こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

和訳をお願いします。

Belgian military planning assumed a German invasion that other powers would eject an invader. This did not lead to France and Britain being seen as Belgian allies and Belgium intended only to protect its independence. The Anglo-French Entente (1904), had led the Belgians to perceive that the British had come to see Belgium as a British protectorate. A Belgian General Staff was formed in 1910 but the Chef d'État-Major Général de l'Armée, Lieutenant-Général Harry Jungbluth was retired on 30 June 1912 and not replaced until May 1914, by Lieutenant-General Chevalier de Selliers de Moranville. The new Chief of Staff began planning for the concentration of the army and met with railway officials on 29 July. Belgian troops were to be massed at the centre of the country, in front of the National redoubt of Belgium, ready to face any border, while the Fortified Position of Liège and Fortified Position of Namur were left to secure the frontiers. On mobilization, the King became Commander-in-Chief and chose where the army was to concentrate. Amid the disruption of the new rearmament plan, the disorganised and poorly trained Belgian soldiers would benefit from a central position to delay contact with an invader. The army would also need fortifications for defence but these were on the frontier. A school of thought wanted a return to a frontier deployment, in line with French theories of the offensive. Belgian plans became a compromise, in which the field army concentrated behind the Gete river, with two divisions forward at Liège and Namur.

投稿日時 - 2016-06-16 13:58:56

QNo.9188408

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ベルギー軍はドイツが侵攻する場合には他の国が阻止することを仮定して計画していた。
しかしフランスとイギリスがベルギーを同盟とは見なすことにつながらず、ベルギーは単独での独立に傾倒することになった。英仏協商(1904)は、イギリスはベルギーを保護領としてみているのだということをベルギーに自覚させた。
ベルギ参謀本部が1910年に発足したが参謀総長のハリー・ユングブルース中将は1912年6月12日に解任され、シュバリエ・デ・セリエモナビル中将に変わる1914年5月までは不在だった。
新しい参謀総長は軍を集結させる計画を始め、6月29日に鉄道関係者と会談した。
ベルギーの部隊を国の中心部と国内基地に集結させてどの国境にも備える一方で、
リエージュとナミュー要塞に配備された者は国境守備に残していた。
動員で国王が総司令官になり、どこに部隊を集結させるかを選定した。
新たな再軍備計画の混乱の中で、組織化されずほとんど訓練されていない兵士にとって、侵略者との交戦が遅くなる中央配置はありがたかった。
軍はまた、防衛のための要塞が必要だったがそれらは国境沿いにあった。中には、前線への展開復帰を望むものがいたが、それは攻撃する立場のフランス軍の理論に沿ったものだった。
ベルギー軍の作戦は、野戦軍はゲート川後方に集結し、2個師団がリエージュとナミュー前方に展開するという妥協案となった。

*) A school of thought 考え方を同じくする一派 派閥

投稿日時 - 2016-06-16 17:39:50

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-06-16 20:39:48

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-
-広告-
-広告-