こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

母を許せる心を持つにはどうすれば良いのか

30歳です。

母は、普通の言い方をすればミーハーで教育ママ、言葉を選ばずにいうと宗教の信者であり目的のためには手段を選ばない気の違った人でした。

小2あたりから何かの影響を受けたのか気が違ってしまい、某大手中学受験予備校である日能研の通信教育や模擬テストを受けさせられました。
小3からは、通学もしました。
そこから先は地獄で、ご存知の人もいると思いますがあの塾は毎週テストがあり、成績上位者が毎週掲示されます。成績別クラス制であり、各クラスの席も成績順です。
私は幸い、最上位クラスから陥落することはありませんでしたが、毎週のプレっシャーはもの凄いものでした。
吐いて家に帰ったこともありました。

しかも、その毎週のテストの自己採点が思わしくないと、必ず母が「やる気がないなら辞めなさい!!もう教材も捨ててくるから!!」とか、鬼としか思えない形相で怒鳴りつけてくるわけです。

中学受験の結果は、ナントカ全滅は免れたといったところでした。
しかし母はその結果をお気に召さなかったとようで、塾の「合格者名簿」のようなものを、私が見ることもないままに廃棄してしまったようです。
「なんで捨てたの?」と訊いたら、「他の子の受かった中学と名前を見たくなかったから」と言っていました。

さらに、中学受験終了後から小学校卒業までのわずかな期間も、地獄の経験をしました。
なんと、「今の内に勉強しておかないと中学で落ちこぼれる。受験が終わったからといって勉強をさぼるのは許さない」というのです。

残りわずかな小学生生活を、皆と違う中学に進むことになった自分なのに、最後の思い出を作ろうというのも許さなかったわけです。
これには逆らったのですが、そうすると「勉強もしないような得体の知れない風来坊には、ウチから出す食事はない」と言い、給食以外は食べ物を与えられないという日々に突入しました。
虐待だと思います。

まあその状態は小学校卒業と同時に解かれましたが、中学入学後もやはり地獄の日々が待っていました。
中学も、テストの成績でクラス分けという制度があり、やはりプレッシャーでした。
母は、いわゆる「英検」に非常に力を入れていました。
英検2級は、高校卒業レベルですよね。
それを、私は中2で取得しました。
もう、母がつきっきりで監禁して、英検対策を叩き込んでくるわけです。
理解が遅い度に、もの凄く怒鳴られたのを覚えています。
勉強ができなければ、大晦日も元旦も関係ありません。
年越しの夜ですら、「こんな勉強もできない息子がいるのに腹が立つわ」と、寝ているときにコンコンと言い聞かされていました。
また勉強が思わしくないと、深夜に襲撃してくるんで、ロクに寝ることもかないませんでした。
それをクラスの人に言うと、「虐待されているらしい」と噂がたちました。

高校になると、流石につきっきりで勉強の面倒を見てくるようなことはなかったですが、大学受験の受験校、学部で言い争いになることが多かったです。
例えば、これは私の出身大学、学部でもありますが、早稲田大学社会科学部です。
これは今は改正されたかもしれませんが、かつては夜間学部でした。
ここを受けるというと、「そんなところは夜間でしょう!普通の大学じゃないのよ!受けるのは絶対に許しません!!」と言った具合で、自分の意に添わない受験は許可されませんでした。

おまけに中学高校は片道2時間はかかりましたから、もう地獄そのもの、ブラック企業とか甘いなと思っています。

それで、驚くのはこれからです、大学に入った後は、全くと言っていいほどの無関心な親に変貌しました。
息子がそれなりにブランドのある大学に入って安心したんだかなんだか知りませんが、急に韓流ドラマを見始めて、「ヨン様と結婚した~~~い」とか言い出しました。

就活の時期は、「とにかく一流企業の名の入った会社にしなさい」「三井という名がくっついていれば、銀行だろうが保険、不動産、ITだろうが倉庫だろうがなんでも良い」とのことでした。

私が社会人になった後は、「天才子役」とかに嵌りだしました。
今でもドラマを良くみてるるようです。それも昭和時代の・・・。

まあ、教育ママという仮面が取れて、単なる実質独身の、寂しい高齢女性に成り下がったわけですね。

私も人の子であるし、確かに学歴の世話になった部分もあるから、できれば母を許したいんです。
私もミーハーですから、最近のドラマについて話をしたりすることもあります。
そこにはかつて受験戦争の駒としての扱いを受けたとかいったしがらみはありません。
でも、たまに今でもかつての受験戦争時代の親子に戻ることがあるんです。
決して完全に終わったわけではないのです。

私も鬼ではないし母のトドメを刺そうとも一応思っていませんので、できれば受験戦争時代を
乗り越えたいと思うのですが、完全に許させるにはどうすれば良いでしょうか。

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2017-02-19 00:06:19

QNo.9295494

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

日本も学歴社会ですから感謝するべきでしょう。
学生は勉強することが目的です、遊ぶ為ではありません。

投稿日時 - 2017-02-19 00:29:40

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2017-02-20 22:36:15

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

大変でしたね。

許さなくていいのではないですか?

嫌な感情は、自分を守るためにあるもの。小さかったあなたは、守る術を知らなかった。

今のあなたなら、自分を守る手段に出られるはずです。

今はもう問題ない状況だとしても、
心の奥に、ツライ思いをした自分が残っていますよね?

小さい頃に従うしかなかった自分を救ってあげるためにも、今からでも、自分を守る手段に出てあげたらいかがですか?

攻撃せず、家から出て
母親よりも幸せになりましょう。

応援しています。

投稿日時 - 2017-02-20 17:07:35

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2017-02-20 22:35:51

ANo.4

過去の事何かどうでもいいのでは?あなたも現在30歳なら嫌なら家を出ればいいのでは?

投稿日時 - 2017-02-19 19:49:02

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2017-02-20 22:35:58

ANo.3

時間が解決してくれます。
私が母親を許したのは、母親が痴呆になってからです。
私は60代ですが、母は変わった人で本当に嫌なところがありいくらそんなことはやめてと言っても、ダメでした。
でも、長所や優しい所もあり、優れた才能も持ってる人でした。
変なところは腹が立つやら、大迷惑で母を愛しながらも許せない思いで
いつも批判ばかりしてましたが、80才に近くなると母は壊れ始め、
それに伴い困った面もなくなり、素直で可愛い母になりました。

私も壊れ始めた母を目の前にして、すべての怒りが消えていきました。
母の困った面というのはお金がなくても高額な買い物をするところです。
 最近になって思うのは何か脳に障害があったのだろうと思います。
金銭感覚のところが発達障害だったんだろうと思います。

貴方も時間が解決してくれますよ。貴方のお母さんも困ったお母さんではあるけど、貴方を捨てずに育ててくれた、
食事を与え病院に連れていき、お金も出してくれた。

どこの親子もそんなものです、愛憎混じった親子関係をいうのが普通だと思います。

投稿日時 - 2017-02-19 08:38:04

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2017-02-20 22:36:04

ANo.2

よくグレずに乗り切りましたね。自分はえらい!頑張った!と自分で褒めていいと思います。そして、普通にドラマの話などできる関係でいられるというのもすごいと思います。これ以上、無理に「完全に許す」とか考えなくても、子供としては十分すぎるくらい親孝行してると思いますよ。

たまに喧嘩くらいしてもいいじゃないですか。親子なんだから。

投稿日時 - 2017-02-19 02:00:58

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2017-02-20 22:36:10

あなたにオススメの質問