こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

韓国語のなかの漢字について

テレビで韓国の新聞をみていると同じ内容(と思う)なのに新聞によってハングルだけのものや漢字が混じっているものを見かけます。韓国語のなかの漢字の位置づけ(?)は日本語のひらがなやかたかなと同じようなものでしょうか?また普段韓国の人は漢字を使用するのでしょうか?教えてください

投稿日時 - 2004-07-10 16:58:03

QNo.921481

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 日本語では、漢字があり、ひらがながあり、カタカナがあるということが大きな特徴ですね。韓国にはハングルしかありませんから、外国から新しい言葉が入るとそればかりが使われて元の言葉がなくなっていく、ということが起こり易いのです。
 韓国では日本語のように、漢字の音読みと訓読みの二通りを使い分けることもないし、西洋渡来の言葉をカタカナで表し、固有語をひらがなで表すようなこともできません。また、漢字語と言っても、中国語だけでなく日本語も相当に多く含まれています。和製漢語がずいぶん多いのです。
 そういう言葉もみんなハングルで音読みされますから、使っている韓国人の方では、どれが中国から来たものなのか、日本から来たものなのか、西洋からきたものなのか、あるいは元々の固有語なのかだんだんと区別がつかなくなってしまうのです。
 割引は和製漢語ですが、これを音読みすれば、カツインとなります。そんな言葉は日本語にはないですが、韓国ではこれを音読みしてファリンとして導入しています。多くの韓国人はそれが固有語だと思っていて、まさか和製漢語だとは知らないのです。
 また、大売出が韓国に入る時は、おおうりだしで入るのではなく、ダイバイシュツの韓国式の発音テメチュルで入るわけです。何故安売りセールのことをテメチュルというのか、その由来も知らずに使っている人もいます。
 また、日本人が作った西洋語の訳語である哲学も科学も資本主義も共産主義も帝国主義も、みんな韓国で使われています。

投稿日時 - 2004-09-09 21:00:27

ANo.9

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(9)

漢字についてはこちらよ♪

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=914976


あら♪大量捕獲♪

投稿日時 - 2004-07-11 23:31:14

ANo.7

舌足らずな所もあった様ですので追加の情報。

ご年配の方だと良くご存知の事ですが、
「十円五十銭」とは朝鮮語を母語とする人が
発音しにくい言葉の代表のような物です。
極めてブラックな歴史も持つ言葉ですが、
そういった面については本質問の主旨から
大きくそれますので割愛させていただきます。

アルファベットや漢字等に比べるとハングルは
歴史が浅く、逆にいえば、新しい文字です。
そしてその成立には人民への普及を目的とした、
人工的な起源を持ちます。
其の為、ハングルは少ないルールにより
多くの発音を表記できる様に論理的に作られました。

とはいえ、その起源は数百年前ですので、
全世界の言語を記述する事など目的になく、
圧倒的に朝鮮語の影響をうけているわけです。
また、その歴史において、ハングルが朝鮮語への
影響も与えていたでしょう。

つまり、朝鮮語で「発音」ができない言葉は
ハングルで「音写」が難しいわけです。
逆に言えば、完全に音写できたハングルの文があれば、
韓国の方がそのまま読めば、
日本語と同じ発音ができるはずなわけです。
その辺は日本語でLとRの区別ができないとか、
THの発音がうまく表記できないとかと同じ問題です。


ついでに「同音異義語」について
もとより表意文字を持たない西欧の言語であれば、
その文字の影響も受けて、「同音異義語」の弊害などは
生じない様に言語が発展します。
中国語や日本語の様に漢字の使用がされる言語では
「同音異義語」の弊害はその表記によって区別されます。

ところが、朝鮮語は漢字を使用していたため、
表記によって区別できるので同音異義語が発達しました。
ここでその漢字表記を排除した結果、
「同音異義語」が区別しづらい状況になったのです。
韓国ではこの弊害を克服すべく、西欧の様に
同音異義語を排除する様に言語を変化させ様としました。
しかし、言語は長い歴史を持っているものですから、
一朝一夕に変わるわけもなく、大きな問題となっています。

ということで・・えーっと・・
そうですねぇ、ハングルは日本語で言えば、
「超かな」といった位置付けになるでしょう。

投稿日時 - 2004-07-11 19:20:33

#4様

大変失礼ですが「10円50銭」とはどういう意味でしょうか??

