こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

エンジンチェックランプ点灯の原因ついて

BMW GH-AV22についてですが、数ヶ月前からチェックランプが点灯しました。ディーラーにも見てもらったのですが、原因が分からずにいます。
症状としては、アイドリングが低い(Dレンジの時で600回転前後)、40~60キロ前後でのハンドルの振動(路面状況関係なく左右にぶれる。バイブレーションに近い感覚)、止まる時に違和感(ブレーキペダルをゆっくりと踏んでいるのに、ポンピングブレーキペダルしているような感じ)、燃費の悪化です。
ディーラーでは、希薄燃焼と言われました。
しかし、エアマス交換、エルボダクト交換、アイドルバルブ掃除をしても改善しませんでした。
別の整備工場では、フューエルトリムバンク1、バンク2リーンでエラーが入っていると言われました。近くにBMWに明るい所が無く困っています。どなたか詳しい方アドバイス頂けますと助かります。

投稿日時 - 2016-10-09 14:36:52

QNo.9240355

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

E46だから、fukuyamagumさんと同じ人だよね?
後の質問「エンジン警告灯について」で回答しちゃったので、そちらをご参照ください。

投稿日時 - 2016-10-12 04:55:45

ANo.1

同じBMWオーナーとして(当方はE36ですが)素通りはできなかったので、アドバイスにはならないかもしれませんが経験上のお話をさせていただければと思います。

当方の車もアイドリングが低く、信号停止時などに車体がブルブル震える症状があり、各種のセンサー類等を交換しましたが改善されず数年悩んでおりました。
燃料フィルター、燃料ポンプ、カムシャフトセンサー、クランクアングルセンサー、スロポジセンサー、吸気温センサー、アイドルバルブ、エアマス、エルボダクト、イグニッションコイル、O2センサー等々…。

あきらめかけていたところ、ひょんなことから中古のバノスユニットが手に入ったので、ソレノイドバルブを交換してみると症状が治まり今までにはない鋭い吹け上りになりました。それまでは全く実力が出ていない状態だったのですね。
車両も異なりますし断言はできませんが、バノスのソレノイドバルブがエンジン制御に大きく関わっていますので、点検候補に入れていただくことをお勧めします。

ハンドルのぶれやブレーキ異常については相関関係があるのかどうかわかりませんが、エンジンの異常燃焼から影響が出ているのかもしれません。希薄燃焼のエラーが出ているとのことですので、O2センサーの可能性が高いような気がします。ただ、E46であればテスターで確認できそうなものなのですが…。

BMWに強いお店は知っているのですが、千葉県なので質問者さまの地域ではないかもしれません。

お力にはなれませんが、早く原因が特定できることをお祈りしています。

投稿日時 - 2016-10-10 08:03:05

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-