こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

離職票提出前や申請中3ヶ月以内でのアルバイト

こんにちは

私は今年の8月に5年勤めたアルバイト(雇用保険加入)を自己都合で退職します。
微々たるものですが、せっかく長く働いたので再就職手当てを頂きたいと思っています。

しかしわたしは以前からリゾートバイトというものに興味があり、退職後リゾートバイトを二ヶ月程経験してみたいと考えています。
そしてその後は長期派遣社員に登録したいと思っています。(派遣をしながら転職活動)

そこで、自分なりにいろいろ調べてみたのですが
以下の方法の手順を実行したら再就職手当ては貰うことはできますでしょうか?

初めての離職で無知であり、間違っていたら教えて頂きたいです。

1、離職票提出前にリゾートバイトに短期でいく。その際はリゾートバイトの雇用保険に加入しない。(リゾートバイトの保険加入条件に二ヶ月以上とかいてあったので)

2、二ヶ月の派遣期間を終えた後しばらくして離職票を提出する。4ヶ月以内はスポットでアルバイトをして週20時間を抑える。

3、手当て支給二ヶ月後に長期派遣社員に登録して再就職手当てをもらう。

以上です。
また、できるだけ稼げない単発のアルバイトの期間は設けたくないので、離職票提出後の3ヶ月の間に二ヶ月だけリゾートバイトに行く(雇用保険なし) という手段も再就職手当てを貰える方法としては可能でしょうか?

いろいろ間違っていたら教えてください。手当てが貰えない場合はもうリゾートバイト行ったあとすぐに派遣社員に登録して失業手当てを諦める予定です。

宜しくお願いします。

投稿日時 - 2017-05-15 20:09:39

QNo.9329642

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>1.
 ・2ヶ月以上は、社会保険(健康保険・厚生年金)のこと
 ・雇用保険は、週20時間以上、31日以上の契約の場合は加入
 ・この場合、8月退職時の離職票と上記の離職票の2通を提出
>2.
 ・ハローワークに書類提出後、7日間は待期期間(アルバイト不可)
  その後、給付制限の3ヶ月があるが、この期間は雇用保険に加入しない
  範囲でアルバイトは可能
  給付制限明けから、給付期間に入るが、アルバイトは制限されるので
  事前にハローワークに可能な範囲を聞いておき、その範囲で行う
  >4ヶ月以内はスポットでアルバイトをして週20時間を抑える
   ・給付制限期間の3ヶ月と給付期間に入ってからのバイトの仕方は違う
>3.
 ・入社日時点で、給付日数の1/3以上残っている必要がある
  給付日数が90日なら30日以上
  要件をクリアすれば、基本手当の残りの日数分の60%が再就職手当になる
  (登録して、派遣先の入社日が確定すること)
 ・再就職手当が、支給されるのは、入社後1ヶ月+1週間~2週間後

投稿日時 - 2017-05-16 05:07:55

お礼

詳しいご説明ありがとうございました!保険の理解を間違えていました!頂いた情報をもとに、直接ハローワークを訪ねてみようと思います!ご丁寧にありがとうございました!

投稿日時 - 2017-05-30 13:41:59

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

給付制限がある再就職手当ての支給条件は、ハローワークからの紹介(待機期間中)でかつ賃金が発生する就労をした日は賃金額と4時間以上か未満を報告用紙に記入する必要があり就労した日は失業状態でない日となり失業保険の減額されます。ただし給付期間延長になります。以上を踏まえ失業保険の残り等を計算した上での支給です。

投稿日時 - 2017-05-15 21:02:35

お礼

ありがとうございます!やはり無知でした!すいません、、!実際にハローワークにいってきいてみようと思います!

投稿日時 - 2017-05-30 13:40:20

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-