漢字についてはこちらを参考にして下さい

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=914976

投稿日時 - 2004-07-11 11:11:13

ANo.5

言語学的には中国語は孤立語といって、タイ語やビルマ語がこの範疇に入ります。一方、日本語や韓国語は
膠着語と呼ばれています。英語やフランス語は屈折語です。
孤立語は名詞、動詞、形容詞の語尾変化が一切ありません。
膠着語は名詞に助詞がくっつき、動詞も変化して さらに助動詞や助詞がいくつもくっつきます。
屈折語は名詞や動詞が複雑な語形変化をします。

漢字は元来、中国語を書き表す文字であり、古代の朝鮮人は漢字で自分たちの言葉を表そうと、郷札や吏吐を考案しましたが、廃れてしまいました。日本のカナは朝鮮半島経由で伝わった漢字と一緒に、郷札や吏吐からヒントを得て作られたものと推測されます。朝鮮語は日本語と同じように、中国語とは違う言語体系で、しかも音韻体系も日本語よりも複雑だったので、
漢字で自国語を表記するのは非常に困難でした。

それでは、日本語で考えてみましょう。日本では 万葉仮名といって漢字の意味は度外視して漢字の音だけで
貴族たちが和歌を作っていました。その万葉仮名を簡略化して平仮名と片仮名が生まれました。次に、漢文
も読まれるようになりました。それで、漢字の一つ一つに日本語の訓を当てていき、レ点や返り点で漢文を直訳して解釈する方法が定着していきました。日本語で現在のような漢字かな混じり文が確立されたのは 平安時代になってからです。その意味では、源氏物語なんかは重要な位置にあると思います。

ところが、朝鮮半島では日本のような漢文書き下しのスタイルは一般化しませんでした。朝鮮半島では 漢字は一部の知識人しか操れず、自国語を表記する方法を持ち合わせていませんでした。そこで考案されたのが、ご存知のハングルです。しかし、ハングルが考案されても依然として漢字が主流で使われ、ハングルは
漢字よりも卑しい文字とされていました。

あとは、下の参考質問をご覧ください。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=903067

投稿日時 - 2004-07-10 19:17:20

ANo.4

基本的に漢字は「昔の字」です。

古来朝鮮半島では極限られた人々のみが漢字を使えるという状態でした。
ハングル自体は大変歴史のある朝鮮半島に伝わる字ではあるのですが、知識階層の人々は漢文を貴び、ハングルを蔑んだためあまり普及していませんでした。
前世紀初頭に日本統治時代、教育の普及目的で、
ハングルに利用が促進されました。

その後、大東亜戦争末期にハングルの教育が停止され、
日本語教育に移行したわけですが、戦後、日本語の排斥のみならず、漢字そのものの排斥が起こってしまいました。

其の為、戦後直後の教育を受けた人々は漢字教育を受けておらず、ハングルしか使用できない人が多くいます。

ハングル自体は単音節を1字とする体系で、字母の大変多くの組み合せで柔軟性があります。
実際問題、その柔軟性があまりにも高いため、
数学的に考えられるハングルのうち微々たるものしか利用されていません。

「自称、世界のどの言葉も正確に記述できる文字」ですが、「10円50銭」がキチンと記述できないのは言語的な限界があることを示しています。

えーっと・・なんだっけ・・あ、そうそう。

韓国の方々は名前は基本的に漢字表記がありますが、
前述の通り一時期は完全に漢字教育がなくなったため、
自己の名前を漢字で表記できない方も多くなっているようです。
北朝鮮の方の漢字表記については実は推測の域をでません。

全部ひらがなの新聞を想像してもらえれば分る通り、
ハングルのみでは同音の字句が区別できませんので、
大変大きな言語的な損失が発生したため、
最近では漢字教育の復活の声があります。

投稿日時 - 2004-07-10 17:34:54

ANo.3

こちらが参考になるかもしれません。

参考URL:http://www.blu.m-net.ne.jp/~tashima/c3.html

投稿日時 - 2004-07-10 17:19:14

ANo.2

この話題に関連するQ&Aが最近ありました。
参考にしてください。

韓国語について
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q_id=914976

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q_id=914976

投稿日時 - 2004-07-10 17:15:47

ANo.1

形は、簡単な漢字のようにも見えるが、漢字のように文字一つ一つには意味はなく、ローマ字やカナのように音を表す文字です。母音を表す10個の文字の部品と子音を表す14個の文字の部品をいくつか組み合わせて一つの文字をつくるとのこと。

かな文字なので以前は日本語のように漢字を混ぜて使ったが、現在ではほとんど漢字は使われないようです。(北朝鮮は完全に漢字を廃止している。)

投稿日時 - 2004-07-10 17:05:02

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-