こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

家のリフォーム代を親が援助した場合、700万円まで

家のリフォーム代を親が援助した場合、700万円までは贈与税がかからない非課税制度がありますが、家の名義が夫で、贈与者は私(妻)の親の場合、この制度は問題なく受けられますか?
非課税措置の要件として、自分が所有していると書いてある為、土地は夫名義なのであてはまらないのかと考えてしまいました。
おわかりになる方、どうぞよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2016-06-18 01:25:31

QNo.9189089

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

ANo.1

住宅取得等資金の贈与税の非課税が適用されるのは、直系尊属からの贈与に限られます。したがって、配偶者の親からの贈与は適用になりません。

https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/sozoku/pdf/jutaku27-310630.pdf
贈与を受けた時に贈与者の直系卑属(贈与者は受贈者の直系尊属)であること。
(注)配偶者の父母(又は祖父母)は直系尊属には当たりませんが、養子縁組をしている場合の養親は直系尊属に当たります。

(注)受贈者が「住宅用の家屋」を所有する(共有持分を有する場合も含まれます。)ことにならない場合は、この新非課税制度の適用を受けることはできません。

投稿日時 - 2016-06-18 20:52:01

お礼

やはり配偶者の親からの援助を受けて、この制度を利用する事は出来ないのですね。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-06-19 09:19:11

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-