こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ビリギャル

本のビリギャルは、慶応の合格した方の先生への連絡が電話だったと思います。
映画の方は、塾へ行って報告していました。
どうしてこんな違いがあるのですか?

また、慶応の落ちた学部は、お腹が痛くなったから落ちたと思いますか?(想像で)
また、コーヒーを飲んだからお腹が痛くなったと思いますか?(想像で)

投稿日時 - 2017-01-15 17:24:58

QNo.9281625

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

映画では生徒と先生の距離感の近さがストーリーで大事な部分になっており、そこを最後まで貫きたかったのでは?

また、慶応の落ちた文学部は人気学部ですし、日本史があるぶん、科目的に単純に実力不足で落ちるべくして落ちたのではないかなと思います。

SFCは、慶応の他キャンパスに比べ人気度もだいぶ落ちますし、英語と小論文だけで受験可能とあって、もともと相性がよかったのだと思います。

投稿日時 - 2017-01-15 17:38:17

お礼

なるほど。
距離感の近さなどをうまく表現されたのですね。
合否もそのような感じなんですね。
名古屋大の子が落ちたのは現実的すぎて、へぇと思いました。
英語と小論文だけで受験可能なら、個性もあったし受かりそうですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-01-15 20:57:23

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-