こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

FXのレバレッジについて

これからFXを始めようと思っている素人です。

例えば1万通貨で取引し、+100pipsの時点で売りに出した時は、
1万円の利益となり、もしもレバレッジを10倍にしていたとすると、
10万円の利益となる。
といった認識で合っていますでしょうか?
ご教授頂ければ幸いです。
※お時間に余裕がある方は、始める前に必要な最低限知るべき情報等教えて頂ければありがたいです。

宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2016-07-21 23:17:30

QNo.9204819

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

FX歴18年ほどの者です。

1.利益は、取引単位=対円ペアで1円変動分です。

1万通貨で100pips(対円ペア1円)=1万円
10万通貨で100pips(対円ペア1円)=10万円

2.レバレッジは、預ける証拠金の割合です。

ドル/円=106.00の場合
1万通貨でレバレッジ1倍=106円×1万=160万円の証拠金
1万通貨でレバレッジ10倍=上記1倍のレバレッジの10分の1で済む=16万円の証拠金

3.利益は1のとおり取引単位×獲得pipsで計算しますから、レバレッジを上げても下げても利益額は変わりません。
レバレッジで変わるのは、預けた証拠金からの利益率です。

例 取引単位1万通貨、ドル/円=106.00で1円分(100pips)利益の場合
レバレッジ1倍=証拠金160万円で100pips=1万の儲け
レバレッジ10倍=証拠金16万円で100pips=1万の儲け

利益額は同じ、証拠金額が違いますね。

4.始める前に必要な最低限知るべき情報等

(1)注文ごとに、ロスカット設定をしておきましょう。
天災、人災、為替介入などで大きく変動することがあります。
過去には、2~3分で数円の変動、数日で10円~20円の変動というシーンがあります。
思わぬ大損をしないよう、ロスカット設定をしておくことを強く推奨します。

(2)テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析の最低限の基礎知識だけは把握しておくと良いでしょう。
チャートの分析・経済情勢などの分析は初心者さんには難しいと思いますが、大きく変動する可能性のある時事ネタ(重要経済指標・オプションSQや日々の仲値決めの時間・今の時事ネタとしてはEU問題・テロ・選挙などなど)に注意すると良いですね。

ご参考 経済指標カレンダー

http://www.yjfx.jp/gaikaex/mark/calendar/

FOMCなどの重要指標発表時は、値が大きく変動することがあります。
指標発表前まで上昇していても、発表直後から爆下げということもありまので、そのようなシーンに引っかからないよう事前にスケジュールを把握しておくと良いでしょう。

(3)初心者さんは、感情まかせのトレード(フィーリングトレード)をすると失敗しやすいと思います。

(4)蛇足ですが、このご質問内容から、質問者様はFX業者のサイトに書かれていることをまだご理解されていないことがわかります。
FX業者のサイトでは、最低限覚える言葉の意味など詳細かつ丁寧に記載されていますから、2~3社のFX業者のサイトを隅々まで読んで理解できる程度の知識はあらかじめつけておくと良いと思います。

投稿日時 - 2016-07-22 08:55:31

ANo.1

例えば1万通貨で取引し、+100pipsの時点で売りに出した時は、1万円の利益となり、

もしもレバレッジを10倍にしていたとしても、それは「証拠金に対して10倍の額=1万通貨」を取引しているだけなので、+100pipsの時点で売りに出した時は、レバレッジに関係なく1万円の利益となる。

つまり、レバレッジとは、たとえば、1万米ドルを取引するときに、1万米ドルは証拠金の何倍か(証拠金の何倍の通貨を貸してもらえているか)という倍率なのです。

1万米ドルを取引するとき、レバレッジ1倍であれば、証拠金も1万米ドルに相当する日本円を差し押さえられ、

1万米ドルを取引するとき、レバレッジ10倍であれば、証拠金は1千米ドルに相当する日本円を差し押さえられ、

10万米ドルを取引するとき、レバレッジ10倍であれば、証拠金は1万米ドルに相当する日本円を差し押さえられ、

そのレートが下がって、決済したときに差損が出た時に、証拠金の範囲ならそこから差損分だけ引き算されるけれども、証拠金の範囲を超えるとFX業者が回収できなくなるので、その手前で「強制決済」(ロスカット)をして、証拠金の中で差損を精算してもらうのです。

レバレッジが高倍率になるほど、証拠金に比べて大きな金額を扱っているので、少しのレート悪化で証拠金で穴埋めできなくなるほどの差損が生まれやすく、ロスカットに遭いやすくなるのです。

投稿日時 - 2016-07-21 23:40:22

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-