こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英文翻訳をお願いします。

On 8 August General Instruction No. 1 had ordered the Fifth Army to take a position on the left of the Fourth Army, ready to attack the southern flank of German force advancing from Mézières and Mouzon, through the difficult terrain in between. All four corps covered this front until 12 August, when Joffre allowed General Charles Lanrezac to move I Corps north to Givet to oppose a potential German attempt to cross the Meuse between Givet and Namur 35 kilometres (22 mi) further north, which extended the army front to 80 kilometres (50 mi). As Lanrezac became aware of the size of the German force in Belgium and wanted to reinforce the left flank by moving to Namur, Joffre refused to allow the army front to be extended to 110 kilometres (68 mi) and ordered Lanrezac to keep the army in a central position near Mézières, ready to oppose a German offensive from Mouzon to Namur. On 14 August Joffre and Lanrezac met but Joffre considered that only a few German cavalry and infantry parties had crossed the Meuse. With the BEF moving to Maubeuge and Hirson a redeployment of the Fifth Army would disrupt the deployment of the other armies. On 14 August a new intelligence report showed eight German corps between Luxembourg and Liège and by the next day Joffre allowed the move of the Fifth Army north, to operate beyond the Meuse. The XI Corps was transferred to the Fourth Army and the XVIII Corps was moved from the Third Army to the Fifth Army, which was made responsible for the defence of Maubeuge.

投稿日時 - 2016-06-20 14:11:25

QNo.9190182

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>On 8 August General Instruction No. 1 had ordered the Fifth Army to take a position on the left of the Fourth Army, ready to attack the southern flank of German force advancing from Mézières and Mouzon, through the difficult terrain in between. All four corps covered this front until 12 August, when Joffre allowed General Charles Lanrezac to move I Corps north to Givet to oppose a potential German attempt to cross the Meuse between Givet and Namur 35 kilometres (22 mi) further north, which extended the army front to 80 kilometres (50 mi).
⇒8月8日、フランス軍の第五方面軍は、将軍指令No.1に従って、第四方面軍の左翼に陣地を取って、メジエールとムーゾンの間の険しい地形を通って進軍し、ドイツ軍の南側面を攻撃する準備をしておくように命じられていた。全4個軍団が8月12日までこの前線に布陣したので、その日に総司令官ジョフルは、チャールズ・ランレザック将軍に対し、第一軍団を北のジヴェへ移動することを認めた。ジヴェと、そこから35キロ(22マイル)北のナミュールとの間の、ミューズに侵入しようとするドイツ軍の企てが考えられるのでこれに対抗するためであった。というのも、(ドイツ軍が)そこで80キロ(50マイル)にわたって方面軍を展開していたからである。

>As Lanrezac became aware of the size of the German force in Belgium and wanted to reinforce the left flank by moving to Namur, Joffre refused to allow the army front to be extended to 110 kilometres (68 mi) and ordered Lanrezac to keep the army in a central position near Mézières, ready to oppose a German offensive from Mouzon to Namur. On 14 August Joffre and Lanrezac met but Joffre considered that only a few German cavalry and infantry parties had crossed the Meuse.
⇒ランレザックが、ベルギーにおけるドイツ軍団の規模に気づいて、ナミュールへ動いて左側面を補強することを望んだが、その時ジョフルは方面軍の前線を110キロ(68マイル)に拡張することは認めず、ランレザックに対してメジエールの近くの中央陣地に方面軍を留め、ムーゾンからナミュールにかけてドイツ軍の攻撃に対抗する準備をしておくよう命じた。8月14日、ジョッフルとランレザックは会談したけれども、ジョフルは、ほんのわずかなドイツ軍の騎兵と歩兵部隊しかミューズを侵していないみなしたのであ。

>With the BEF moving to Maubeuge and Hirson a redeployment of the Fifth Army would disrupt the deployment of the other armies. On 14 August a new intelligence report showed eight German corps between Luxembourg and Liège and by the next day Joffre allowed the move of the Fifth Army north, to operate beyond the Meuse. The XI Corps was transferred to the Fourth Army and the XVIII Corps was moved from the Third Army to the Fifth Army, which was made responsible for the defence of Maubeuge.
⇒英国遠征軍がモベージュとイルゾンに動いたので、第五方面軍の配置転換によって他の方面軍の布陣が混乱したことであろう。8月14日、諜報部がルクセンブルクとリエージュの間にドイツ軍の8個軍団が存在するという新しい報告を出したので、ジョフルは第五方面軍に対して北へ移動しミューズ川を越えて作戦行動することを認めた。第十一軍団は第四方面軍に移動合流し、第十八軍団は第三方面軍から第五方面軍に転属されたが、これらはモベージュ防衛の任に応えられるようにするためであった。

投稿日時 - 2016-06-21 02:25:04

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-06-21 14:10:44

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

誤植まじりの訳文を送ってしまって、失礼しました。訂正の上再送いたします。

8月8日、フランス軍の第五方面軍は、将軍指令No.1に従って、第四方面軍の左翼に陣取り、メジエールとムーゾンの間の険しい地形を通って進軍し、ドイツ軍の南側面を攻撃する準備をしておくように命じられていた。全4個軍団が8月12日までこの前線に布陣したので、その日に総司令官ジョフルは、チャールズ・ランレザック将軍に対し、第一軍団を北のジヴェへ移動することを認めた。ジヴェと、そこから35キロ(22マイル)北のナミュールとの間のミューズに侵入しようとするドイツ軍の企てが考えられるので、これに対抗するためであった。というのも、ドイツ軍がそこで80キロ(50マイル)にわたって方面軍を展開していたからである。

ランレザックは、ベルギーにおけるドイツ軍団の規模に気づいて、ナミュールへ動いて左側面を補強することを望んだが、その時ジョフルは方面軍の前線を110キロ(68マイル)に拡張することは認めず、ランレザックに対してメジエールの近くの中央陣地に方面軍を留め、ムーゾンからナミュールにかけてドイツ軍の攻撃に対抗する準備をしておくよう命じた。8月14日、ジョッフルとランレザックは会談したけれども、ジョフルは、ほんのわずかなドイツ軍の騎兵と歩兵部隊しかミューズを侵していない、とみなしたのである。

英国遠征軍がモベージュとイルゾンに動いたので、第五方面軍の配置転換によって他の方面軍の布陣が混乱したことであろう。8月14日、諜報部がルクセンブルクとリエージュの間にドイツ軍の8個軍団が存在するという新しい報告を出したので、ジョフルは第五方面軍に対して北へ移動してミューズ川を越えて作戦行動することを認めた。第十一軍団は第四方面軍に移動合流し、第十八軍団は第三方面軍から第五方面軍に転属されたが、これらはモベージュ防衛の任に応えられるようにするためであった。

投稿日時 - 2016-06-21 19:06:25

-広告-
-広告-
-広告-
-広告-