こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

東芝は10年ごとに経営がピンチになっていると聞いた

東芝は10年ごとに経営がピンチになっていると聞いたので、本当かよとヤフーファイナンスを見に行ったら、2008年に株価が今ぐらいに大暴落していた。

10年前の東芝は何をやらかしたのですか?

10年前の東芝は立て直したので、今回も10年前の教訓を知ってる先輩たちがいれば東芝は再建出来ると踏んで株を買おうかと思っているんですがどう思いますか?

村上ファンドとか投機系の投資ファンドも立て直ると踏んで買い増ししてませんか?

10年前は再建出来た理由は何だったんですか?

今回は事情が違いますか?

投稿日時 - 2017-06-17 07:38:25

QNo.9342042

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

やらかしたのは東芝ではなくて米国の金融機関です。
サブプライム・ローン等に端を発した米国経済のバブル崩壊。
リーマン・ショックなどとも呼ばれています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%82%AF

東芝、日立製作所、ソニー、その他どの株もみな暴落しています。

その後約10年の歳月をかけて株価が戻ってきたのは経済全体が安定してきたからです。

今回の東芝の暴落は、東芝固有の理由によるものですから事情が違います。

投稿日時 - 2017-06-17 08:09:30

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2017-06-17 10:14:38

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

他の回答通りで、10年前は米国発のリーマンショックによるものです。ただ、今回は原発建設から手を引いて当たり前なのに、赤字だらけで復活の可能性がない米国の原発製造のウェスティングハウスを買収したことが原因です。従って、10年前とはわけが違う。

また、東芝は虎の子の医療関連の事業を既に売却し、最大の儲け頭の半導体関連の事業も売却する。もはや、東芝が生き残る道は、かつての三洋電機やシャープのように外国の会社になることしかない。本来なら事実上の倒産をしていて当たり前だ。つまり、会社更生法または民事再生法の適用申請をしておかなければならない状況だ。

従って、違法行為を繰り返して壊滅した村上ファンドは立ち直っていても買い増しは不可能だ。当然、他の投資ファンドにも相手にされない。買うのは、事業のうまみがある部分だけを買収する外国のハゲタカ製造業だけだ。

投稿日時 - 2017-06-17 10:19:53

ANo.2

blackkigyou2017 さ、こんにちは。

今回は致命的でしょう。損失は今までの規模ではないからです。アメリカのウェスチングハウス社の買収から、経営のハチャメチャぶりが分かります。私はこのニュースを聞いた時、日本も原潜を作るのかと思いました。でも結局、なんでもないただのお荷物、売っても1兆円も価値がないんですから…

投稿日時 - 2017-06-17 09:52:14

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2017-06-17 10:14:24

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-