こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

和装(着物)に関する資格

初めに、 美容&健康>ファション  No.11189  着付師について
で、皆様のご回答を求めました者で御座います。

先の質問では「a-flora」様、「snahukin」様には明確なご回答をお寄せいただけましたこと、改めて御礼申し上げます。

先の質問にて、私は呉服業界へ転職したいが為に、着物の勉強のため、着付師の資格の取得方法をお聞き致しました。しかし着付師というものは、女性が下着姿の状態から着物を着せていく資格だと知り、「男性」である私には勤まる仕事ではないと判断致しました。

では、男性が呉服業界において、知っておいたほうが良いと思われる知識並びにそれに付随する資格などがあれば、是非ご回答いただけますよう、お願い致します。

今のご時世、「ただ着物が好きだから」では就職は難しいと思うがゆえに、先の質問をさせていただきました次第に御座います。

私はたしなみとして茶道を習っている影響もあるでしょうが、純粋に着物が好きで、今時珍しいかもしれませんが、普段着として気分的に着物を着ては、買い物等を楽しんでおります。
それゆえ、男性の着物の着付には多少知識はあっても、女性物に関しては、さっぱり分からないのが現状です。

ささいな事でも結構ですので、転職につながるような、就職戦線に勝ち抜く「武器」を教えて下さい。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

投稿日時 - 2004-07-22 10:07:03

QNo.935342

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

 呉服業界ってどういう職種をお考えなのでしょうか?
一番簡単なのは呉服店勤務ですが
呉服店の店員というのは着物に対する知識だけではつとまりません。
はっきり言いますと、どれだけ着物を売れるか
つまりコネを持っている人重視なのです。
うちの母は着物に対しては少々自信があったため
採用されて意気揚々と出勤しましたが肩を落として帰宅しました。
最初に「販売先を開拓してほしい」的なことを言われたそうです。
「ノルマじゃないんだけどね」と付け加えられたそうですが
もう一人の店員さんは長年幼稚園で保母をしていた方で
成人式などの節目に話を持ちかける相手には事欠かないため
コンスタントに売り上げを上げていたようです。
反物の扱いは私の方が慣れていたと母は主張しますが
どう考えても勝てっこありませんよね。
このまま勤めていてもそのうち居づらくなると悟った母は
翌日店に「やめます」と連絡していました。早すぎ。

 でもそれが現実です。
採用した店員に期待するのは着物の知識ではなく
一枚でも多く売るためのコネなのです。
言い方は悪いですが販売員は使い捨てのようなものです。
採用は意外と簡単でしょうが
販売先のあてがなければ長く勤め続けるわけにはいかないでしょう。
そういう地方の小さな呉服店だけではありません。
大手呉服店に就職した高校の同級生から成人式前にDMが届いたこともありました。
男性でしたし特に親しくもなかった同級生でしたから
恐らく同窓会名簿を元に何百と送りつけていたんでしょう。
着物が好きだからだけではつとまらない業界だと思います。
着つけ師の資格なんかよりそういうコネをアピールした方がよっぽど武器になるはずです。

投稿日時 - 2004-07-22 10:48:10

お礼

そうですね。今の時代、特に若い世代においては着物離れしてきておりますし、そんな中で売上をあげるためには、やはり現実問題で考えますと、コネ、つまり人脈がいかに多いか、そして新規開拓が出来る能力こそが資格云々よりも重宝されるということですね。

大変参考になりました。ありがとう御座いました。

投稿日時 - 2004-07-22 22:29:17

このQ&Aは役に立ちましたか?

11人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

私の友人(女性)が、一般企業から、あるリサイクル着物の会社に転職しました。とくに「資格」などなかったそうですが、本人が着物が好きで、お茶を習っていて、お免状もかなり取っているというのがどうやら採用の際に評価されたようだとのこと。

呉服業界では着物のことは知っているのが当たり前。だから「着付け」「仕立て」などの、技量が問われるものはあっても、「この資格をとれば着物のことが覚えられる」なんていう知識重視の資格はないのだと思います。
むしろ、重視されるのは「プラスα」の別の知識や人脈だったりするのかもしれません。

お茶をやっておられるのでしたら、お茶会に出て、女性の着物姿を見る機会も多いでしょうし、茶道における和服の決まり事などを教えていただく機会もお持ちでしょう。そちらの方がよほど財産(武器)になるかと。

女性の着物については、男性ものとは比べものにならないほど数多くの種類の書籍や雑誌が出版されています。
知識はそちらでも十分得られるのじゃないでしょうか?
最近は、若い女性向けのファッション誌や着付けの本などでも、帯結びや小物の取り合わせ方などの情報が簡単に得られるようになりました。
女性向けの着物雑誌「美しいキモノ」「きものサロン」などはご覧になってますか?

投稿日時 - 2004-07-22 15:36:57

お礼

そうですね。着付師等の資格よりも、本を見ていろいろと勉強していきたいと思います。

本屋ではよく立ち読み(!?)しておりますが、自分が着物を着るために、周りが様々なファッション誌を見て自分の服装を研究するように、私もこれまでは自分の、つまり男性の着物の本しか見ていませんでした。これからは着物全般を勉強する為として、女性物もしっかり読んでみようと思います。

私もリサイクル着物屋(たんす屋)を転職先として考えているところがあります。勿論、普通の呉服店も考えておりますが、ネ!

大変参考になりました。ありがとう御座いました。

投稿日時 - 2004-07-22 22:48:30

ANo.1

お仕立てとか、染めるとか。。。でしょうか。
あと小物関係に詳しくなるとか。

男性だと販売に回る事が多いと思います。
もしくは卸しとか。
ブランド物もかなり種類ありますし、
小物だけでもすごい数になるでしょう。

知識を付けるのが一番早いのではないかと思います。

母が着物会社にいるので 書かせていただきました。

投稿日時 - 2004-07-22 10:15:41

お礼

参考になりました。ありがとう御座いました。

投稿日時 - 2004-07-22 22:24:34

あなたにオススメの質問