こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

領収書の保管について(法人)

宜しくお願いします。

実家の仕事を引き継いでおります。
ガス、光熱費を銀行引き落としで支払っていますが、領収書って保管する必要はあるのでしょうか?
それ以外にも、クレジットカードや電話代はなど銀行引き落としですが、明細兼領収書は毎月届きます。

他に、銀行引き落としで支払っているものはありますが、領収書は発行されていないものもあります。

母親がずっと保管していたのでその流れで私も捨てずにいるのですが、そもそも銀行引き落としのものは領収書を発行しないところが多いですよね。
引き落としのものは破棄しても大丈夫ですか?増えるばかりなので不要なら破棄してしまいたいのですが。

うちは当座がメインなので、恐らく母親は、銀行帳をつけていた流れでそのまま保管してたんだと思います。
当座照合表が届いても、そのまま保管していました。

クレジットカードは明細があった方が何に使ったかわかるので、保管しておいてもいいかなあとは思いますが、破棄してもいいものは破棄したいと思います。

宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2016-07-21 08:34:03

QNo.9204491

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

10年保管(会社法・法人税法):決算書(賃借対照表、損益計算書)、総勘定元帳、仕訳帳、現金出納帳、売上帳、仕入帳、売掛金元帳、買掛金元帳、固定資産台帳など
10年保管(会社法):株主資本等変動計画書、個別注記表など
7年保管(法人税法):棚卸表、領収書、預金通帳、請求書、注文請書、契約書、見積書、納品書など
よって、光熱費などの領収書も7年保管です。
当座預金明細も取引状況や引き落とし実績の記録ですから7年保管になります。

当期ごとに区別はしてありますよね?全部を箱に入れて保管します。一年ごとにファイルは作り変えていますよね?箱に業務期間の起源と締日を記入していつでもわかり、取り出せるように保管します。面倒で邪魔ですけど仕方ないのです。

永久保存ののものもあります。
株主総会議事録や取締役会議事録、社員の雇用契約書や個人的な記録(履歴書など)、勿論就業規則などは永久ですよね。

何に使ったかわかるので、保管しておいても良いかなあ・・・・ってそういう考えじゃなく、保管しなくてはならないもの・・・なので、そのところ考えを改めてください。

領収書は月ごとに日付順にファイルします。スクラップ帳などに張り付けるところもあります。銀行取引明細も月ごとに区切ってあるはずなので、そのままファイルします。小さな会社だとここに売り上げにかかわる内容も支払いにかかわる内容もすべて含まれることがありますので、大切に保管して、尚且つ、何に使ったのかの仕分けを横に記載しましょう。勘定科目を書き入れるのです。振替伝票を作っているから大丈夫・・・ではなく、それを作る上の資料ですから、捨ててはならないのです。

経理・会計はとても面倒で繊細でそしてシビアです。
頑張って下さいね。

投稿日時 - 2016-07-21 09:13:27

お礼

ご回答ありがとうございました。
そして詳しく教えて頂いて、重ねてありがとうございます。
おっしゃる通り、面倒で繊細でシビアなんですね。大変ですが、しっかり保管しておきます。
とても助かりました。ありがとうございました!

投稿日時 - 2016-07-21 19:15:27

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

税務署から(儲かっていなくても)
調査が入ることがありますので
領収証の保管は必要です。

クレジットカードの明細は
あくまでクレジット会社の発行したものです。
「支払いました」「受け取りました」と言う証拠になるのは
領収書です。

紙のフラットファイルで年度ごとに保管しておきましょう。

投稿日時 - 2016-07-21 13:30:08

お礼

ご回答ありがとうございました。
保管は必要だったのですね!破棄しないで良かったです。
助かりました、ありがとうございました!

投稿日時 - 2016-07-21 19:12:38

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-