普通です。
だからこそ、人と比べず、自分が出来ることを知ること。
それで満足すること。
そしてそれ以上を望むときには、出来ない自分をダメなのだと考えないこと。
※出来るようになるために努力をするのだから、出来ないことが普通です。

本当はまず「普通」を目指さなきゃいけないのに、その上の「出来る人」を目指すから苦しくなるんです。
それを知ることも大切だと思いますよ。
普通の人は、出来ることと出来ないこと、得意なことと苦手なことがあるものです。

投稿日時 - 2017-09-20 07:07:04

ANo.1

だれでも同じですが、自信があるということは自分ができることを丁寧にやっていくということです。逆に自信がないということは自分にできないことをやろうと焦っていることです。

投稿日時 - 2017-09-20 02:04:24

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-