こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

在宅介護VS施設介護

それぞれに一長一短があり、各々の状況でどちらがふさわしいかは違うから、こっちが良いという正解はないですが、皆さんは在宅介護派ですか?施設介護派ですか?私の母は重症のうつ病で私は手を焼いてきました。在宅介護に限界を感じてケアマネから今のショートステイを紹介されました。このショートステイは長期利用者(最長3年)が多く、母も1年9か月、預けっぱなしですが、母の性に合っているのか、だんだん元気になりました。自治体もショートステイの長期利用に関して、うるさく言いません。ケアハウスなど、機嫌なしで預ける場所を探したり見学もしますけど。この経験から私は以前は在宅介護しか考えられなかったけど、今は施設介護派です。

投稿日時 - 2017-02-04 15:16:28

QNo.9289698

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

介護度3以上になると在宅では
介護が難しくなってきます。
介護の人手が不足するのなら
施設が必要になります。
 なおケアハウスは「訪問介護」で
 あり自宅(在宅)に同等な住まい
 です(事情がある所もありますが)。
施設では介護の手はありますが、年を
とるということは「病」にも冒される
ということ。看護が必要です。
しかし施設には看護の手はたりません。

今日、環境は一層厳しく選択がより
困難になってきていす。
現在、介護度1~5の在宅介護の
割合は70%です。

今後2025年にむけ各自治体は
「地域包括ケアシステム」という
在宅医療看護介護、並びに住民
互助からなる連携を巡らす予定で
準備をしています。
しかし訪問看護師は一貫して不足
が続いています。
また年間の死亡者数もこれから
ピークを迎えますが病床は増えま
せん。

そうです、不十分なままの在宅介護、
そして在宅看取りの時代に入ってゆく
可能性があります。
このため、高齢社会をどうするか
選択子を待つのではなく積極的に参画
してゆくことが望まれるのです。
この場合、介護のみならず看護など
他にも重要事項が多々ありますので、
参考に示させていただきます。

1 健康寿命
2 病のパターン
3 医療行為
4 リビングウイル
5 介護申請
6 施設か在宅か
7 4つの痛み
8 その時、居るのは誰?
9 グリーフケア

投稿日時 - 2017-02-05 07:52:17

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

>母の性に合っているのか、だんだん元気になりました。
冷酷な話ですが、一時的なものです。 死に近付く速度早遅の差を実感しただけです。
あなたの年齢(お母様の年齢)、家族構成、費用に関するお話を一切されていませんが、少なからずとも人の手を借りれば借りるだけ費用が嵩むのは必然的ですし、期限の見えない状況に人生計画も立てれないでしょう。 サポート役はあなただけなのか? お母様だけが老いて、あなた自身がいつまでも健康とは限りません。
他に家族、あなたの兄弟(姉妹)がおられるのか分りませんが、外野席の皆さんで十分話し合って、今のうちに(働いて収入が得られるうちに)稼ぐだけか稼いでおかれることをお勧めします。
「在宅介護」で重症になれば「施設介護」、、、ではなく、スローライフになるのはハッキリしているのですから「施設介護」の間に毎月の支払以上の収入(貯蓄)を確保してください。 あなた(兄弟姉妹の既婚者)に未婚の子供さんがおられるのであれば、彼らの若年齢を利用し、3~5年後に増額されて降りて来る積立生命保険を利用するのも手です。

投稿日時 - 2017-02-05 13:38:43

ANo.1

施設派です
在宅では見て居ませんが
先ず仕事をする気になれないだろうと思い
施設でお願いして居ます

3年になりますが
在宅ならもっと早くなくなっていたかも
施設だと至れり尽くせりで命の危険性は少ないですよね

投稿日時 - 2017-02-04 20:02:26

お礼

「施設だと至れり尽くせりで命の危険性は少ないですよね。」これはいただいたご回答のキーポイントになりますね。ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-02-06 12:05:24

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-