こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

美容室開業します。税金のこと教えて下さい!!

AさんとBさんは親子関係(父・息子)で
A(父)…S区  B(息子)…N区 在住です。

AとBは一緒には住んでいませんが、住民票は同居という扱いでS区になっており、
現在はBはAの扶養に入っています。市府民税や健康保険料などAが支払っている状態。

Bは美容師の仕事をしており、今働いているお店のオーナ兼、店長が辞めることで、その方から権利譲渡をし、新たに屋号を変え開業する運びになりました。
Aは個人事業主(税務署に開業の届け出はしていません)として、コンサルの仕事をしています。

さて、ここからが質問です。

(1)個人事業主を A or B どちらにする?

(2)税金が抑えられる方法?

(3)住民票(世帯)を別々にした方がいいのか?

(4)開業にあたり青色申告した方がいい?

どの方法が一番税金を抑えることができて、ベストなのか?
ご意見いただけたら助かります。

宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2017-06-14 22:39:43

QNo.9341248

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

(1)
Bが開業するというのなら,それはBが個人事業を行うということです。Aは何の関係もない。
それともAが美容院を開業してBを美容師として雇うのですか?それならBは給与所得者であって個人事業酒ではありません。
(2)
しっかり働いて税金を収めてください。
(3)
実際に住んでいるところが別であれば当然に住民票は別です。した方がよいとかいう話ではありません。
(4)
青色申告をしないメリットは,青色申告の申請をしなくても良いことと,記帳を簡略にまとめても良くなることくらいです。青色申告をするメリットに比べてごく僅かですから,青色申告をしない選択はありえません。

投稿日時 - 2017-06-15 12:24:13

お礼

回答ありがとうございます。
青色申告は必須ですね。会計ソフトを検討したいと思います。

投稿日時 - 2017-06-20 23:50:52

ANo.1

(1)個人事業主を A or B どちらにする?
 Aさんは、コンサル業の個人事業主。Bさんは、美容業の個人事業主。

(2)税金が抑えられる方法?
 それぞれ、税務署に開業届を提出して、それぞれ青色申告にしましょう。

(3)住民票(世帯)を別々にした方がいいのか?
 AさんはS区。BさんはN区。それぞれ別でしょう。

(4)開業にあたり青色申告した方がいい?
 何も届け出ないと「白色申告」になります。
 青色申告は、白色申告よりも有利な取り扱いがあります。

投稿日時 - 2017-06-14 22:57:57

お礼

回答ありがとうございます。
ご参考にさせて頂きたいと思います。

投稿日時 - 2017-06-20 23:46:14

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-